現実妄想ごっこ

ぼくが過ごす日々の
現実の妄想や妄想の現実を綴ります。

私を抱きしめていてね

2017-10-16 01:43:07 | Weblog
君の夢をみるよ。

決まってそれはあの教室で過ごしていた誰かの結婚式で、
私も君も綺麗にお化粧して大人っぽいパーティドレスを着ている。

式が終わった後で、赤い花が咲いた庭で二人きりで抱きしめあうの。

ごめんね、ずっと言いたかった。
愛してるよ。




その後は二人で海を泳ぐ。
いつも深い深い底まで行って、笑いあいながら踊ったりする。
海藻をよけて、魚を追って、船を見上げて。

ゆらゆらと差し込む光に目を細める君がすごく愛おしい。

この手はもう離さないから。
絶対にもう、振り払ったりしないから。

抱きしめていてね、私のことを。






地元に帰ることにしました。
11月1日から、東京のたぬき山とお別れして、実家に戻ります。

彼氏とは別れていません。
仕事は地元で探します。

今はたぬき山の谷にある6年暮らしたアパートの片付けを少しずつやっています。


本当はいろんな人に連絡して、ちゃんとお話をしなきゃいけないんだけど、
頭も体も思うように動かなくて、申し訳ないんです。


大切な地元の友人二人には直接話せました。
あとは、地元組は幼馴染に話せればよいのだけど連絡が億劫。

東京の友人知人には、彼氏伝いで知られている彼氏周りの方たち以外には伝えられていない。
高校からの友人や大学の同期や後輩にもちゃんとお話ししたいのに。

動くのにとてつもなく力が必要なのは、ぼくがうつ病だからなのか、それともぼく自身が薄情なやつなのか。



ツイッターにはなんだか疲れちゃって更新どころか閲覧もできていない。
リアアカは何をつぶやくにも面倒で、それにどうしても嫌いな人がいるのも面倒で。
うつアカはフォローしてる人の半分くらいはもう死んじゃった人で、
なんだかそういうのが急に悲しくて怖くなってしまって。

ぼくは最近はポケモンGOとLINEマンガのアプリしかひらけないでいる。
本当は返さなきゃいけないLINEや送らなきゃいけないメッセージがあるのに。
ああ本当にごめんなさい。

でも君たちのことが大切じゃないわけじゃないんだ。
大切だから、遠くに行くって伝えたくないし、
なんて伝えたら縁が途切れずに保てるんだろうってずっと悩んでいるんだ。
ひとりひとりに、なんて送ろうか、わからずにいるんだ。


こんな私を許してほしい。
ねぇ私を抱きしめていてね。







私がどこに居たって私でいる為に、どうしたらいいんだろうって、ずっと考えてた。
私はもう実家に居た中学生の頃とも、おばあちゃんと暮らしてた高校生の頃とも、違う。
なのにあの場所に戻って、まだ私でいるために、また私でいるために、
私は私を抱きしめることをやめちゃいけないんだと思う。

私は私を抱きしめる。
私が私でいるために。
ずっとこうしてきた。
あの夜からずうっと。

私が私になった夜、初めて私を抱きしめたあの時から、私はずっと私と抱き合っている。
私を抱きしめていてね、そうしたら私は私でいられる気がするの。
どこにも行かないで、はなさないでいてね。




かおちゃん大丈夫だよ。
かおちゃん、大丈夫だよ。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

いい子だから黙ってて

2017-07-30 21:32:53 | Weblog
 

お願いだからこれ以上うるさくしないで。


あの子と手をつなぎたい。
あの子の娘さんと手をつなぎたい。
私が選んだお洋服を着て
私とあの子が遊んだ神社で遊びたい。

もう君は、ぼくのことなんか微塵も思い出さないのかな。
ぼくは君の子供を産みたいってずっと思ってたけど
君のこどもの中にぼくの成分が一個も入っていないことが愛しい。

私たちはおんなのこ同士だから
いつかこうなることをわかっていたね。
なんて美しいんだろう。


ごめんなさい。
こんなこと考えてこんなところに書いててごめんなさい。
私は頭がおかしい。
でも、だからってなんでも許されるわけない。





爪を朱く塗ると気分が高揚する。
自分はやっぱり女なんだなと思う。
同時に嫌悪も覚える。
初めて女性器に指をいれた時のことを思い出す。
あの頃と今を比較して死にたくなる。


ぜーんぶ、もう取り返しがつかないんだよ。
ぼくはもう処女でも少女でもない。
何も知らない振る舞いが許される頃合いではない。



うるさいな。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりです

2017-04-07 15:06:19 | Weblog
随分と久しぶりの投稿になってしまいました。



この間には何をやっていたのか、何時からの記事でとまっているのかも定かではなく、
そもそもはっきりと申し上げられることもしていないような気がします。

私は、何をやっていたんだろう。



人生というものの進歩としては、したようなしていないような、曖昧な感じです。
話は進んでいるような気がするけれど、私自身が前に踏み出せるほどに進んでいるわけではありません。


とりあえず4月の時点で定職に就いておらず、大学を退学する手続きを始めることは決まっています。
ちゃんとした収入もないのに、今年から年金やら住民税やら奨学金の返還やらが始まることを考えると頭が痛くなります。
でも今は諸事情あって立ち止まるしかなく、待つことしかできないのが歯がゆいです。

3月は確定申告に関するアルバイト(初めて週5フルタイムのお仕事をしました、なんとかやりきれてよかった)をして、
4月からは近くの施設で案内係のアルバイトをしています。

私自身の生活もお仕事でも穏やかに過ごしているけれど、内心はすごく焦っています。
今年25歳になるのに、一度もまだ自立できていない自分に失望します。
今まで過ごしてきた時間は、祖父母や両親が私に投資してくれたお金は、なんだったのだろう、とむなしくなります。
どうしたらそれが無駄にならなくなるのか、考えても考えても良い案が浮かびません。
今まで死に向かって生きてきて、人生設計もろくに考えてこなかったツケです。
死ねもしないくせに、馬鹿ですね。


呪いのような言葉が、過ぎ去っては追いかけてきて付き纏ってまた過ぎ去っていったりします。
過去の柵から逃れられたようでいて、忘れてしまったようでいて、まだ私は囚われているのだと思います。


忘れたくないけれど、生きていくことを選ぶのなら、私はそれを然るべき場所に仕舞わなければなりません。

できるでしょうか。


私は上手に、できるでしょうか。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

好きな歌を口ずさんで

2015-07-31 02:14:00 | Weblog


辛い時には好きな歌を口ずさんで、どうにかここまでやってこれた。


でも今日は駄目な日。
どんなに好きな歌を口ずさんでも、落ち込んだままどうにもならない。



私は私を愛している。
それでも私は誰かに愛されたい。
私は私以外の誰からも愛されていない。



少しの可能性を掴めずに雨の日に流してしまう。
いつだってそう。
傍から見たら捨てるように見えるみたい。
そんなこと、してないのに。



私ってどこに居るんだと思う?



ここにしか、居られないのよ。







もう駄目かもしれない。
今回も、もう駄目かもしれない。




人がこわい。
人と接するのがこわい。
でも孤独はもっとこわい。


ひとりにしないで。
ねぇ、おねがいよ。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プリーズドンゴーエニウェア

2015-06-22 04:38:04 | Weblog


もうどこにも行かないで
プリーズドンゴーエニウェア

もうこれ以上行かないで
プリーズドンゴーエニモア




忘れたい、忘れたくない、忘れちゃいけない。どうしても。
許されたい、許されたくない、許しちゃいけない。どうしても。
救われたい、救われたくない、救われちゃいけない。どうしても。

どうしても、どうしても、どうしても。
私には許せない過去の私が居るのです。

私の大切な大切な女の子を傷付けた私。

いつになったって、忘れていいわけないのです。
どうやったって、許されるわけないのです。
救われるわけないのです、罪をおかした私なんて。

一生、罪の意識を背負って、苦しまなければならないのです。



けれど女の子は私を許してくれました。
私はもう憎まれていないのだと思います。

とても、悲しかった。
私は女の子の中にはもう居られないんだと思いました。
憎まれるということは、絶大な愛情があった証拠のように感じていました。
私はそれを失ってしまったのです。
もしかしたら、もっと前からそんなものなかったのかもしれません。

苦しみながら、私は女の子の憎しみを拠り所にしていました。
憎しみがなくなっては、立っていられません。
だから女の子の分も自分で憎むしかないのです。

私が私を縛り付ける。
そこから動いてはいけないと。
何も忘れてはいけないと。
私を許してはならないと。
救われてなるものかと。















なんて、もう私達は女の子なんかじゃないのにね。
わかってる、わかってるのよ。
そんなこと。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加