途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「傲慢と偏見」感想

2016年10月29日 10時48分53秒 | 韓国ドラマ感想
検察とか検事というワードがあったので借りてきた。
けっこう好きなので。
ペク・ジニ演じる可愛い女の子ハン・ヨルムとチェ・ジニョク演じるかっこいい検事ク・ドンチの検察庁を舞台としたラブストーリーかと思ったが、ちょっと違った。
テンポよく展開するストーリーはスリリングでドキドキした。
でも、重くて切なくもあった。
瑞々しい若者たちが登場しても気持ちが弾まないのは最初に幼児殺害という事件があったからだろうか。
底知れぬ悪にげんなりしたせいだろうか。
関係者それぞれの悲しさが、無力さが、痛々しかった。
ヨルムが仁川地検に配属されてから動き始めた過去の事件。
事件に繋がる人たちが動き始める。
誰がどう繋がり、誰が敵で誰が味方なのか?
権力を持つ“高慢”な人たちの悪はどこまで広く深いのか?
ドンチ、ヨルム、カン・ス(イ・テファン)、の若いメンバーは検察という仕事が正義だと信じて突き進む。
かたや、おじさまたち、チェ・ミンス演じる検事ムン・ヒマンとソン・チャンミン演じるチョン・チャンギは・・・正義は勝つと信じていたが、こっぴどく裏切られ傷つき生きている。
それ故、何を考えているのか本心がつかめない。
ドキドキの展開に迫力の演技、引き込まれてしまった。
夢中で観たし、その勢いで最後まで面白く観た。
が、
最終話の裁判の辺りになると、どう繋がるんだ?どう繋げるんだ?この場面は過去か?未来か?なエピがぶつ切りで入っている。
ある程度は想像でなんとかなるけれど。
そして、終わり方、確かにこういう終わり方はあり得るし、過去にもあったけれど何とも言えない終わり方だった。
ぷつっと切れて、ハッピーエンド。
最近のレンタルDVDは枚数を増やすために妙な編集をしているからそのせいか?と思っていたら、韓国でもそういう指摘があったみたいね。
このドラマ、圧倒的な力を持つ悪と悪によって蹂躙され耐えるしかない弱者が重厚に描かれていた。
とても韓国的な内容だったが、雑で行き当たりばったりというのもひじょうに韓国的だったな。

※ 食堂のおばあちゃんに引き取られたしゃべれない男の子、キム・チャン、キム・ガンフンくんと言うらしいが、この子が異常に可愛かったです!

韓国ドラマ感想まとめリスト
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CMの5人の嵐は幻か!? | トップ | 「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL