途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「自覚」-隠蔽捜査5.5- 感想

2017年07月28日 10時44分36秒 | 乱読本感想
自覚: 隠蔽捜査5・5
今野 敏
新潮社 2017年4月28日


★5 2017/07/28

-隠蔽捜査5.5-
.5が付くのでこれは短編集。
今回は、わが愛する”竜崎伸也”の回りに居る人たちのお話。
ファミリーとも言えるおなじみの人たち、アンチ竜崎も居るがそれぞれが主人公なので、それぞれの竜崎伸也考が描かれていて興味深い。
特に、アンチの代表格の野間崎管理官の章が面白かった。
無意識に竜崎を弁護して『いや、待て待て・・・』って、思わずにま~~っとほくそ笑んでしまった。
そして、すっかり竜崎の片腕、秘書のようになってしまった貝沼副署長も面白い。
良い味を出している。
短編なので、それも脇の人たちが主人公なので竜崎の出番が少ないのか!?と思ったが、良いところで登場、水戸黄門の”印籠”のように出てきて、『おお~!!!さすが竜崎伸也!』その度に、私はにんまりしてしまう。
現実には居ない優秀な上司を物語の中だけでも楽しんで、あぁ~気分爽快。
隠蔽捜査はそう言う、私にとっての清涼剤だ。



乱読本感想リスト タイトル【さ】行

乱読本感想リスト 作家【か】行
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「検察側の罪人」感想 | トップ | 韓国ドラマ「エマージェンシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乱読本感想」カテゴリの最新記事