ぼくの部屋にようこそ!

ぼくは1985年京都生まれ。
1995年5月にこちら(=天)に引っ越しました。
どうぞよろしくお願いします。小野卓也

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イースター おめでとうございます

2015-04-05 09:05:02 | 日記
イースターは特別。
たくさんの人がゆるされて、
あちこちで笑顔が輝き始めます。

会えなかった人と再会できたり、
たちはだかっていたわだかまりが
自然ととけていったりして、
やっぱりイースターはすごいです。

こちらではね、
みんなのほんとうの笑顔に出会えるよ。

それはね、
なんといっても光り輝いています。

天は、みんなの笑顔が輝くところです。

心がとかされてやわらかくなることほど
うれしいことはないなって、
みんな、心の中でつぶやきます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

げんきにしています。

2015-01-14 20:32:46 | 日記
ずっとこのぶろぐをこうしんできていなくてごめんなさい。
ひさしぶりに、かいてみようとぼくはおもいました。
ぼくはげんきにしています。
みんなもげんきでいてくださいね。
あれこれ、しんぱいごとがあっても、
くよくよしたり、おちこんだりしないで、
きもちのいいくうきでこころのなかをいっぱいにして、
げんきでいてくださいね。
あかるいこころでいるのがいちばんです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四月!

2013-04-01 22:17:54 | 日記
今日から4月!

お母さんがこんな詩を書きました。
April!というタイトルです。


April !

四月、いのちがよみがえる
四月、若葉が芽吹き出す
四月、風が吹き込んで
古いものが消えてゆく。

四月、天にも風が吹く
オーロラ色の風が吹く
明るい光が充ち満ちて
力みなぎる、聖徒らに。

四月、四月、
いたずら好きの四月の精は
大きなお目々を輝かせ、
風の中に遊びます。



ぼくも風の中で遊んでいます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きさらぎ

2013-02-01 14:34:35 | 日記
2月になった。
おかあさんが、こんな詩を書きました。
ぼくのおかあさんは、受験生が大好き。
ぼくにね、
勉強が、ほんとうにほんとうに楽しいことを教えてくれました。
たくさん学んで、
めいっぱい、青春のときを過ごしてほしいと思ってます。



如月


きさらぎ 
きらきら、
きのめがひかる
きりきりうずく
はるのよかん!

きさらぎ
きをつけ
たゆまずに
しっかりやまみち
のぼります。

受験生、がんばれ!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のりくみいん

2013-01-07 10:14:55 | 日記
あのね、
こちらには、ひっこしてきたひとたちが、いっぱいです。
みんな、とてもいいひとたちです。
あたたかくて、やさしくて、
おもいやりがあります。
ぼくは、そんななかで、いろんなことをおもいながらすごしています。

こっちにきたひとたちがみんな、おもっていることは、
のりくみいんだった、ということです。

ちきゅうといううちゅうせんに、のってきたね、って
みんなでおはなししたりしています。

うちゅうせんののりくみいん。そして、じつは、
とてもかけがえのない、たいせつのりくみいんだったんだなあ…、とおもっています。

そのことが、のっているときにはわからなかったのをちょっぴりざんねんにおもいながら、
こちらですごしています。

みんな、のっていたときは、
いろんなふくをきていました。
いろんなしごとをしていました。
いろんなことばをはなしていました。
あついところだったり、さむいところだったり、
いろんなところにいました。

みんな、じぶんがそんなふうだったんだなあって、
おもいだして、ふしぎなきもちになったりしています。

それは、だれがきめたのだろう、
どうしてそうだったんだろう、って。

まあ、じぶんできめたのかもしれないし、それともだれかがきめたのかしれないけれど、
とにかく、いろんなところでいろんなしごとをして、
よくがんばったなあ…とおもったりしています。
そして、がんばれたことを、みんな、とてもうれしくおもっています。

こちらにくると、
のりくみいんのときは、
どのひともしらずしらずのうちに、
それぞれのところでいっしょうけんめいやってるんだということが
なんだかわかるのです。

でもね、
のりくみいんだっていうことがわかっていたら、
もっとがんばれただろうな、ということもおもったりします。

こちらにきたら、
どのひとも、ちきゅうといううちゅうせんが
どんなにすてきかを
なみだがでるほどわかるのです。


きょうのおはなしは、これでおしまいです。
またかきます。
よんでくださって、ぼくはとてもうれしいです。
ありがとうございます。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加