こんな女将の独り言(神戸福原ぼっかけ「あーちゃん」お店blog)

神戸は福原で細々と営んでいる「ぼっかけうどん」のお店「あーちゃん」の女将がうだうだと日々のあれこれを語ります(笑)

縁は異なもの味なもの

2016年10月16日 | 日常のあれこれ
9月になり、今年はツクツクボウシの鳴き声も聞けぬまま秋の訪れが・・・

今年の夏があまりにも暑すぎていたのもあるけれど、

年明け初っ端に、長女の結婚が突然決まり、両家の顔合わせをしたのは3月で、

5月には、先に入籍を済ませてから結婚式は10月にするから・・・と告げられ・・・

日々の慌ただしさが一層増した気がしてなかなか落ち着かず

その中に仕事の忙しさも手伝ってか、大将と二人で体調を崩してダウンしてしまい

お店を休んでしまったこともあったり。。

そんなこんなで、毎日があっという間に過ぎたように感じます



 で、いきなり結婚することになった長女の結婚式の日がとうとうきてしまい

今月の10日は早朝からバタバタ・・・

娘たちが、式までの間に夜眠るのも惜しんで作り上げたオリジナルの式に沢山の感動をいただき、

やっと少し肩の荷が取れて落ち着いたような


しかし乍ら、縁というものは不思議なものですね。。

何年もお付き合いをした方と結婚すると思っていても、その方とは結婚ができず

いきなり目の前に現れた人と電撃的に結ばれる・・・というのは世間でもよくあることだけど

うちの娘たちも出会いは突然で、しかもお互いの職業(作業療法士)も、その職業の専門学校も同じということが、

好きなインディーズのライブでたまたま隣り合わせになり、ライブの盛り上がりで意気投合し、

何気に話かけて親しくなったことで発覚。。

それからお付き合いが始まったのだけど、付き合い始めて直ぐに結婚を申し込まれていたらしく、

去年のお盆には彼氏の実家に招待されて、家族や町内の方にも紹介され、

なにより、先方のお父さんが娘のことをとても気に入ってくれたことで結婚が早まった・・・みたいな

それからの道のりは、先に書いた通りでとんとん拍子に進み、

順番は狂ったけれど、結婚式も無事とり行えたという。。


娘が5月に、先に入籍を済ませて新居(しかもすぐ近く)に移ってから、

別に遠くに行ってしまったこともなく、どちらかというと、休みの日には一緒に晩御飯も食べたり、

しょっちゅう店にも来たり、今までと変わらなかったけれど、

一緒に暮らしていないというだけでもなんだか寂しくて、

それが、やっと慣れた頃に「結婚式」。。

ただ式を済ませただけで、いつもと変わらない生活な筈なのに大将はなんだか寂しそう。。

そういえば、式の時も私より号泣してたし

娘LOVEだったんですね、大将は。。。




















『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慣れ親しんできた味でした | トップ | 休業のお知らせ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (風来坊)
2016-11-17 21:08:47


おめでとう!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。