途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「脳男」感想

2016年12月20日 13時54分28秒 | 乱読本感想
「脳男」
2003 講談社
首藤 瓜於

2008年12月10日 22:59
★3
どうも、私の感性は人と違うらしい。

この作品、江戸川乱歩賞受賞作で、選考委員が絶賛したそうですが・・・

私はよう絶賛しません。

いかにも江戸川乱歩っぽい感じの作品ではありますが、特にワクワク、ドキドキ、ハラハラはしませんでした。
感動もありませんでした。

江戸川乱歩賞ですから、選考委員絶賛ですから・・・
私の感性がおかしいのでしょう。


ここ最近、何とか賞受賞作品が本屋さんに並んでいますが、それもたくさん並んでいますが・・・こちらもじゃぁ~読んでやろうと読むのですが・・・

私の感性がおかしいのでしょう。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「死神の精度」感想 | トップ | 「空の中」感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乱読本感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL