記憶整理の部屋

アラフォーサラリーマンの日常生活から思った事の記憶整理場所

冬支度のお片付けをボチボチと・・・

2017年04月22日 23時32分01秒 | 車・バイク

4月も末になると、さすがに”暖かい”を通り越して”暑い”と感じさせられる日もあります。

そんな環境の元、我家のモビリオ君は未だにスタッドレス履いてると言う話。

いい加減、冬の幻から抜け出さないといけませんね。

と言う事で、楽しかったスキーの日々を無事何事も無く過ごせた事に感謝して、スタッドレスタイヤを休ませてあげるべく、夏タイヤに交換しました。

車体から外したら冬季シーズンの汚れを落としてあげて、錆の処理をした後に防錆を兼ねて艶消しブラックでシュッ!シュッ!!と。

意外と綺麗になるもんです。

今年の冬まで半年以上の長期保管になるので、空気圧を少し抜いておきます。

この辺は適当に。

『長期使わない時は空気圧を抜いて内圧を下げて、タイヤにストレスを掛けない方が良いぞ!』と言う、昔タイヤ屋のオジサンに聞いた話を未だに実行しているという。

空気圧を抜くのが良いのか悪いのかは・・・根拠は不明!

気持ちの問題ですか。

さて、スタッドレスの寿命としての”山”はどんな感じかチェック。

今回が2シーズン目となったタイヤはこの位。

先シーズン前輪で働いてくれたので、今シーズンはリアに履いて使っておりました。

これなら・・・来シーズンもリアで使えそう。

それと、今シーズン新調して前輪にて働いてもらった物は、

こちらはまだまだ平気なので、来シーズンも前輪で頑張ってもらう予定。

とりあえず来シーズンも今シーズンと同じ組み合わせで行けそうです。

今年の冬まで、陽の当たらない所で保管して、また来シーズン頑張ってもらいましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北出張H29~青森~

2017年04月18日 23時22分24秒 | 仕事関係

今年も1年振りに出張で青森へ。

毎年同じ用件なので代わり映えする事も無いですが。

今年は例年以上に風が強くて、青森市内を徒歩で移動している間は結構スゴイ状況だった・・・。

お笑い芸人が巨大扇風機に煽られてるのと同じ様な状況になって歩いていたと思う。

途中に寄ったお得意先で、『風の中歩いて来た感が出てますね!』って言われる程。

幸いな事に雨が降って無かったのは助かりましたが。

それと・・・強風で新幹線が止まらなくて良かった・・・と。

新青森から青森までは在来線にて移動。

写真には写りませんが、スゴイ強風でした。

近くに佇む”青森ベイブリッジ”の先の空が微妙な色合い。

とりあえず用件を無事済ませ、出張でのお楽しみである現地での食事を。

今年は時間的にいつも行ってたところに間に合ったので、寄って来ました。

駅前通りにある”おさない食堂”さんにて。

ホタテ刺身定食¥1,240。

活ホタテを使った刺身定食だけに、ホタテの繊維感が最高です。

アッと言う間に完食。

去年寄った駅前ロータリーにある”ホタテ小屋”さんも捨てがたいですが、こちら”おさない食堂”さんも相変わらず美味いです。

食後に1件得意先を訪れて、今年の青森出張の予定は無事終了。

後は新青森に移動して、新幹線の時間までお土産選びでもしながらマッタリと。

ミニチュアねぶた。

何気に毎年変わってるらしい。

そうこうしている内に、乗車予定の新幹線が到着。

帰りの新幹線は毎年爆睡になりますが、今年も・・・。

大宮まで2時間半、高速移動でのお昼寝タイムです

青森はまた1年後。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スキー滑走記16-17@4月12日(箕輪スキー場)

2017年04月12日 23時33分39秒 | スキー

今シーズン18日目のスキー滑走。

場所は福島県は猪苗代、箕輪スキー場

未だに今シーズンのスキーが続いておりましたが、今回で滑り納めです。

ホームの高畑スキー場の営業終了後、4月5日にグランデコに行ってから一週間。

またも有給利用の平日水曜日にスキー場へ出撃

さすがに完全な春スキーですね

前回のグランデコと同方面になる為、前回同様に部分的高速利用の交通費節約経路にて。

今回は行き帰りも同じ区間、那須高原SAスマートIC~郡山ICの間のみ高速利用。

これで往復の高速費は¥3,300で抑えられると言う内容。

自宅最寄りからスキー場麓まで高速利用だと、往復で1万円越えますから・・・

自宅を4時半過ぎに出発し、現地には8時45分頃到着。

国道からすぐの好立地なんですが、アプローチが最初わからず少々ウロウロ・・・

他のお客さんの車の後ろを着いて行って、何とか駐車場と思われる所まで到着。

どうらやA~D駐車場の間をウロウロと周っていた様子・・・

と言うのも、霧・・・と言うか雲が掛かった様態で視界が非常に悪かったので、位置感覚が分からなくなってしまって。

結局C駐車場に落ち着いて、9時のリフト運行に合わせて準備開始。

レストハウスよりゲレンデに。

インフォメーションは無人状態。

春スキー期間は、リフトチケット販売はレンタルコーナーで行っているとの事。

こちらのカウンターで。

ちなみにここ、箕輪スキー場は高畑スキー場と同じく”マックアースグループ”の傘下。

高畑スキー場のシーズン券を提示すると、1日券が¥2,000で買えると言う特典が有効なスキー場です。

ただ、高畑スキー場が営業終了している今、シーズン券効果は有効なのか・・・?と言う疑問もありましたが、

有効でした

・・・って、後で気が付きましたが、リフト券の日付が昨日の11日になってた!!

リフトの係の人にも何も言われる事無く1日滑走して来ましたが・・・。

この日、リフト券を買った人は皆11日になっていたのでしょうか!?

そんな事もあるんですね・・・

さて、当時はそんな事に気が付いて無く、滑る気満々でゲレンデへ。

相変わらずの視界不良。

でも、同時に強めの風も吹いていたので、視界が良くなったり悪くなったりの繰り返し。

そんなコンディションなので、2~3分後には、

ここまで視界が回復する天候。

とりあえず滑走ゲレンデが目視できる状態になって来たので、リフトに乗車。

レストハウス前に有るCリフト、ファルコン・スーパーライナー。

フード付きの4人乗り高速リフトです。

実質、このリフトが箕輪スキー場のメインリフトになる感じでしょうか。

実はここ、箕輪スキー場には20年程前に1度来た事があります。

が、記憶が曖昧で・・・『オシャレなホテルがあるんだね~』と、ひたすらコブ斜面のコースを滑った記憶が有るのみ。

リフトの記憶とか全然無いので、普通に新鮮でした。

強風の中での乗車でしたが、フード付リフトの恩恵は非常に大きく全然苦ではありません。

しかも今日は気温が低く、4月も中旬になろうと言うこの時期なのに0度!

空気中の水蒸気がミゾレになって降ってるらしく、余計にフードの有難みを感じながら乗車してました。

リフトも中腹に差し掛かると、再び視界が怪しくなり・・・

うわ~・・・。

上部は危険なほど視界不良になっておりました。

リフトを降りた所のコース図。

この距離なのに霞んで見える・・・。

これから滑るコースがよく見えません・・・。

とりあえず視界が晴れるまでは、事故の無い様に周りに気を付けながら滑走。

とは言え、中腹まで降りて来てしまうと、

ここまで視界はクリアになります。

この先は中級コースとの事で、コース図を見る限りでは最大斜度25度との事。

我家の直線番長は迷う事無く真っ直ぐ滑り降りて行きました。

その後再びリフトに乗り、メイプルストリート(上部)~マイウェイコースと通って、ホテル前のE.Tコースへ移動。

こちらは緩めの斜度のゲレンデですが、キッカーなどの各種アイテム(って言うの?)が設置されておりました。

主にスノーボードのお客さんが集っていた感じがします。

その間に入って、ワタクシと娘殿もキッカーで飛んでたりしましたが・・・。

斜度が緩めなのに加えて、下から吹き上げてくる向い風の影響で速度が出難い為、

番長はクラウチングで挑むも・・・体重が軽い為に速度に乗らずに苦戦していた様子。

そんな感じでE.Tコースで数本遊んでから、再びCリフト・ファルコン・スーパーライナーに乗車してみると、

かなり視界が回復しておりました。

このCリフト・ファルコン・スーパーライナーは15時で終了してしまう為、それまではこのリフトを基準に滑っておりました。

昼食はそのままメイプルストリートを下って、レストハウス2階のレストラン・クリスタルへ。

豊富なクレープやカレー・ラーメンと言った定番ゲレ食がありましたが、時期的に食事は麺類しかやってないとの事

残念ながらここでの食事は諦めて、ホテル側へ様子を見に行ってみます。

一旦Cリフトに乗ってから、E.Tコースへ抜けてホテル前へ。

リゾートスキー場っぽい、オシャレなホテル。

20年前の記憶はこの”構図”です。

さて、ホテルにはレストラン・パノラマと言うのがありました。

先程のレストハウスのレストランの話では、ご飯ものもやってるとの事でしたが、

よかった、色々有りそうです。

写真のメニューから選んで、券売機で先に食券を買ってカウンターにお願いします。

出来あがるまではテーブルでマッタリと。

さすがリゾートホテルのレストランと言うだけに、オシャレな感じです。

スキーウェアで入るのを一瞬躊躇ってしまいます。

さて本日の昼食メニュー。

娘殿は相変わらずの主食、フライドポテト(¥300)。

それからお子様カレー(¥600)。

・・・え~、フライドポテトがしっかり下味がつけられてて、非常に美味しくてビックリ

カレーも”お子様”と謳ってるだけに、とても甘口に仕上げられてる。

嫁さんは、

こちらもメインの生ビール(¥500)と、

会津名物ソースカツ丼(¥1,000)。

高畑のソースカツ丼とはカツの感じが違いますが、ここのはここのでフンワリとしたカツで・・・これも美味い

で、ワタクシ。

ノンアルコールビールwith紙コップと、

ローストビーフ丼(¥1,200)。

このローストビーフ丼、

レア感と良い、味付けと良い、抜群に美味い!

スキー場の食事と言う枠を超えてるのでは!?と思わせられる程美味かった。

箕輪スキー場に行った時は、食べておいて間違いないと思います。

今回の食事全体的に言える事ですが、ホテルのレストランとしてるだけにシッカリとした物を出してくれるな~と言う感じ。

ここではどれを食べても美味しいと思います、はい。

さてそんな満足度の高い昼食の後は、再びゲレンデへ。

外に出てみると、視界はかなり良好となっておりました。

強風の影響で雲の流れが早い事も有り、時折晴れ間も

かと思うと、今度は雪が降って来たりと目まぐるしく変わるコンディション。

とりあえず15時まではCリフトを周回し、メイプルストリートをメインに滑走。

視界が晴れて来たので、娘殿のリクエストでP.Pコースへ。

ここは20年前に来た時、上から下までコブ斜面で仲間とワイワイ言いながらコブに飛ばされて楽しんだ記憶が。

あの頃は気持ち的にも若かったな・・・なんて。

20年経った今でも、P.Pコースは終始コブ斜面でした。

・・・が、

笑顔でスタートした番長(4歳児・女性)。

コース上から見送って・・・と言う訳にも以下なので、20年ぶりにコブオンリーの斜面に突入して参りました。

嫁さんは早々に迂回・・・で、下でカメラ構えて特撮狙い。

『コブが楽しい!』と言うだけに、滑らかに滑って来る4歳児。

『これは・・・負けてはいられない!』と思い、奮起して滑ったワタクシ。

1コマだけ見るとそれなりに見えますが・・・、

実際こんなもんの連続・・・

まだまだ修行がたりません・・・

何か勝ち誇ってるように見えなくもない・・・。

その後15時をまわって、Cリフト・ファルコン・スーパーライナーが終了。

場所をホテル前のE.Tコースに移して滑走継続。

ここのコースは21時までナイター営業しているので、もう少し楽しみます。

ここ箕輪スキー場はゴールデンウィークまで営業するらしいですが、さすがに麓付近は土が出始めてました。

それでもベースの標高が高いからか、気温が比較的低めなんですかね。

しかも16時をまわると、一旦コースを閉鎖して圧雪してくれるみたい!

これはナイター時間に滑る人にも有り難いサービスですね。

実は16時過ぎに滑走を終了してレストハウスに戻って来た時に、そのアナウンスを聞きました・・・。

でも、ホテルからレストハウスまでの連絡路コース(アンダーカット)は圧雪車が通過した後で、まさかの快適バーンに。

最後のご褒美かな~なんて3人で話しながら、レストハウスまで戻って来て今シーズン最後の滑走は終了となりました。

駐車場に戻り、帰り支度をしている時が怖ろしく寒くて・・・。

風に加えて気温が0度を下回る状態で、耳やら手やらが痛い・・・

4月なのに・・・とか思いながら何とか道具を車に仕舞い込み、箕輪スキー場を後にしました。

帰りは国道115号線に出てからは猪苗代方面へ。

帰りはひたすら下りです。

恐らく、信号で停まった時以外はアクセル踏んでないと思います。

これ、真冬の凍結してる状態とかだったら怖いな・・・。

国道だけに、何かしら処置されるんでしょうか?

さて、本来なら春スキーで汗をかいて温泉で流す・・・と言う流れですが、今日は冷えた体を暖めるべく温泉へ

前回は矢板まで移動してから温泉に入りましたが、今回は猪苗代周辺で。

猪苗代と言えば、”磐梯熱海”と言う立派な御温泉地が有った事を忘れておりまして。

気軽に寄れそうな日帰り温泉施設を探してみたら、一軒ありまして。

郡山市営の施設、郡山ユラックス熱海

多目的ホールやら会議室・展示場、スポーツ施設・プール等がある施設の中に、”健康温泉”として入浴施設もあります。

しかも料金が結構安く、大人で¥400、子供(4歳~小学生)が¥200と、我家の場合3人でピッタリ¥1,000。

先に券売機でチケットを買います。

券売機は施設に入った正面に有るので、広い施設の中でもわかり易い。

券を買ったら、奥の温泉施設へ。

カウンターで券を出して受付。

靴は脱いで靴用のコインロッカーへ。

¥100ですが、利用後に戻るシステム。

本日の男湯は岩の湯との事で、早速。

脱衣所は結構な広さで、かなりの数のコインロッカーがあります。

これも¥100ですが、利用後に戻って来ます。

ここの利用には¥100硬貨を枚用意しておくと便利ですね。

前回寄った矢板の”まことの湯”も、高畑の帰りに寄る”道の駅湯西川”も、最近はこのケースが多いですね。

肝心の温泉は内風呂・露天風呂・寝湯・打たせ湯・サウナ等があり、俗に言う『スーパー銭湯』の温泉版と言った感じ。

洗い場も結構な数があり、シャンプー・ボディーソープも備え付けの物があります。

広くてキレイで、『温泉の泉質には拘ってる!!』とかでなければ、十分快適に入浴出来る施設だと思います。

風呂から上がったら、簡易休憩スペースが有るので、そこでTV観ながら女性陣待ち。

すっかりリフレッシュして、ここから自宅まで・・・200km位か?

頑張って安全運転で帰路につきます

帰りは国道49号線で郡山まで移動し、郡山ICから東北道で那須高原SAまで。

スマートICで下りて4号線に合流してからコンビニで夕食を仕入れて、あとはひたすら走り22時30分に無事帰宅

名残惜しいですが、これにて16-17シーズンのスキーは終了となります。

思い起こせば、今シーズンは色々あったな~。

一番はやはり、娘の成長ですね。

来シーズンは形勢逆転となりそうな予感・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サドルを交換して少しだけグレードアップ?

2017年04月08日 22時59分29秒 | 自転車

ワタクシの相棒のFELT君には、現在”SELLE SMP”の”extra”と言うサドルを装着しております。

SELLE SMPと言えば、独特の曲線形状。

あの独特の形が気になって、試しに購入した物。

曲線部分がお尻に合えば、非常に快適なサドル。

逆に合わない時は・・・拷問サドルとも呼ばれてます。

幸いな事にワタクシのお尻には前者だった様で、痛みとは無縁の快適なサドルでした。

ただ、”extra”と言うグレードはクッション材が多目なので、それで快適だったのかもしれませんが。

先日、サイクリーのサイトを覗いていたら、同じSELLE SMPのサドルで”stratos”と言う物がお手頃価格で出ておりました。

今の”extra”よりもクッションが少なく、よりロードバイクに合うスタイル。

表皮がレザーらしいのですが、サイクリーの中古品は使用劣化により色がくすんでいるものの、形状的な劣化は無さそう。

それに・・・価格設定間違ってない?と言う感じの値段だったので、ダメ元で買ってみたもの。

実際手元に届いた物は、表皮の色落ち以外は問題の無い物でした。

フフフ・・・ッ、ラッキーでした

で、いつ取替えようかと思ってましたが、先日の自転車乗車時に気になる事が起きました。

今使ってる”extra"、フチがめくれて来てる!?と言う感触。

実際、日中の明るい所で確認してみると、

・・・やはり。

何か内腿に擦れる様な感触が偶にあったと思いましたが、予想通り。

これは取り替えるのにいい機会か?と言う事で、早速・・・

いきなりですが、交換完了。

サドル自体、かなりスッキリとした印象があります。

では比較をした写真を。

サドル後方部分の厚みが結構薄くなりました。

この部分のクッション材が少なくなってるんですね。

後方から見ると一目瞭然。

厚みが泥雲の差です。

まぁ、”extra”はクロスバイク等でレーパン履かなくても大丈夫な様にクッション材が入っているのでしょうね。

逆に”stratos”はと言うと指で押した感じも固さを感じる様になりましたが、逆にズレが減ってダイレクト感が出そうです。

先端部については、

こちらもクッション材が減った分、かなりシャープになってます。

先端部が細くなっているので、ペダリングの際の干渉が相当減りそうです。

さて、交換後の姿は、

うん、悪くない

厚みが薄くなった事で、以前の様な厚ぼったい感じが無くなり見た目の軽さを感じる気がします。

やや後方から見た時は、更にそう感じます。

とりあえず”extra”と同じ位置になる様に取付をして、しばらく様子を見てから細かく調整かな。

ただ、跨ってみた第一印象は、『固っ・・・』でした。

でも痛くなるような感じでは無かったので、レーパン履くと良い感じになりそうな予感。

これは次回乗車時が楽しみです。

さてサドル交換したついでに、他にも以前買ったままの物があったので取付しちゃいます。

バーエンドキャップ。

Amazonで、値段が下がった瞬間を見逃さずにポチッた物。

買ったのは・・・半年以上前かも。

バーテープに付属してくるプラスチックの物ではなく、何度も使える物です。

アルミ製で、中央のネジを締める事で青い部分(ゴム質)が潰されて、バーの内側にフィットする仕組み。

では早速交換。

今着いている樹脂製のエンドキャップを外して付け替えるだけ。

グッと押し込んで。

アーレンキー(六角レンチ)でネジを締め込んでオシマイ。

ものの1分程で終了です。

ワタクシは右側はミラーを着けているので、左側のみの交換です。

2個セットだったので劣化した時の予備として保管しておくか、嫁さんのビアンキ君に使っても良いか。

この製品、ネジでギュッ!と固定出来るので、振動等で緩んで外れる事が少なくなる事に期待。

樹脂パーツの時は、何度か『あれ?いつの間にか無くなってる!』って事がありましたので・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北出張H29~福島・宮城・岩手~

2017年04月07日 23時42分11秒 | 仕事関係

新年度を迎えた4月初旬。

この時期は何時もの東北出張の季節です。

例年の如く、先に福島・宮城・岩手の3件をまわるべく出発です。

今年も滞りなく用件を済ませて来ました。

ただ・・・ウッカリし過ぎて、全く写真を撮ってないと言う状態!

唯一撮ったのは・・・

昼食に仙台で食べた、伊達の牛たん(芯タン)定食。

相変わらずの美味さ!

当然のごとく、綺麗に御馳走様。

・・・って、写真これだけ

何となく気が緩んでいたんでしょうね・・・。

これだと、『牛タン食べに仙台に行って来ました!』的な記事にしか見えないね。

でも、メインの仕事に関してはシッカリこなして来てるので大丈夫。

とりあえず、仙台の牛タンはいつ食べても美味しいと言う事で

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スキー滑走記16-17@4月5日(グランデコ スノーリゾート)

2017年04月05日 23時55分47秒 | スキー

今シーズン17日目のスキー滑走。

場所は福島県裏磐梯、グランデコ スノーリゾート



先日の高畑スキー場特別営業・Reverse modeから3日。

昨シーズン同様、たまにはいつもとは違う場所で滑るか・・・という事で

仕事の関係上、3月末~4月はワタクシの職場は鬼の様な閑散期となります。

社員がこぞって有給を使いまくる季節となり、ワタクシもその流れに乗り遅れる事無く有給利用。

・・・先陣を切っていると言う噂もありますが

さて、グランデコには8時40分過ぎに到着。

自宅を出たのが4時45分だったので、ほぼ4時間と言う事になります。

高畑に行くのとあまり変わらない時間でした。

一部雪解け水が凍結してる部分凍結路はありましたが、道は99%ドライ路面でしたので。

駐車場は第一駐車場の3列目。

平日なので駐車料金は無料でした。

何となく・・・去年と同じ位の位置??

今日は非常に天気が良さそうで、真っ青な青空が広がっております。

そそくさと準備を済ませ、1年振りのグランデコへ。

昨年は雪不足でエントランス前ロータリーもアスファルト状態でしたが、今年は白かった。

雪、タップリ。

何でもこの日の積雪量は3メートル超えだとか。

高畑の最終日も麓で1メートル以上あったと言う事ですから、今年はキッチリ降ったと言う事ですね。

平日の特権、ガラガラ。

昨年は入ってすぐ目の前のセンター33コースが土が出てて茶色かったのを覚えておりますが、今年は真っ白。

最大斜度33度でコブ斜面化してるので、高畑のブルーセンターみたいな感じでしょうか。

さぁ、グランデコを満喫すべくスタートです。

昨年はヒモ&ボーゲンヘルパー付きだったのに、1年で完全に独り立ち出来ました

リフトは高速4人乗りで非常に快適。

フード付でしたが、今日は暑くてフードを開けて乗ってる人が多かったですね。

あ、そうそう。

娘殿のホームゲレンデは紛れもなく”高畑スキー場”なので、その意志表示をすべく昨夜一緒にシールを。

先日、高畑スキー場で買っておいたシールをペタっと。

何か、『高畑スキー場でレンタルで借りて来ました!』に見えなくも無いという・・・。

でも、本人は『パパと一緒だね!』と気に入っている様子。(私のメットの後頭部にもペタッと・・・)

色々とご機嫌な娘殿。

朝からハイペースで滑りました。

グランデコは緩やかな斜面が延々と続くコース(レインボー3500)があり、初心者の練習から中・上級者の基礎確認まで幅広いレベルの方々が滑っておりました。

さて今日の客層は、スノーボードのお客さんがほとんどと言った印象でした。

先日の高畑Reverse modeに来てたボーダーとは違い、かなりラフな印象のボーダー客が沢山居るのも新鮮・・・

皆さん、上記のレインボー3500コースでジャンプしたり回ったりして、激しく転倒してますね。

とりあえず基本的な滑走する練習をしてる人も居ますが・・・チラホラかな。

まぁ皆さん、思い思いに楽しんでいる様子。

滑走面のコンディションも多少水分を感じる雪質ですが、4月と思えば良好。

結構、気持ち良く滑る事が出来ました。

こちらの方もご満悦。

あと、グランデコと言えばゴンドラがありますね。

興味深そうにゴンドラ内で佇む番長。

一回板を外して・・・と言った手間もありますが、乗ってしまうとこれはこれで快適だったりします。

吹雪などの悪天候の時は威力を発揮しそうですが、今日は暑かった・・・

しかもゴンドラを降りてから麓までは緩斜面が続くコースがあるので、初心者でも安心ですしね。

朝から休憩無しで滑走し、お昼時になったのでゴンドラ駅にある”bunabuna”にて昼食タイム。

昨年もこちらで”天空の石釜ピザ”とやらをいただきましたが、美味しかったので今年も。

本日は、

娘殿の主食、フライドポテト。

みんな大好き、若鶏の唐揚げ。

嫁さんのエネルギーの源、生ビール!

ワタクシはノンアルコールビールで乾杯。

これらを主食に、ピザとパスタを摘みながら休憩。

茄子とベーコンのアラビアータ。

パスタの食感が抜群。

マルゲリータは石釜で焼き上げた本格的な物で、これまた美味い!

食後はお決まりのバニラソフトクリームを頬張る娘殿。

ここで味わえる山塩ソフトクリームは、甘くてショッパイと言う相反する味ですが、これがナカナカ。

さて食事を終えて午後の滑走。

さすがに少し雪が緩んで来てる感じですが、まだまだ楽しめます。

ただ、雪面の水分が多くなってくると、どうしても板の滑りが悪くなって来てしまいます・・・。

時折”NOT WAX”を塗って凌いでましたが、何本も持続はしてくれません。

滑りが悪くなると、クラウチングで進もうと頑張る番長。

・・・何だかゼンマイ仕掛けの玩具みたい

ここで急に思いついた事が。

グランデコに来た物の、乗ってるリフトは第1クワッド、第2クワッド、ゴンドラと3種類しか乗って無い。

山頂に向かう第3クワッドには乗ってない。(第4は3月末に運行終了)

山頂ってどうなの?と思いながらも、雪も春雪でスピード出難いので最悪でも何とかなるんじゃ?と言う事で、

来てみました。

もちろん3人で。

ミントAコース上部からの景色。

 

さすが山頂とだけあって、景色が素晴らしい。

コース図ではメリッサ、ミントA共に上級者コースとなっておりますが、調べてみるとメリッサで最大斜度28度程度との事。

・・・と言う事は、ブルーインとかアウトとかと同じ位?

え?それって高畑では中級コースになるんじゃない?

なんて話をしている内に、『大丈夫だ!』と言う事に。

で、早速、

普通に滑り降りてる女性陣。

心配する事無かったみたい

むしろ4歳児の方はカッ飛んで滑ってた程。

その4歳児に引っ張られる様に、何気に少しずつ上達していた嫁さん。

相乗効果ってヤツでしょうか。

午後はしばらくはこの山頂へと続く第3クワッドリフトを周回して楽しんでました。

遠くに見えるのは・・・猫魔スキー場でしょうか?

あちらの方が標高が高い様に見えますが、気のせい?

猫魔も20年位前に行って以来だな~。

機会があればその内。

楽しい時間は経過するのが早いもので、気が付けば15時半を過ぎておりました。

本日の各リフトの営業は16時まで。

娘殿のリクエストで、最後はゴンドラに。

ゴンドラ終着駅に着くと同時に16時を迎え、麓まで最後の滑走をして本日のグランデコスキーは終了。

駐車場に戻ると、

車は既に数台が残るのみ。

心地良い疲れと共に、グランデコを後にします。

駐車場を出て間もなく、女性陣は夢の中へ・・・

山を下ってる道中、まだこれだけ雪の壁が存在してるんだな~・・・の1枚。

4月と言えども、ここから溶け出した水が夜中に凍って朝には凍結路が出来あがる様です。

さすがに帰る時間帯は全て解けて、部分ウェットな路面でしたが。

さて帰りは高速費節約の為、猪苗代磐梯高原ICはスルーして郡山ICまで下道を走ります。

猪苗代磐梯高原IC入口の交差点には、去年は見なかった道の駅が出来てました。

道の駅 猪苗代

去年の11月にオープンしたばかりだそうです。

せっかくなので中を覗いて来ました。

新しいだけにまだ空間も目立ちますが、さすがにキレイ。

とりあえずトイレをお借りしてから色々物色していると、

何やら美味しそうな物を発見。

生どら焼き。

餡子と生クリームがタップリ挟まっております。

スキーで疲れた体には、とても魅力的な一品

スキー後のオヤツとして買ってみました。

車に戻って、早速・・・

ふふふ、これは甘すぎる事無く、非常に美味しい

猪苗代湖畔の国道をどら焼き片手に40分程車を走らせると、無事郡山ICへ到着。

ここから東北道に乗って、那須高原SAのスマートICから下道に降りて4号線をひた走り。

去年は西那須野塩原IC付近の千本松温泉に寄って汗を流してから帰りましたが、今年も直前まで迷った挙句に矢板温泉に行ってみました。

バリエーションを増やしておくのも、今後の為にも良いかな?と言う思いです。

で、訪れたのは矢板ICから比較的近い所に位置する『矢板温泉 まことの湯』。

駐車場は結構な台数が停められそうな規模でしたが、平日だからか今日は10台程だけでガラガラ。

夜だからか、外観はヒッソリとしてる印象。

入り口横には、無料で利用できる足湯が設置してありました。

なんと!

サイクルラックまで設置してありました!!

これは気が利いてますね~。

さすが自転車の街・宇都宮擁する栃木県、やりますな!

さて早速温泉をいただきに行ってみます。

こちらが入口。

入ってすぐに下駄箱コインロッカーがあり、履物はそちらに。

100円ですが、帰りに戻って来る仕組みのロッカーなので実質無料です。

入口入って正面の券売機で入浴券を購入。

大人は¥500、子供(4歳~小学生)は¥300。

チケットをフロントへ出して、いざお風呂へ。

男湯。

女湯。

暖簾をくぐると脱衣所になります。

ここも100円ロッカーですが、使用後に戻る実質無料コインロッカー。

とりあえずこの温泉を利用するには、予め100円玉を2枚用意しておくと順調ですね。

お風呂は写真左手の階段を下ると洗い場・内湯に入れます。

内湯には外に出る扉があり、露天風呂へと行けます。

内湯の温度は結構熱めですが露天風呂は丁度良い位の快適湯温でしたので、もっぱら露天風呂で。

今日はスキー場でも日中結構暑くて汗をかいていたので、非常に気持ちの良い温泉となりました。

時間が早ければ食事も出来る様です。

温泉を後にして、途中のコンビニでオニギリ等食料を買って夕食としました。

4号線は比較的順調に流れてて、22時半には無事帰宅。

いつもとは違ったスキー場での滑走でしたが、天気も良く新鮮さもあり楽しい一日となりました。

さて、ここからは交通費節約結果について。

我家からグランデコとなると、基本的には東北道~磐越道の高速メインのルートとなります。

高速料金を調べると片道で¥5,240となり、往復で¥10,480。

往復での走行距離が480km程で自宅最寄りのGSで給油したら34リットルで燃費的には14.1km/l位。

レギュラーガソリン単価が¥124だったので、ガソリン代は¥4,216。

これに高速代¥10,480を加えると、交通費で¥15,000コースか!!

年に1~2回程度の行事とは言え、出費は抑えるに越した事は無い訳で。

まぁ運転手の自分が頑張って下道を有効活用すれば、この辺のコストは削れるな・・・と言う事で、今回は高速利用を区間限定にしてみました。

行きは国道4号線をひた走り、那須高原SAのスマートICから入って猪苗代磐梯高原ICで降りるコースで¥2,440。

帰りは郡山ICから高速に乗り、那須高原SAのスマートICで高速を降りて¥1,650。

合計で¥4,090となり、片道の高速代以上は節約する事に成功

往復共に郡山ICで乗り降りすれば高速代は¥3,300で済むので、ガソリン代入れても¥7,516と約半分で済むのか!

時間的には30分前後の違いで済みそうなので、バリバリの凍結路の続くハイシーズンは別としてこのルート選択もアリかも。

その分、2回行ける様になると言う計算も・・・(実際行くかは別として)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スキー滑走記16-17@4月2日(高畑スキー場)

2017年04月02日 23時32分06秒 | スキー

今シーズン16日目のスキー滑走。

場所はホームゲレンデ、高畑スキー場。

一か八かの車中泊チャレンジをして就寝についその後。

4時半に娘の寝返りパンチの連続攻撃で一旦目が覚めたついでに再びトイレに。

普段夜中にトイレに起きる事は稀ですが、どこか緊張しているのでしょうね。

外に出てみると、寒・・・

車の温度計で見ると外気はマイナス4度となってましたが、車内は7度と。

恐らく熱源は4歳児だと思います。

再び寝袋に潜り込んで、6時半に起床。

一か八かの車中泊チャレンジは、何とか無事朝を迎える事が出来た様です

・・・まぁ、枕持って来てないので首が痛いとか色々ありましたが

こうしてReverse mode 2日目に挑むのでありました~。

目が覚めて外に出ると、昨日とは変わって非常に良い天気!

車中泊なので、駐車場も普段では考えられない最前列で。

青と白のコントラスト。

これが”高畑ブルー”ってヤツですね。

車中泊セットを片付けてる間に、続々とやってくる今日のお客さん。

昨夜きらら289の近くのコンビニで買っておいたパンで朝食を済ませ、今期最後の高畑へ。

この看板も来シーズンまで見納めですね。

さて本日も1日券を買わないとね。

シーズン券提示で¥500円で購入。

しかし、¥500で一日滑れるってのも凄いですね。

さて青空と初めての車中泊で、朝からご機嫌な娘殿。

今期最後の高畑、楽しんで行きましょう。

朝一の猪谷。

圧雪バーンが些か固そうですが、4月2日だと考えると贅沢なコンディション。

特別営業でもシッカリ圧雪してくれて有り難いですね。

駐車場は、昨日と同じ位かな?

スノーボーダーのお客さんも結構来ている様です。

ブラックリフトから。

そのままオレンジリフトに乗りついで、山頂へ。

キレイにフラットになっていて、良い感じ。

今日もオレンジコースをメインとして楽しみました。

景色もキレイだ~。

ブルーセンター下部も固めではありましたが、非常に快適。

今日はGRIさん御夫婦も滑りに来ておりました。

相変わらずGRIさんに照れてしまう4歳児・・・。

せっかく挨拶して下さったのに・・・すいません

今日は娘殿のリクエストで、オレンジインを何度も周回滑走。

コース途中に、芸術作品発見。

ハニワ?バンザイしてる人?

何とも可愛らしい作品でしたので、思わず写真に。

今日は雪の状態が保たれるであろう12時半位で切り上げると決めていたので、それまでハイペースで滑りました。

もちろん娘殿の大好物のコブも。

昨日、ブルーライン下部に皆さんでライン付けしてコブを作成した物が立派に成長してたみたいです。

こうして予定の時間まで思う存分滑りを楽しんで、12時40分に今季の高畑シーズンに幕を下ろしました。

駐車場に戻り、帰りの支度を済ませて高畑を後に。

『また来シーズン来ようね~!』と車内で話しながら出発。

今シーズン最後の日に気持ちの良い晴天に恵まれて、気持ち良く高畑スキー場を後にしました。

12時半過ぎに切り上げるのには、雪質の他にも理由があり・・・。

今期最後だから!と言う事で、来てしまいました

土日は14時半までランチライムとの事なので、間に合う様に出発して14時前に菜華楼に到着。

店内に入り席に座り、メニューを眺めていると『ボーさん、ボーさん!』と誰かがワタクシを呼ぶ声が。

GRIさんもお昼で切り上げていらっしゃったみたい。

皆さん、やはり考える事は同じなんですね!

今日は以前食べてからスッカリ虜になってしまったこちら、

激辛マーボー麺。

今日のは前回よりも辛かったけど、これはホント美味い!

嫁さんは

冷え冷えのビールに、

おこげ!

テーブルに運んでもらってから『ジュワー!!!』って、スゴイの!

でも見た目とは裏腹に、お味はとってもサッパリしててスルスルと食べられてしまう。

さすが宋さんの料理。

娘殿は大好きな焼き餃子と、

半炒飯。

菜華楼の炒飯は、娘殿も大好き。

それとワタクシのリクエストで、

鶏から揚げの黒酢あんかけ。

これ、最高!

娘がお腹いっぱいで食べられなかった分も頂いちゃいました

先に食事を済まされたGRIさんご夫婦とはここでご挨拶してお別れ。

来シーズンもどうぞお願いします

あっ、燻製も色々勉強させていただきます・・・

菜華楼でお腹も満たされた所で、安全運転で帰路に着きます。

途中、思い出した様に突発的にこちらのお店へ。

元西とうふ店さん。

予約も何もしてなかったので、寄せ豆腐は買えなかったものの、普通の豆腐と厚揚げといただいて来ました。

これで今夜のメニューは決まり

さて今日は温泉には寄らずに、真っ直ぐ帰宅。

と言うのも、昨夜突発的に車中泊してしまったので、着替えが無いんで・・・。

帰りの道中はいつもとは違い日中の走行となるので、国道4号線も車が多いです。

当然走行ペースも下がる為、いつもの1.5倍程の時間を掛けて無事帰宅。

これにて今シーズンの高畑スキーは本当に終了となりました。

いつも思う事ですが、楽しい時間は過ぎるのが早いもので、アッ!と言う間の数ケ月でした・・・。

お相手して下さった方々、有難うございました

また来シーズン、皆さんと一緒に高畑スキー場で楽しめる事を期待して・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スキー滑走記16-17@4月1日(高畑スキー場)

2017年04月01日 22時59分15秒 | スキー

今シーズン15日目のスキー滑走。

場所はホームゲレンデ、高畑スキー場。

高畑スキー場は通常営業は終了しております。

そう、本日は特別営業の”TAKAHATA Reverse mode Vol.3”の初日。

この”Rverese mode”に参加するのは、実は初めて。

昨シーズンは雪不足で未開催でしたが、今期は積雪量も確保されているので開催して下さいました。

スノーボードも解禁となる高畑裏モード、どんな感じなんでしょうか。

軽くワクワクしながら、この日は5時に自宅を出発。

自宅近辺では雨降りでしたが、宇都宮辺りに入る頃には雨も止んで、その後は終始ドライ路面。

いつもの温度計の場所にて。

さすがに4月ともなると、暖かくなってますね。

自宅を出発して3時間半弱で高畑に到着。

駐車場は余裕がある感じ。

どれ程のお客さんが来るのか未知の世界でしたが、通常シーズンの様に人で賑わう感じでは無いかもしれません。

とりあえず先日無事3代目チョッカリ番長を襲名し、4代目にサポートヒモを引き継いだ娘殿も準備OK。

『高畑スキー場は先週で終わり』と言ってあったので、今日の特別営業には一番喜んだのは娘殿だと言う話も。

では早速ゲレンデへ行ってみます。

いつもの案内看板ですが・・・

前回の名残でしょうか、”禁止”に×印をつける両面テープが未だ残ってたんですね。

今日まで気が付かなかった・・・。

センターハウス入口。

インフォメーションボードがいつもの場所では無く、入口入って正面にドーン!と。

高畑にスノーボードが有る、いつもとは違う光景。

事前情報の通り、稼働リフトはブラックとオレンジのみ。

通常営業ではないので、1日券を買います。

我々はシーズン券所持者でしたので、¥500で1日券をお買い上げ。

そう言えば高畑でリフト券を買うのは何年振りだろう・・・。

ここ2シーズンはシーズン券にお世話になってるし、それ以前は子供が産まれる前だから・・・5~6年近く前か?

マックアース傘下になる前だったので、この台紙デザインのチケットは初めて。

さてゲレンデへ。

天気は曇り空ですが、雨や雪は降ら無さそうな予報。

ゲレンデも空いてます。

早速ブラックリフトに乗車。

猪谷ゲレンデを滑る人の滑走音を聞く限りでは、カリカリ言ってますので意外と固そうな感じ。

9時前の駐車場。

”来場者の多い平日”と言った感じの駐車状態。

ブラックリフトから見えるブルーリフトの光景に違和感が。

・・・そう、既に椅子が外されてるんですね。

何かスカスカした感じがしたのは、そのせいの様です。

これはレッドコースもブラックリフトのもう一本も同じでした。

こうして見ると、リフトの支柱が送電線に見える・・・。

ブラックリフト降り場の雪質は緩くも無く固くも無く、4月だと言う事を考えると贅沢な感じ。

そのままオレンジリフトに乗って、山頂へ向かいます。

時間と共に雪が緩んで来ると思われるので、オレンジリフトがメインとなりそうです。

そう言えば、オレンジリフト脇のコブラインが無くなってました。

キレイに圧雪されて平らに。

これには娘が非常に残念がってました・・・って、そんなにコブ好きになったの?

オレンジとブルーハイウェイの合流地点には、何やらアイテムが。

名前はわかりませんが・・・多分、飛ぶヤツ

この日の為に作ったそうです。

さてオレンジコース。

久し振りにオレンジインコースへ・・・あ、娘は初めてか。

実は以前嫁さんがオレンジインコースで転倒して膝を怪我して以来、無意識の内に遠ざけておりましたが・・・。

娘に引っ張られるように・・・恐らく7年振り位?にインコースに。

何気に自分も久し振りな訳です。

あの時は・・・転倒して膝を抱えて立ち上がれなくなった嫁さんをコース脇に移動して、麓のパトロールまで直滑降に近い滑りで必死に下りて行ったっけ。

そう言う時って、恐怖心を忘れるみたいで。(普段だと途中で減速しますね、ハイ)

そもそも恐怖心が無さそうな4歳児は臆する事無く滑り降りておりましたが・・・。

その後、中腹のレストハウスにてトイレ休憩。

特別営業なので閉鎖されているかと思いましたが、開けていてくれて助かりました。

中は色々と撤収して来た物で溢れておりますね。

その後もオレンジラインを何度か滑走して、昼食タイムに。

レストランのメニューも種類限定での販売となっておりました。

また、スタッフもいつもの方が数名居らした他は、普段見ない方々。

恐らくこの日の為に応援で駆けつけて来た方々なんでしょうね。

さて本日のメニュー。

ワタクシはこのタイミングで出来た新メニュー・・・と言うか、Reverse mode限定メニュー?な、

チキン照り焼き丼にソフトドリンク。

いつものチキンステーキを丼物にした感じですが、これはこれで”アリ”だと思います。

娘殿は最近お気に入りの半カレー。

4歳児には丁度良いサイズみたいで、これなら一人で食べ切れるみたいです。

嫁さんは、

かき揚ソバとメインのサッポロ生ビール。

ところで今日のかき揚ソバ、天ぷらが前回の物とは違う様で・・・。

デ、デカイ・・・。

結構なボリュームのかき揚でした。

ちなみにジュースは100円で飲み放題のドリンクバー状態となっており、いつもは飲まないメロンソーダなんてのも飲んでみたり。

レストランでは金麦を片手にした"くまさん"とお会いしてご挨拶。

今夜は車中泊して、明日は滑らずにお帰りになるとか。

また来シーズンお会いする事をお約束

ERKちゃんには『私のヒモ使った子は、みんな暴走するんだよ~』って、有り難いお言葉をいただきました

すでにその片鱗が見え隠れしていると言う話も・・・。

さて、本日のリフト営業15時30分までなので、昼食を早々に済ませて再びゲレンデへ。

午後の猪谷ゲレンデ。

さすがに雪がユルユルになって来ております。

ブラックリフトを降りたら、そのままオレンジへ。

オレンジアウトは午後でもユルユルではなく締りがある状態を保っておりました。

暫くオレンジリフトを周回し、15時20分に最後のオレンジリフト乗車。

ブルーコース方面へ抜ける連絡コースを通り、ブルーセンター下部へ。

いつの間にか覚えたクラウチングポーズなんぞ・・・。

その後はセンターハウスまで一気に滑り降りて、特別営業日のReverse mode初日終了です。

麓はもうスッカリ春雪となっておりましたね~。

でも4月と言う事を考えると、贅沢ともいえるコンディションに非常に満足出来ました。

このコンディションなら、明日の2日目も結構良いのでは・・・と言う欲が出て来ますね。

駐車場に戻り、帰り支度を済ませて高畑スキー場を後にします。

これで今シーズンの高畑は本当にラスト・・・の予定でしたが、思いの外悪くない雪面コンディションに後ろ髪が引かれます

それはどうやら嫁さんも同じ様で。

更に娘殿の『温泉宿に泊まれば明日も滑れるの?』と言う、悪魔の囁きが・・・。

さすがに宿に宿泊するには無理がありますが・・・車中泊なら可能か!?

幸いな事に先日素人日曜大工で制作したベッドキッドは車内に積んだ状態だし、収納状態を確認すべく積み込んだ寝袋も有ると来たもんだ。

どうするか?は移動しながら判断する事にして、とりあえず初めての温泉へ行ってみる事に。

山口温泉、きらら289に来てみました。

高畑のインフォメーションで聞いたら、シーズン券特権の¥300割引入浴は4月2日まで有効との事。

折角なので、寄ってみました。

受付でシーズン券を見せて、¥300を支払温泉へ。(4歳児は無料でした)

お風呂施設は階段を下りた地下になります。

今日の男女区切りは、山桜の湯が男湯、リンドウの湯が女湯となってました。

山口温泉には初めて入りましたが、湯船が茶褐色になっている所を見ると、鉄分が多いのでしょうか。

肌に独特のヌルヌル感を伴う(表現が乏しい・・・)温泉で、湯温はそれ程熱くない割にはしっかり体は温まりました。

貴重品のロッカーも無料で利用できる物が脱衣所に設置して有りました。

湯上り後は、地下のロビー(?)で女性陣を待ちます。

畳みの椅子でノンビリと。

地元の方が結構利用されている様で、会合の話やどこそこの息子が就職で~とか、ローカルな話題が耳に入りながら待ってました。

女性陣と合流して再び1階フロアへあがり、ここにある食事施設をみてみました。

色々な種類の食事が有る様子。

もし車中泊するなら・・・ここで夕食を済ませてしまうのが得策。

ここで3人で話し合い、一か八か車中泊に挑戦してみようか!と言う事で決定。

幸い4月と言う事もあり、夜~朝の冷え込みも極寒とまでは行かないみたいなので。

と言う訳で、急遽ここで夕食タイムとしました。

ワタクシは南郷名物のトマトを使ったトマトラーメン。

少しピリ辛な感じの味噌ベースのラーメン。

トマトの風味がサッパリ感を醸し出してて・・・美味しいんですね、トマトラーメンって。

さて娘殿は主食のポテト。

高畑のレストランでは販売終了となってしまっていたので、娘殿は大喜び。

ついでに大人のツマミにタコの唐揚げも。

それから本当のメインの食事として、ここでも半カレー。

ただし、ここの半カレーはほぼ普通のサイズ。

娘殿が食べ切れなかった分は我々親がいただきましたが、普通に美味しかった。

嫁さんは、

ピザを注文。

皆で摘めるし・・・と言う事で。

もちろんビールも頼んでましたが。

ワタクシはドライZEROで乾杯。

一通り食してみて・・・すいません、道の駅の食事だから期待してませんでしたが、大間違いでした

ピザは冷凍物かと思いきや、生地にトッピングして焼き上げてるし!

ポテトも値段の割に山盛りだし、タコの唐揚げはシッカリ水分が飛んでて下手なチェーンの居酒屋よりも美味いと言う・・・。

立派に美味しい食事をいただき、暫し休憩所でマッタリした後は再び高畑の駐車場へ。

到着したのは20時半頃でしたが、真っ暗な駐車場には数台の車が。

車中泊組が既に何組か落ち着いている様子。

周りに迷惑かけない様、ヒッソリとベッドと寝袋をセッティングしてからセカンドハウスにて歯磨き。

不安と興奮でドキドキしながらも、21時過ぎには就寝となりました。

『車でお泊り!!』と興奮していた娘殿も、寝袋の中でしばらくモゾモゾ暴れておりましたが30分後には爆睡状態に。

その後、我々も眠りに落ちて・・・1時間後の22時半に目が覚めて。

横を見ると嫁さんも同じく目が覚めた様子。

2人で同時に出た言葉は・・・『暑い・・・

娘はスヤスヤ寝ておりましたが、額に汗かいてるし。

この段階では外気温もそれ程下がっていない為、厚着+寝袋(-10度対応)+広げた寝袋(掛け布団代わり)では暑かった様子。

一旦車外に出てクールダウンついでにセカンドハウスのトレイに。

こちらでは車中泊組の方が2人、ストーブの前で酒を交しながら語らっておりました。

トイレから戻り、着衣を軽くして再び就寝。

さあ、無事朝を迎える事が出来るでしょうか・・・。

つづく・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自転車乗車記録@3月29日

2017年03月29日 23時10分16秒 | 自転車乗車記録

本日もお仕事ついでに自転車で帰宅・・・な乗車です。

とりあえず走行データから。

<H29年3月29日>
走行時間:1時間41分47秒
走行距離:43.56km
平均速度:24.4km/h
最高速度:47.0km/h
年間距離:379.55km
積算距離:10,390km

前回が1ヶ月以上空いての乗車だったからか異様なほど脚が重く感じましたが、今回はそれ程でも無く。

風の影響も有るのかな?

今日は進行方向基準で風向き的にほとんど無風に近い横風だったので、影響が無い状況だったので。

3月は本日と23日の2日だけしか乗ってませんね。

3月は残り2日有りますが、今の所乗る予定は無いし・・・。

3月の走行距離は85kmだけで終わりそうですね、これは。

このペースだと、年間で1,200km程度か!?

それじゃダメだな~・・・。

でもその分、1~3月は、雪上の滑走距離は伸びてたので仕方ないか

これから自転車に乗るには気持ちの良いシーズンとなって来るので、100km越えライドが出来るかな~。

・・・とその前に、サドルの調子がイマイチよろしくない

何か”フチ”が若干めくれて来てるみたいで、ペダリングの際に内腿に干渉してる時がある気がする・・・。

実は交換しようと手に入れていたサドル(もちろん中古!)が有るので、近々交換&セッティングでもするかな~

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スキー滑走記16-17@3月26日(高畑スキー場)

2017年03月26日 23時17分26秒 | スキー

今シーズン14日目のスキー滑走。

場所はホームゲレンデ、高畑スキー場。



今日で通常営業は最終日。

早いものです・・・

昨日の降雪に続き今朝も降っていたみたいなので、3月末にして雪道か?と思って来てみましたが、5時に家を出てから終始ウェットまたはハーフウェットな状態でした。

終始と言っても、自宅から山王トンネル過ぎまでは雨でしたけど。

途中の温度計。



今朝は上手く数字が写りました(遠いけど)

そんな感じで3時間半程の移動時間で8時半に無事到着。

最終日なので、結構混んでるかも・・・と思ってましたが、意外と空いてる??

