途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「笑う警官」感想

2016年12月20日 13時42分14秒 | 乱読本感想
「笑う警官」
2007 角川春樹事務所
佐々木 譲

2009年03月25日 11:14
★3
少し前に放送されたドラマ「警官の血」を観て、原作が気になった。
でも、まだ文庫になっていなかったので、文庫派の私としてはそれを諦めてそこにあった本書を買ってきた。

内容は・・・実際あった警察の不祥事が下地となっていて、フィクションなんだけど、ノンフィクションの臭いがぷんぷん。
権力を持った個人のエゴが現実ではどのくらいか解らないが、物語の中ではかなりひどい。
現実がこれ以上でないことを祈るだけ。

現実とあまりにも近いため物語を楽しむというより、現実を嘆くといった感じになってしまった。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「冷たい校舎の時は止まる(上... | トップ | 「花の降る午後」感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乱読本感想」カテゴリの最新記事