途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

「22年目の告白-私が殺人犯です-」感想

2017年05月20日 10時58分21秒 | 乱読本感想
22年目の告白-私が殺人犯です-
浜口 倫太郎
講談社 2017年4月15日

★3
2017年05月20日 10:55

藤原竜也くんのカバー写真と映画になると言うことで買ってみた。
するすると読める。
が、何だか非現実的。
ノンフィクションではないので、それはそうなのだが、描かれている曾根崎の美しさ、魅力が想像できない。
何しろ、もう藤原竜也でしか想像出来ないので・・・藤原くんか?
そこを追求しないで読み進む。
終盤の展開は楽しめた。
が、やっぱり、より非現実的な気分になる。
まぁ、映画にすればちょうど分かりやすくて良いのかもと思う。
非現実的な中で、納得できたのが1つだけ、本を好きな人たちの気持ちはみんな一緒ってところ。

ところで、本書の作者は浜口倫太郎さんとのことだ。
放送作家さんらしい。
小説も書いているとのこと。
百田さんの再来か!?と思った。
が、
原作者が浜口倫太郎さんかと思っていたが、どうも変だ!
ノベライズ本か?
調べたら、映画「22年目の告白」は韓国映画のリメイクだそうだ。
ノベライズ本だったのね。
牧村刑事役は伊藤英明くんだそうだ、この人は、納得。


乱読本感想リスト 作家【は】行

乱読本感想リスト タイトル【な】行
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「警視庁情報官 ゴーストマネ... | トップ | 「ブラックボックス」感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乱読本感想」カテゴリの最新記事