途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「空中ブランコ」感想

2016年12月20日 13時59分02秒 | 乱読本感想
「空中ブランコ」
2008 文藝春秋
奥田 英朗

2008年11月26日 15:03
★4
イン・ザ・プールを読み終わったので、いよいよ本命、直木賞受賞のこの作品へ・・・

同じシリーズものなのに・・、出てくるとんでもない医師と看護師もそのまんま同じキャラなのに・・・これはかなり違いましたねぇ。

直木賞受賞というほどの事もないようですが、5作ともなかなかの秀作揃い。
感動を覚えるところもあったりして。
どこが?何が?前作と違うのだろうかと・・・
深みと広がりが出たのかなぁ~

つかみどころの無いようなキャラの看護師が最後、なかなかいい仕事をしてくれましたが、ネタは最初っから割れていたわね。

とにかく、前作でも、この人の長編が読みたいと思ったけれど、本書を読んでますますこの人の長編が読みたいなぁと思わされてしまったわ。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「幼な子われらに生まれ」感想 | トップ | 「イン・ザ・プール」感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL