ぼくぺん日記

美味しいものや、気になるものなどを紹介したり、お出かけや日々のことをお話ししています。

川越大師喜多院と五百羅漢。

2017-05-20 16:40:19 | まち歩き
喜多院は平安時代に創建、江戸時代の大火で大部分を焼失するも、3代将軍徳川家光が江戸城別殿を移築。子宝に恵まれるパワースポットとして人気だそうです



家光誕生の間や春日局の間など拝観できますが、撮影は庭園と五百羅漢のみとなっています。

左の大きな四垂桜は家光お手植えだったような。。



桜の季節はとてもキレイだそうですが、新緑もいいですね。



家光誕生の間や、飾られていた調度品などは、すごい大奥感がただよっていました。人が入れるほど大きい長持とか。大奥でのドラマで役者が入って、初島役の木村多江さんに密会してたみたいな長持。

この鳩に占領された手水舎は。。誰も近寄っていませんでした。。



五百羅漢を見学に行きます。五百羅漢って何だっけ?といいながら。見て思い出しました、旅歩き番組みたいなので見たことある。



江戸期の約50年かけて建造された五百羅漢。正確には538体はとても表情豊かです。



これはとくに有名ですね。「ま、ま、ここはおひとつ」



「ここだけの話なんだけど。。」



体育座り?



「いやまいった」「まいったじゃないよ、どうすんだよ」





縁起が良さそうな厄除けだんご。



甘くない醤油味の団子でとても美味しかったです。



団子屋に売られていた83歳のおじいちゃんの手作りという革のキーホルダー100円。



狭山茶コーラも気になりますが。。

多宝塔。



どろぼうばし。他にも七不思議の伝説があるそう。



喜多院、かなり見どころが豊富なところでした。



帰りにほうじ茶のいい香りがただよってきて。。



店先で焙じていると、買っちゃいます。パッケージがカワイイ。350円でお値段も手ごろでした。



五百羅漢さんは見ていてとても楽しかったです。羅漢がいまいちよくわからないのですが、仏ではなく生身の人間なので親しまれてきたとか。様々な表情が人間らしかったです



今日は暑かった。。でも湿度が低いのでカラッとして気持ちよかったです
ジャンル:
神社仏閣
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小江戸川越で買ったものや食... | トップ | ハートカズラの花が咲いたの... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
深いですね❤️ (フェリチータ)
2017-05-20 19:09:55
こんばんは(*´ω`*)

喜多院いろいろ見どころがいっぱいですね(*⁰▿⁰*)

中でも、わたしに一番響いたのは83才のおじいちゃんのキーホルダー100円です😆

クオリティ高いのとお値段とそのお年でハンドメイド現役って全部すごいです!

見つけたぼくぺんがさんすごい😄❤️
わたし達も83才までとは言いませんが、大好きなハンドメイド続けていきたいですね💕✨
キーホルダー♪ (ぼくぺん)
2017-05-20 21:09:44
そうですね、とても可愛くできていて素敵ですよね♪

迷ったけど右上の時の鐘のにしました。革なのに100円なんて安いですよね(*´ω`*)

ねこちゃんやわんちゃんのも可愛い。

主人はこの凄さが全然分からないみたいなので、フェリチータさんに分かっていだだけて嬉しいです♪

これからもフェリチータさんのハンドメイド楽しみにしています(*^^*)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。