水平線の向こうにそして虹の彼方へ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

出会い

2017-03-13 10:17:15 | 日記
ぼくは、出会いがあると、いつも別れのことを
かんがえてしまう。
だって、そうでしょう?
誰もが、永遠に生きられるわけではないのだから。
子供の頃、ものごころついたときから、ずっと、そう思っていた。
思っていたというより、感じていたというべきか。
といっても、全ての出会いにそう感じるわけではなく、
どうでもいいのには、別れは、出会った1秒後にくるわけ笑
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クレマチスさんへ | トップ | 去年の今頃 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事