金を失う道 更新記録&雑記帳

 拙HP「金を失う道」の更新内容です。

ED70 乗務員ドアの試作

2017年07月23日 16時45分16秒 | 16番 車両
仕事と家庭の両方でいろんなことが起きており、ただいま四苦八苦中です。

なので実質的、及び精神的に工作に向かうことができません。

そんななかで今日は2時間足らずの工作になります。

なーんて、仕事と家庭を言い訳に使っていますが、近ごろは気持ちの集中が持たず、この程度を地道に続ける工夫が必要になってきました。


前回、乗務員ドアの立体化を目標に、ドアパーツの窓抜きを試したところまで記事にしました。

今回は、その続きで、ドアパーツを切り離す前の工程として、細かなパーツの半田付けが可能なのか否か、試してみようかと思います。

まずは1.0×3.0×1.0のチャンネル(コ字状材)を準備し、そのウエブ(3mm幅の部分)に0.3mm線で手摺を植え付けます。


写真は差し込んだだけで、まだ位置合わせも半田付けもしていません。

この後、0.5mm線で手摺の浮き上がりを調整しつつ、チャンネルの裏面側で半田付けをしました。

テキトーです。なので写真もありません。

これをドアパーツの裏側へ半田付けします。


手掛け窓がいい加減な穴になっているのに加え、手摺もテキトーな取り付けなので、当然ながら両者の位置決めもいい加減で、ほんとうは見せたくない仕上がりです。

でも試作なので、これでいいんです。

やっぱり全部お見せします。裏側から見るとこんな感じです。 ┐('~`;)┌


ここまでの感想。

半田付けのセオリーとして、大きな熱量を要する大きなパーツを先に、小さなパーツを後に、というのがありますが、このパーツ構成では自ずと半田順が決まってしまい、そんなセオリーは採用できません。

なので、丁寧な作業(モタモタ作業)をしていると、先に付けた小さなパーツも容赦なく位置ズレしてしまいます。

なので、ザザザーッとテキトーに半田を進めました。

こんなのは私に合っています!

次に、角線にヤスリ掛けをして、断面を三角形にします。


そして三角形の一角を更に平らに削って、断面を台形にします(したつもり)。


写真中の右側が素材の角線(0.8×0.8)です。

現在、この線材をドア裾に張り付けることを考えています。


これで手摺窓の下辺については直線化ができるのでは?と思うのですが。


甘い考えでしょうか?


ただ、ドアパーツは、車体の裏側から張り合わせるものであることから、この台形断面パーツはドア幅に切り出した後、ドア外面に半田付けする必要があります。

半田時の位置決めが極めて難しそうです。

仮に、うまく半田付けできたとしても、です。

このドアパーツを車体へ半田付けする際には、半田熱で全ての半田済みパーツがグッチャグチャに踊りまくるのではないかと、とても不安なのです。

やっぱ、このドアの立体化というのは、現在の私の力量では無理なのかな?と大きく悩み始めました。


こんな具合なので、車体の方は、まだドア抜きをしていません (^◇^)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 工作停滞の言い訳(非鉄) | トップ | ED70 乗務員ドア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

16番 車両」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。