今シーズン二度目の有料駐車場にも停められました。

少し前までなら8時半では絶対空いてなかったのに。

イソイソと準備をして、早速ゲレンデに向かいます。

本日1本目のブラックリフトから。

・・・やっぱり空いてる?

滑走する人の音は、『ガリガリー!』っと、固そうだな

まぁ、気温もそこまで下がり切らないだろうから、いずれ緩んでくるのかな?と。

さてこの時で9時をまわっておりましたが、駐車場はこんな具合。

数年前までの高畑の土日の光景に戻った感じ。

最終日=雪質を望めないと言う事で、敬遠した方も多かったのでしょうか。

ブラックリフトを降りてみると、意外と雪の感じが良いのでは?と。

そのままの勢いで、オレンジリフトに乗車。

オレンジな後頭部とオレンジな支柱。

今日の天気は一日こんな感じで、雪も降ってましたね。

お蔭で日焼け止めも不要。

と、オレンジ山頂に到着。

嫁さんと娘殿、女性2人で。

スッカリ一人前のスキーヤーになったもんだ・・・と。

オレンジアウトを滑走するも、雪の塊(ジャガイモって言うの?)がゴロゴロとしてて結構滑り辛そうな娘殿。

とは言いつつも、子供特有の低重心プルークでガシガシ滑ってました。

何度か転んでたみたいですが

その後は大好きなウェーブのあるブルーハイウェイとオレンジアウトを行ったり来たり。

午前中はそんな感じで楽しんでました。

センターハウスに戻って来ると、GRIさん御夫婦とhirokamaさんにお会いしてご挨拶。

GRIさんはテクニカルプライズテストに合格されて、スゴイお方!

燻製はプロ級だし、スキーも上手いし・・・憧れますね

hirokamaさんもスキーが上手いし、自転車乗りでもあるし・・・マルチな才能をお持ちの方。

この日は車中泊についてのアドバイスをいただきまして、感謝感謝です

さて昼食の時間です。

レストランのメニューは最終日と言う事も有り品切れが続出状態。

そんな中でも、前回食して美味しかったこちらはありました。

みそ煮込みカツ丼。

前回よりもみそ感が強くなった様な・・・?気のせい?

いずれにしても美味しくいただきました

嫁さんは揚げ玉蕎麦の代わりとしてかき揚蕎麦とメインのビール。

それと暫くぶりに復活してたクレープ。

揚げ玉が無くなっちゃったとかで、代わりにかき揚になったそうです。

娘殿は半カレーとオレンジジュース。

主食のフライドポテトが売り切れで残念。

それにしても福神漬けが多い・・・。

”カレーのトッピングに福神漬け”なのか、”福神漬けのトッピングにカレー”なのか?と言う感じ。

あとは高畑と言えば唐揚げ。

3個入りのハーフを3人で1個ずつ。

これも毎回の様に食べてたな~・・・。

レストラン内では”くまさん”ともお会い出来て、最終日に色んな方とお会い出来て良かったな~と。

昼食を終えてゲレンデへ向かうべくレストランを出ると、

掲示板にスキー場からのメッセージが。

昨年は雪不足で大変な苦労をされてましたが、今年は豊富な積雪で素敵なスキー場を作り上げてくれてました。

こちらこそ感謝です。

また来シーズンもお世話になりますね!(是非素敵な価格のシーズン券の継続を・・・)

さて午後の滑走。

雪面のカリカリ感は無くなって、猪谷ゲレンデは少し春らしい感じの柔らかさが出て来た感じ。

でも、例年のこの時期に比べると全然OKなコンディションなのではないでしょうか。

続いて乗車したブルーリフトからの景色。

相変わらず雪は降り続きておりました。

ここのブルーセンター下部の斜面、なんとなく滑り易くて家族揃って練習したっけな~。

そんな甲斐もあって(?)か、娘殿はメキメキと上達。

今シーズンの集大成として、とうとうコブ斜面も滑る様になりまして。

ブルーイン下部のコブライン。

鬼の様なプルークでノンストップで滑り切る様になってる・・・。

しかもその後、オレンジリフト脇のコブラインにも挑戦してるし・・・。

その場にいらっしゃった、めざ師さん御家族にも応援していただいて、なんとか滑り切った4歳児。

コブの事を『小さいお山』と呼んで、何でも楽しいのだそうで。

ん~・・・既に負けてる気がしてきました

今シーズンで”ヒモ”と”ボーゲンヘルパー”から卒業してストックも持つ様になったし。

終いにはコブ斜面まで行く様になるとは。

まぁ・・・親としては嬉しい限りですが、呆気なく抜かれそうで危機感が出て来ました

最後は大好きなブルーリフトの係の方々に最後の挨拶もしてきた娘殿。

皆さん、こぼれる様な笑顔で『また来てね!』って。

何か、こういう所が”暖かい”ですよね、高畑スキー場って。

止められません

ゲレンデを後にしてセンターハウス内で再び”くまさん”にお会い出来て、お借りしていた”ヒモ”を正式にお返し出来ました。

3代目として”ヒモ”から無事卒業出来た事を報告し、4代目高畑チョッカリキッズへ引き継いで下さる事になりました。

すでにターゲットは気まっているそうです

来シーズンは4代目にお会い出来るのが楽しみです。

さてスキー場を後にして、いつもの場所で疲れを流して帰ります。

湯西川温泉。

娘殿の強い願望で、今回はワタクシと一緒に男湯に。

空いていたので・・・、4歳児なのでご容赦下さい

湯上り時に、脱衣所にてGRIさんと遭遇。

菜華楼で夕食を満喫して来たとの事。

・・・御一緒したかった

そこでご挨拶して、温泉へ行かれるGRIさんをお見送り。

その後ドライヤーで娘殿の髪を乾かしていると、今度はめざ師さんとKAZ君が登場。

めざ師さんには車中泊のエアーマットなどについてレクチャーをいただきまして、感謝です

その間、KAZ君と娘殿は脱衣所で鬼ごっこ状態

また来シーズンも高畑で逢いましょう!と約束して、その場を後にしました。

雨で視界が悪い状態でしたが、安全運転に徹して21時30分過ぎに無事帰宅。

さて高畑では多くの方とお知り合いになれた事で、今まで以上に”ホーム感”が生まれて来ました。

本当に居心地が良いスキー場です

今シーズンは夫婦してインフルエンザだったり、ワタクシの足の怪我だったりと、何かと障害に阻まれていた感もありました。

でも無事最終日に高畑に来れたから良かった!

終わり良ければ・・・と言う事で

本日で通常営業が終了となり、本格的な来期のシーズンinまでは暫く高畑スキーはお預けとなります。

高畑スキー場でお相手して下さった皆様、スタッフの方々、関係者の方々、非常にお世話になりました

また来シーズンも宜しくお願いします

さてリバースモード、どうしようかな~

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加