goo

最高速アタックの巻き

最高速アタックって、なんか甘酸っぱい響き。
高校生の頃、初めて買った原チャリで試した最高速。リミッターカットして、ハイスピードプーリー入れて、伏せて乗れば70キロは出たなぁ。
その後、FZ 250フェザーやCBR250RRでサーキットやら高速道路やらで最高速アタックやったなぁ。

GSX-R750に乗り換えてからは国内仕様だったから、リミッタカットしてやっぱり最高速アタック。

ここ20年はさすがにいいオトナだから最高速アタックなんてやらなくなったなぁ・・・あ、伝説の迷車GAGでやってたなぁ(笑)


さてさて、画像は毒シュバルツコフ氏より譲り受けた自転車用スピードメーター。
んで、先日購入したバイク用のブーツ、ガエルネが硬いのよ。足首がカッチカチで、シフトアップなんてできる気がしない。
履いて歩くのは底が減っちゃいそうだから、自転車を漕いでみることに。

目の前には、ながーい田んぼの一本道。
条件は揃った・・・レッドゾーンにぶちこんでもスロットル全開だぜ!


・・・って、アラフォーのタンクトップでバイク用ブーツのオジサンの脚力では、45キロが限界でした!

それにしても、スピードメーターが付いただけで俄然楽しい自転車。早朝のトレーニングには良いね!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2017盆バケから一週間 の巻き





ぬーいーが来て、初めての盆休み。
まずは水上公園でハンマーヘッドを堪能。
ロボパンダの実家では、去年のオシリタオル事件のような惨劇は起こらず。ハイジ的なコスプレ写真とったり、ステンドグラス美術館で小フーガト短調を堪能したり。
私の実家ではぬーいーのオムツの尻尾穴からうんちがはみ出て、踏み散らかして大惨事。

川越に戻ってチュナッペーの幼なじみと花火してBBQしてスイカ割り。

そんで、山梨のフルーツパークで世界一美味しいソフトクリームを堪能。
急いで帰って、チュナッペーの自由研究の指導。

うーむ、充実。

追伸
ぬーいーの名前はマハロと言いますが、ロボパンダが略してマッハと呼んでいます。真っ裸の意味のマッパではなく、音速の方のマッハだと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

30代最後の歳を迎えるにあたり・・・の巻き


1978年7月10日23:40

私はこの世に生をうけた。
生まれて直ぐに、「トゥナイト2見たいんですけど」って看護婦さんに言ったとか(当時はまだトゥナイトやってないだろ)

とにかくまたひとつ歳をとりました。毎年思いますが、子供の頃想像していたアラフォーとは違い、全く大人気(だいにんきでは無く、おとなげ)のない小僧のような自分がいます。
尊敬する人や憧れの人にはちっとも追い付かず、距離が離れていくばかり。
horizontal grays、地平線を走る銀馬の群。走っても走っても追いつけない、そんな感じなのかしら。

「早く家のローン終わらないかなぁ」位しか人生の目標もなく、ただ流されてきた気がする我が人生。自分の意思で決めたことは、バイクに乗ること位かなぁ。
後は毎回選択に迫られ決めてきた感じ。それでも家族が居る身で、この年までバイクに乗れることは幸せだと思いたい。周りは皆バイク乗りばかりだから、家族やら仕事やらを理由にバイクを降りる奴なんているのか?って思った時期もあったけど、そういう奴は自然と連絡を取らなくなり付き合いも無くなったなぁ。
代わりに新しい仲間が増えた。当然バイク乗りの。

さて、人生の目標?どうしようかなぁ、まあ「笑って死ぬこと!」かな。そのためには、後悔しない選択を、より楽しい毎日を、がっはっは!って笑える日々を過ごしたい。いや、過ごすのである!


画像は、弁当製作拒否をしていたロボパンダが誕生日スペシャルと称して作った弁当。
「ト」が裏返しになっている理由とは・・・えー!まじー!?

亀は唯一の俺派の家族。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

メガ粒子砲発射装置の巻き



2017年6月18日(日)

旅人協同組合の定例ツーリングである。
霧に霞む・・・いや、ミノフスキー粒子が戦闘濃度で散布され、その巨大な構造物はひっそりと山の上にたたずむのである。

細い道を、この時期としては寒い中を、生い茂る草木に阻まれつつも突如姿を現すのである。

ダムやスカイツリー等の建築物とは異なる、メカニカルな感じ。・・・たまらん、たまらんよ!
ゆーっくり回ってるらしいが、短気なのでじっくり眺めてられん。
直径64メートルのパラボナアンテナ。臼田宇宙空間観測所、そこはアナハイムエレクトロニクスによる次世代兵器の研究開発が行われている。この巨大なパラボナアンテナは、メガ粒子砲を発射するものだか、本日はミノフスキー粒子が濃すぎて発射は見送り・・・え?くどい?

臼田宇宙空間観測所がどんな所かは、ネットで調べてね。
とにかく、でかい構造物はとても興奮するのです。

んで、10年ぶり?の十国峠。ここは国道なんだけど、酷道と言われる程の道。細かったり、アスファルトが荒れまくってたり、砂利が浮いてたり、石が落ちてたり。

そこに先頭で凸乳・・・じゃなくて突入。しかも自分よりバイクが上手な方々を引き連れて。安全マージンたっぷりの直線番長走りだけど、私はとっても楽しかったなぁ・・・。ずーっとバックミラーに肉薄されてたけど(笑)

猪豚の焼肉って、美味しいねぇ。

んで、川沿いの三桁国道をグイグイ走って本庄児玉から関越道で帰宅。

終始曇りで暑くもなく・・・むしろ寒くて。家まで僅かのところでパラッと雨が降ったくらい。楽しい旅だったなぁ。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ぬーいーが来た話


あぁバイクに乗りたい。
でも今日は乗れない。
だって、犬が来るから。
新しい家族が増えるから。

保護犬だから5歳だってさ。
小太り女子・・・あれ?チュナッペーと同じだなぁ。


受け取りを終えて、一段落。
午後はルーフバルコニーでハンモック(全裸)

次はいつ頃バイクに乗れるのか・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

わがままジュリエット

月末月初はお仕事が忙しい・・・審査員兼コメンテーターのひで坊です。

残業帰りの電車の中で、つり革に掴まりながら、ぼーっと窓に写る自分を眺める。
周りはみんなスマホいじくって、イヤホンで外界と情報遮断しているみたい。

一日中パソコンを眺めているので、もう活字を読みたくないと思い、Boowy のラストギグを聴きながらぼーっとしてたんだけど、ふと遊んでみる。
リズムに合わせて胸筋ピクピクさせてみる。誰も気が付かない。調子にのってピクピクやりまくってたら、わがままジュリエットあたりで、目の前に座っているネーチャンがガン見していることに気が付く。
そして物凄い勢いでLINEしてる。

「ちょーきもーい!トレンディエンジェルみたいなおっさんが、乳ピクピクさせてるー」
「ガチで!?警察呼んだほうがよくね?」

とか、だな。
とにかく次の駅で、ネーチャンは降りたので座れた。
ありがとう、わがままジュリエット。
ありがとう、胸筋ピクピク。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ちょっと海を見に行こうか の巻き




2017年3月31日(金)
平日にずる休み。
チュナッペーが春休みなので、何して遊ぶか聞いたら・・・ツーリングだってさ。

と言うことで思ったより寒い中、圏央道を東へ。最近開通した東北道~常磐道の対面通行区間は、遅い車に引っ掛かって超ストレス。そして寒い。

なんとか大洗にたどり着く。先ずは「めんたいパーク」へ。以前は明太子料理の試食がジュースと共に食べられたけど、無くなってた。平日だからないのか?
とにかく食いしん坊チュナッペは、我慢ができない。と言うことで、出来立て明太子お握りを購入。これが旨いのよ!

んで、海へ。・・・さみーよ!風が冷たいんだよー!
それなのに、チュナッペは綺麗な石や貝殻集めに夢中。

冷えきった体を引きずりながら、ランチ。チュナッペはサーモンイクラ丼、俺はアジフライ定食。ボリュームが凄い、旨い。

んで、雨が降る前に帰路へ。
案の定、チュナッペは爆睡で酔拳の如く右へ左へ。超人的なライディングで無事帰宅。
埼玉に入ったくらいから雨だったけど、直ぐにお風呂へ。暖まって楽しいツーリングでした!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

講習会と言っても、違反者講習ではありませんの巻き

2017年3月12日(日)
近所の教習所で講習会があるのである。
免許の更新時にありがたいビデオを見たりするあれじゃなくて、オートバイの運転スキル向上を目的とした講習会である。

ツーリングクラブの仲間と参加で、グリグリやってきましたよ。
一番の課題は・・・体が固くてゼッケンが自分で縛れない事さ!(涙)

リアタイヤが交換時期でして騙し騙し乗ってましたが、最後の方は少し滑ってもヒャッホウ!って叫びながら乗ってました。

我が愛機バンディッド1250Fは、アクセルの遊びが多くて全閉からアクセルオンまでラグがあるので(アクセルワイヤーの調整は既に限界)、意識して、全閉手前で止めたりしながら乗ってました。

私の場合は、誰よりも速く!ではなく、誰よりも楽しく!が目標なので、ギリギリの最短ラインを走らず、敢えて左右に荷重移動が必要なラインで走ります。でかくて重いバイクを操っている感がたまりません。

で、本日(13日)おまたと背中が筋肉痛です。ついでに左手も違和感が。これは順番待ちの時、クラッチをずーっと握っていたからでしょう。走っているときは1速繋ぎっぱなしなのですが、その前後の順番待ちがしんどい・・・修行ですなぁ。

安全に永く走るには、練習が大事です。練習でできないことが本番でできる訳がない!

と言うことで、次回も初心者クラスで参加だな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2017-03-05 14:02:12



もうどうしてもバイクに乗りたくて、でも時間は多く取れない。よって近場をぶらり。

航空記念館では、土産物売場だけ眺めてそのまま浦和方面へ。昔住んでた与野のマンションを眺めて、これまた昔よく来てた与野公園へ。
でっかい遊具ができてて、子供の歓声が楽しげ。コンビニのお握り食べてしばしチュナッペーがヨチヨチ歩きだった頃を思い出す。

んでズバーッと帰宅して、ガレージにて愛機を眺め、カウチで冷たいドリンクを飲みながらBoowyを聴く。

至福ですなぁ。うん。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あいつらバカだからバイクで向かってますよの巻き





2017年2月11日(土)
宿は栃木の茂木とある。
バイクで行けなくはない。ならばバイクで行くのが漢である。

バンディッド1250Fはすこぶる快調。でも高速は混んでるなぁ。
集合は栃木IC に1030。
既に☆のが愛機BMW を従えて待っていた。程なくFるはしが12Rで到着。寒い寒いと言いながら、天気に恵まれ防寒装備で我慢できない程ではない。
んで、ジモティのFるはしの先導で今最も熱い・・・北関東で最も熱い・・・栃木で・・・一部のマニアには滅法受けている、岩下の新生姜ミュージアムへ。
ピンクである。そして被り物。シュール過ぎて面白い。

んで、安住神社。バイク神社で最近話題になっているが、元々は安産の神様。巨大なちん○んが御神体。

早めに宿へ。ここで車組と合流・・・
あれ?何だか昔来たことあるような・・・昭和ふるさと村こころ宿NAGOMI 廃校を宿に改装して・・・あ!10年以上前に、旅人協同組合とバイカーズゾーンの合同イベントで泊まったことがあるぞ!

今はすっかり和モダンなベッドのある和室の個室で冷暖房完備。温水洗浄便座のおしりターボはマジヤバイ。

風呂で冷えた体を暖めて、酒のんでごちそう食べて、馬鹿話で盛り上がって。主な話題はブラピの左乳首について。そして、Fるはしの毎年の鉄板ネタである、「秘技うんこもらし裾縛り」を披露。

翌日、昭和ふるさと館を見学。木造校舎の中はノスタルジックで懐かしいモノがたくさん。皆であーでもねーこーでもねーと言いながら、楽しい時間。
ストツーのVEGAじゃないからな!ルフトバッフェのヒデボリッヒ少佐だから。

うまーいとんかつで超満腹!
帰りの高速は強風だったけど、超人的ライディングテクニックで帰宅。

久々にバイクで参加の走狼新年会。路肩に雪は残ってたけど、流石に道の駅もてぎはバイクがいっぱい。
今年のキャノンボールはどこにいこうかな?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オートバイとサバイバルゲームを少々 の巻き


大した仕事をしてないにも関わらず、肩はこるのである。
私の場合は特に背中が、コリッコリなのてある。
ハイパーウインドサイドサラリーマン(昔ハイパーメディアクリエイターってのが「別に」な美人と結婚したよね)のささやかな贅沢、それはマッサージ。

早速揉まれる。なんでも、元スポーツトレーナーというマッサージ師によると、スポーツマン的な筋肉の付き方だそうで「何かスポーツしてるんですか?良い筋肉ですね」って言われたから、一瞬オートバイとサバイバルゲームってスポーツなのか?ってためらった後「別に」って言ってやったとか、そうでないとか。
お世辞でも普段誉められることの無い私は、嬉しいのである。

午後はロボパンダの指示で薔薇の剪定を手伝って、半裸で日光浴しながら報酬のコーラを飲む。
日光浴は心が暖かくなるから大好きだ。冬の日光浴がこんなに気持ち良いことをどれだけの人が知っているのか。まぁ、どうでも良いけど。

明日の資格試験を目前に、現実逃避(現実頭皮ではない)した土曜日なのである。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ザ バイク道 の巻き

私ひで坊は思うのです。

職業ライダー(プロレーサーや郵便屋さん、白バイ警官等々)でも無い限り、誰かに頼まれて仕方なくバイクに乗ったりはしない。
自分の意思で乗るのだ。

夏は暑くて、冬は寒くて、雨が降ったらずぶ濡れで、排気ガスをもろに浴びるし、事故ったら直に怪我に繋がるし、理不尽なことだらけだ。ましてや、走っていないとバランスを失って倒れるという、人が跨がらないと完結しない不完全な乗り物。

でも、世の中からバイクは無くならない。それは、乗った人にしか分からない魅力があるから。

ここで考える。
バイク乗りの平均年齢は、確実に上がっている。昔に比べると若者が少ないと感じる。極端な話、このままライダーの高齢化が進み、いやライダーが死滅してしまったら、この世からバイクは不要なものとなり、メーカーも作らなくなってしまう。
いやだな、それは。

だから、ライダーを絶やさないために、若いライダーを増やさなければならないのである。そんなことはメーカーが必死になってやってる。じゃあ我々ライダーかできることは?

若者に、ちびっこに、憧れられるライダー・・・バイク乗りになることだ。自分もあんな風にカッコ良くなりたい、バイクに乗りたい!って思わせるバイク乗りになろう。
だから、バイク乗りはカッコ良くならなければならない。バイク乗りは美しくなければならない。
カッコ良いとか美しいっていう基準は人それぞれだけど、三段シートにお椀ヘルメットだけは、いやだなぁ。あれに憧れるのは一部の特殊な環境のちびっこにだけだと思いたい。

スピードなんて要らない。誰かと競争なんてしなくて良い。
だけど、何かと闘うのがバイク乗り。暑さや寒さ、風圧や横風、冷たい雨や漆黒の暗闇、睡魔や尿意。いつも闘ってるでしょ!

とにかく、バイク乗りは、バイクに乗っている間だけでも良いので、スタイリッシュで凛として颯爽と走って欲しいのである。ヘルメットさえ脱がなきゃ、顔も見えないし。

俺はどうかなぁ?まだまだバイク道を極めるには程遠いなぁ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

究極の非日常・・・の巻き




2017年1月7日(土)
川越は快晴なれど、寒いぞ!
だってここは河川敷。風が無いのはありがたい。まだ09:00前だから、霜柱もザックザクだ。ここはサバイバルゲーム場、デザートストーム。本日の戦場だ!

私の所属するオートバイツーリングクラブ旅人協同組合は、新年会と称して貸切りサバイバルゲームを行うのである。
え?サバイバルゲームを知らない?

説明しようサバイバルゲームとは・・・いい歳こいた大人による、健全な戦争ごっこ。玩具の鉄砲で撃ち合うのであるが、弾が当たったか否かは、自己の良心に委ねられる。だから自分に厳しくできない人間は、サバイバルゲームをやる資格はないのである。(あれ、俺って自分にも他人にもアマアマだぞ?)

と言うことで、旅人協同組合に限らず、鉄砲遊びが好きな方を集めて30名弱のB Bソルジャー達による健全な戦争が行われるのである。
半数近い人が初めてサバイバルゲームをやると言うことで、経験者の私は赤子の手を捻るが如く、次々と敵兵をやっつけていく・・・はずであったが、人より長くて重たい鉄砲のお陰で?前半で既にヘロヘロ。いっぱい倒したけど、いっぱいやられたなぁ・・・。
和気あいあいと王道のフラッグ戦や、貸切りならではのルールのゲームを楽しむ。

休憩時もアカデミックな・・・お上品とは真逆の・・・会話で盛り上り、美味しいご飯でエネルギーチャージ!
午後も「疲れたー」を連呼しながらも、楽しい時間を過ごす。

そして最終ゲーム。
フラッグ戦なのである。
復活ありのルールで膠着状態が続く、私と20年来の戦友である毒シュバルツコフ氏(以下、毒氏)は、大きく迂回し敵陣のフラッグを奪取すべく行動を開始。
毒氏「クリア」(安全確認完了の意味)の声を聞きつつ、数々の遮蔽物(キルハウスと呼ばれる小屋型の物)を素早くチェックしながら突き進む。
フラッグまで50m。真っ直ぐ走れば10秒も掛からないだろう。しかしここは戦場。しかも敵陣のど真ん中である。お互いの死角をカバーし、時にハンドサインを駆使し、フラッグまで10m。後一つのキルハウスを越えればフラッグという所までたどり着く。

ひで坊「俺が囮になるから、お前がフラッグをゲットしろ」
毒氏「・・・分かった」

幾多の戦場を渡り歩いた毒氏の心境は、忸怩たる物があったに違いない。だが、昨年末に子供が生まれたばかりの新米パパである毒氏を死なせる訳にはいかないのである。
許せチュナッペー、パパはいつでもお空から君を見守っているぞ・・・

「行くぞ!」

っと、駆け出す我々。重いライフルを構えて、いつ飛び出してくるか分からない敵兵を、いつでも撃てる体制で走る!・・・走る・・・あれ?あれれ?


フラッグが無いんですけどー!


えーっとね、我々がB級戦争映画ばりの茶番劇を繰り広げている間に、とっくにゲームは終了していましたとさ!


いやー、物凄い緊張感とあまりにもスムーズに進軍できるから、「罠かも」とは思ったけど、「終わってる」とはこれっぽっちも思わなかったよ。
でも、このアホな感じが我々らしくて楽しいなぁ。


サバイバルゲームの楽しさは、やった人しか分からない。そういう意味では、バイクと同じ。乗った人しか感じられないあの感じ。
きっと、世の中にはまだまだ知らないだけで、もっと楽しいことがたくさんあるに違いない。それにいくつ出会えるかは、ちょっとしたきっかけと、ちょびっとの勇気なんだろうなぁ。


追伸
チュナッペーの面倒を見てくれた皆様、本当にありがとうございました!
本人は帰宅してからも「今日は楽しかった!美味しかった!」を連呼しておりました。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ブラズーレ!的な年明けの巻き




新年明けてました!

超久々に自宅で新年を迎えました。31日から3日までの休みですが、休みがあると言うだけでとっても素敵。

さて、家族で映画を観ました。ファンタスティックビーストです。まあ、ハリポタの番外編みたいなやつなので、私の好みでは無いのですが・・・面白かったなぁ。

んで、お年玉で魔法の杖を買うと言い出したチュナッペー。えー!だってあんなの木の棒じゃん!んで、ネットで見るとなかなかのお値段。うーむ、父ちゃんが作ってやる!

と言うことで、箸をベースにグルーガンで宝石風のおもちゃ石をコネコネして色塗って完成!

早速、魔法ごっこの始まり。

チュナッペー「ブラズーレ!」(ヨシヒコに出てきたあれ)

俺「フタメガンテ!」(ヨシヒコに出てきたあれ)

チュナッペー「納豆ネクター」(口の中がネクターと納豆の混ざった味になるやつ)

俺「食い込みパンツ!」(パンツが食い込んで気になっちゃうやつ)

この杖、量産して駄菓子屋で売るかな・・・ムフフ。

今年こそは億万長者だ!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ララァの名字か!の巻き

最近、集中しているのか、無視しているのか、お返事がおろそかなチュナッペー。

思わず、

「黙ってないで、うんとか、すんとか言え!」

といったら、

「スン!」

だってさ。ララァの名字か!


「うんとか、すんとか、ぷーとか言え!」

「プー!」

だって。黄色い熊か!

「うんとか、すんとか、ぺーとか言え!」

「ぺー!」

ピンクのおじさんか!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