ぼくちゃん & 相棒 の ひ・と・り・ご・と

旅行したこと、近場のお出かけ、美味しいものを食べたこと etc… 

北九州ウォーキング協会7月例会 そーめん流し in 皿倉  に参加

2017-07-11 22:45:11 | ウォーキング

 7月例会 そーめん流し in 皿倉

 

 

2017年7月2日(日)、まるで梅雨明けしたかのようなお天気で、朝から暑い・暑い!!

北九州ウォーキング協会の7月例会「そーめん流しin皿倉」に参加してきました。 

お天気にも恵まれ、またそうめん流しという楽しいイベント付の為だろうか(私たちもそれに惹かれての参加だったんだけど)参加者は総勢150名、過去最高の人数だったそうです!
 

 集合場所はJR八幡駅

 大勢の参加者 ビックリ! 

 秋に開催される 無法松ツーデーの宣伝もありました

 準備体操もしっかりとした後・・・・

 いよいよスタート  暑くなりそうです

私たちは、健脚トレッキングコース 8キロを歩きます

 八幡東区平野町の「さくら通り」を上がる まだ緩やかな道

 住宅地だけども、だんだん勾配が急になります

 

皿倉山がだいぶ近くなってきました

都市高速を通るときは、この辺りから山を見るのですが、歩いた時にこの方向から見るのは初めてです

 一旦後続隊を待ちます  日陰で待機&水分補給です

 

日陰の無い道をひたすら歩く  暑い!暑い!!!  

まだ一度も歩いたことのない道なので、どこから山道に入るか判らないんですよね~  

途中で、水分補給をしながら皆さんについていきます

 

都市高速の下をくぐります

 

 いつも通る道を見下ろす 少し気分が良いなぁ(笑)

 

この辺りから、”花尾東登山道”に入ります

今回は、花尾”東”登山口から四十七士の墓を通り花尾の鞍~花尾の辻~権現の泉を通過し、

皿倉山表登山道(車でも登れる道)を登り、流しそうめん会場のキャンプ場まで歩きます

*花尾山や帆柱山、皿倉山山頂へは行きません

 

ここからは、ほとんど登るばかりだそうです  早く日陰に入りたいよぉ~ (@_@;)

  

 赤穂四十七士の墓

 だんだん山道になって来ました でも日影が有るので歩きやすかった

 

 こんな道も歩く!

ここで一旦休憩です

汗、びっしょりです   日陰を歩いていても、湿度が高いのでしょうか?汗がどんどん出てきます

 

<皿倉山ビジターセンターHPより>

花尾山  (標高351m)

帆柱山系の中では最も手ごろで身近な山として根強いファン層に支えられている山だ。山頂一帯には今から約800年前に築城された花尾城の史跡が残っている。本丸跡は格好の広場となり二の丸、三の丸跡、馬場跡、出丸、井戸などの遺構を見ることができる。 

 山頂からの展望は、北側には八幡東区、西区の街並みが広がり、南側には帆柱山の照葉樹林が目前にせまる。花尾山経由で帆柱山のルートは「めぐみの森コース」として近年整備され、老樹古木森林を通過することで森林浴には最高。 

 

花尾城は1194年頃の築城で初代城主は麻生左衛門督朝長。出身は鎌倉幕府から派遣された御家人で「宇都宮」と姓を名乗っていたが、麻生庄の花尾山に築城したことから「麻生氏」に改名。足利尊氏の北朝に味方したり、南朝方に屈服したり、家督相続で内紛が起こったり、秀吉軍に降伏するなど戦乱の渦は絶えなかった。反秀吉の麻生氏は領地換えのうえで廃城となる。

今回は、花尾山には行かなかったけど、次は登山道も判ったし、登ってみたいなぁと思ってます

(ただ、涼しくなってからだなぁ~  草も虫もいるからね)

 

休憩しながら、ひたすら歩く  

 

 

権現の泉  湧き出る水はとても冷たくて気持ち良かった! 

 

 口を潤して、さあ出発!

 

ようやく、皿倉山表登山道の所に到着しました  ここからの道は何度も歩いたことが有る所です

 でも、まだ四合目だったとは・・・・・そこまでは知らなかった  が~~ん

少し休憩をしてから、そうめん流し会場のキャンプ場に向かって登ります

 

 あと少しです。キャンプ場の表示有!

 

ゴールが見えた!

到着  !(^^)!   さあ、これから楽しい流しそうめんタイムです

青竹を切って、本格的な流しそうめんです

一昨年、若松での開催の時に参加しましたが、その時も之と同じようにセッティングされていました

北九州ウォーキング協会の皆様には、感謝・感謝です

そうめんは、どんどん流れるよ~~~♪♪

どんどん、食べるよ ( ^)o(^ )

 いただきます!!!! 

薬味も、ネギ、青紫蘇、すりごま、等々沢山準備されていました

 

 参加者がどんどん食べるので、素麺を茹でるもの大変そうです

ありがとうございましした

 

ワクワクした、楽しい時間を過ごしました

 そして、帰りは表登山道をテクテク

(トボトボでは無いですよ!!!! 笑wwwww)

 

往路で、出てきた「4合目」の所につきました

下りは余裕有りで 「ポーズ」

 

あとは、ひたすら下るだけです

まだ、木陰の所を歩くことが出来るので、ラクチンです

 雨が続いていたせいか、湧水も水量が豊富です

 

四国八十八か所のお砂踏みがあります

 ようやく、登山口まで降りてきました お疲れ様でした!

 

 皿倉山の山頂があんなに高く見えます

 

  

暑い時のウォーキングは大変だけれども、楽しいイベントが有れば疲れも吹っ飛びますね!

そして、皿倉山は色々な登山コースが有り、今回は初めての「花尾山コース」も歩くことが出来ました

涼しくなったら、また登りたいなぁ~。皿倉山は、天候や体調によってコースを色々とチョイスできるので私たちのような初心者には

ぴったりです(雨の時は、ケーブルカーであっという間に下れます~)

でも、これからは水分&塩分の補給をしながら暑さ対策が大切だなぁと実感した一日でした

北九州ウォーキング協会の皆様、ありがとうございました

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涼しさをもとめて、絶景の風... | トップ | 真夏の自主トレ 暑~~い・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL