答えは身体が知っている

セラピスト兼アスレティックトレーナーが自分の好きな事や日々感じた事を書く、息抜きブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界陸上北京 男女100mを終えて

2015-08-25 22:50:02 | 陸上競技
男女の100m決勝を観て、
「自分の技術課題に集中し、自分の最善の走り徹した選手が強かった」という
当たり前のことを再確認させられた。

男子のウサイン・ボルトと女子のシェリー-アン・フレイザー-プライス,
この二人は、決勝で自分の最善の走りに集中していて、
他の選手に惑わされない完璧なレースをした。
女子の2位に入った、オランダのD・シパーズの走りも見事だった。

男子のジャスティン・ガトリンは、70m過ぎくらいまでは完璧だったが、
残りの距離ではボルトを意識してフォームを乱してしまった。
特に残り5~6歩の所から体を前に倒しすぎて、
残り6~5歩では前に倒しすぎた体のバランスをとるために
右腕を前に引き出せずに上に挙げてしまっている。
残り4~3歩でもやはり右腕はうわずっている。
VTRで確認できる。
体を前に倒しすぎたことにより骨盤も前に倒れ過ぎ、
後方で離地した脚を前方に出すタイミングが遅れて、
ピッチが遅くなってしまった。
加速から中盤そしてトップスピードに上げるまでは、
ガトリンのピッチはボルトよりも明らかに速い。
それが、残り10mではほぼボルトくらいのピッチに落ちている。
これが、ボルトに破れた原因であろう。

準決勝でボルトがスタート直後にバランスを崩し(3~4歩目くらい)、
9秒96とタイムが伸びなかったことが影響しているのかもしれない。
ボルトは、準決勝の失敗やガトリンが好タイムを出していたことに動揺せず、
決勝ではスタートから加速を(現時点では)完璧といえる出来で走った。
一方、予選、準決勝と他のものを寄せ付けない圧倒的な走りで
好調なことを確信したであろうガトリンは、
決勝レースでスタートから完璧な加速をしたのにボルトがほぼ横並びなのに気付いたことで、
焦り(力み)が出て来たてしままったのではないだろうか?
そのまま自分のレースを完璧にやり遂げることに集中していれば、
ガトリン勝てたのではないだろうか?
しかし、”あの”ボルトが自分に迫っていることに気付いた時、
自分を信じきれず前に行きたい気持ちが上体の過剰な前傾につながってしまった。
と考える。


ところで、今大会の100m、400mレースで、
世界のトップをうかがう合うプリンター達のレベルが
上がっていることを強く感じる。
日本人のスプリンターは、そのレベルアップしている勢力に入っていない。
走りを見ても、後方で膝が伸び切り脚が後に行き過ぎている。
そのためにで骨盤が下方で大腿に後に引っ張られて前傾し、
それがまた脚が後方に流れることにつながっているし、
ピッチを上げられない(終盤ピッチを落とす)ことにつながっている。
男子決勝に残った中国の蘇 炳添は、
脚を後方に流さず体の前方~下方で捌き、
骨盤も前傾させられず体幹が動揺すること無くしっかりと安定し、
ピッチも大きく落とさずに最後まで走り切っていた(特に準決勝)。
予選では日本の高瀬慧選手が隣を走っていたので、
その違いがハッキリと見て取れる。

世界トップスプリント技術のポイントはわかっているのだから、
はやくそれを体現できる選手を(いやそうした選手を生む指導を)
日本でも見てみたいものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父に群大病院泌尿器科を受診させるということ

2012-07-09 22:38:58 | 私生活の記
今日は、父を群馬大学付属病院泌尿器科で受診(前立腺癌)させた。
本来は別の曜日なのだが、
主治医の先生の都合で今回だけ月曜となった。
予想どおり、大変な混雑だった。

毎度のことだが、父を病院の正面玄関前で降ろし、
自分で受付(機械)をさせる。
父は、そのまま採血室に向い、
そちらでの受付後血液検査のための採血を受ける。
その間に、僕は駐車場に車を置きにいくわけだが、
大変な混雑で駐車場に入れるだけで30分くらいかかったのではないか!?
病院に入って父を採血室か泌尿器科の待合所(廊下)で合流するわけだが、
今日は採血室前で丁度採決後の父に会った。

診察室前のベンチに移動したのが10時40分頃。
ここで、父にアクエリアスのペットボトル(500ml)を渡した。

診察が始まったのが11時30分頃で、
この時点でアクエリアスのペットボトルは空になっていた。

診察はすぐに終わり、父を正面玄関近くのベンチに移動させ、
こちらは別行動で会計(機械)を済ませたのが11時50分頃。
父に2本目のアクエリアスのペットボトル(500ml)を渡し、薬局へ。
この時点で、午後1時開始のピラティスマットクラスへの参加は諦めた。

薬局(群大病院正面の向い側)で薬を受け取り会計を済ませ、
父の元に帰ったのが12時30分。
2本目のアクエリアスのペットボトルも空になっていた。

12時45分に待ち合わせておいて、
(今度はポカリスエット500mlを買って)
駐車場から車を移動させ、
正面玄関前で父を拾い、家に着いたのが13時15分頃。

家では、すぐに父の昼食を用意し食べさせた。
群大病院泌尿器科に行くときは、
大体帰りが12時半~13時頃になるのでヘルパーを呼ばない。
僕が父の昼食を用意することになる。
メインのおかずはレトルト食品。今日は親子丼。
その他は昨日ヘルパーさんが作ったおかずの残りを適当に出す。

父の昼食中に、ホウレンソウを茹でて胡麻和えを作り、
洗濯物を取り込み、新たに洗濯をし、
庭の木や野菜や朝顔などに水をやるなど、
なんやかんやでいつの間にか14時30分。

大急ぎで家を出て、途中弁当を買って食べ、
15時からの仕事の予約に間に合わせた。
仕事は、知り合いの同業者の家の部屋を借りて治療(施術)室としている。
自宅から車で5~6分の有馬と言う所にある。

17時に自宅に戻り、またもやなんやかんやと家の事をしてから、
17時30分過ぎに父を石北医院に連れて行った。
前回にも書いた左前腕の傷が、まだ治り切らないうちに、
塗り薬が終わってしまったので。
右肘の近くも新たに怪我をしたらしい(デイサービスで発見・処置してくれた)。
両腕の治療をしてもらい、塗り薬をたっぷり出してもらって帰宅。

父だけを家に入れ、ちょっと庭先で一休みするつもりが、
茄子が大きくなっていたので収穫し、
さらに小石を撒いてある通路部分に生えた雑草が気になり、
徹底的に根こそぎ取り除いていた。
家に入ると、既に父の夕食準備の時間(19時)であった。

父を群大病院に通わせる日は、いろいろとせわしない。

↑ 何か、下手な子どもの作文のようだなぁ(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父の左前腕の傷とガーゼ交換

2012-07-02 22:58:09 | 私生活の記


父の介護生活9ヶ月半経過。

現在、父の前立腺癌(骨に転移あり)の治療は、
薬を飲んでいるだけであるが、
一緒に処方されている薬の影響で
出血が止まりにくくなっている。
ちょっとしたことで、すぐに皮下出血が起き、
大きな青あざが良くできる。
しかも、皮膚が薄紙のように薄く弱いため、
ちょっと何処かにぶつけたりすると皮膚が裂ける。

1度何処かにぶつけて青あざができ、
2度目で皮膚が裂け出血する。
特にそういうことが起き易いのは、前腕である。

5日程前に、
左の前腕の皮膚が裂け、
しかもその切れ端がずれてしまい、
大きく口を開けてしまった。
長さは約10cm、幅は最大で2cmくらいあった。

翌日に、この父の傷を、
群馬スポーツサイエンス研究会の現会長であり、
研究会を通じて親交のある石北ドクターに診察してもらい、
塗り薬を処方してもらうとともに、
毎日の処置を指導して頂いた。
初日は慣れないので上手くいかないところがあり、
2日目にデイサービスに通っている施設でやって頂いたが、
傷口にガーゼが貼り付いてしまったため
それを剥がして元の木阿弥になってしまった。
3日目から僕自身が処置をすべてやることにした。

たっぷりと厚く薬をガーゼに塗ってから
薬で傷口を被うようにガーゼを傷ぎ口に当て、
ガーゼが傷口に貼りつかないようにした。
それを朝と夜の一日2回行なった。
そして4日目の今日は、
ようやく傷口が乾いてきて、ほとんど再出血の心配が無くなってきた。
石北医院で父を診てもらい、
良好な経過であると言ってもらった。
あと2日もすれば、包帯は要らなくなるだろう。

それにしても、老人の体は扱いが難しいものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラタモリを気取る 神宮外苑

2012-04-07 00:04:26 | 私生活の記
一昨日(4/5木曜)、
南青山にあるピラティススタジオA・CORE(アコア)(表参道駅近く)で
船引怜美トレーナーのセッションを受けた後、
少し時間があったので『ブラタモリ』することにした。       ※1

先週放送のあった神宮外苑を巡り、
ブラタモスポットを訪ねようと言う趣向である。
何故かと言えば、アコアから近いこともさることながら、
大学時代から何度も国立競技場に行っているのに、
銀杏並木を通ったことがなかったから、
と言うよりも銀杏並木のことを知らなかったから
一度行ってみたくなったのである。

細かいことを省くが、結局『ブラタモリ』で紹介されたスポットのうち、
国立競技場の周囲を何度も通ってうろちょろし、
東京体育館の裏と側面を巡り、
富士塚のある鳩森八幡神社の境内を散策し、
津田塾大学そばで電柱に「徳川」の文字を探し(3本確認)、
⑤いよいよ銀杏並木に向かい、道路の両サイドの並木を往復し、
⑥ついでに外苑の入り口の石垣を確認し、
⑦遠目で水明亭(旧外苑休憩所)を眺めつつ信濃町駅に到着。
国立競技場は、大学時代に2度インカレで走り、
トレーナーとしても中で何度か活動した特別な思いのある場所。
東京体育館は、専門学校時代によくプールに泳ぎに行った馴染みの場所。
鳩森八幡神社は忘れていたのに偶然行き着いた。

信濃町駅は、専門学校時代に家庭教師のアルバイトをしたお宅の最寄駅。
創価学会関係の建物群のそばを抜け、
高級マンションにあるそのお宅に3年近く通った。
最初は小6と小4の可愛い兄妹だった。

そんな想い出にもふけりながら歩いていたが、
信濃町から四ッ谷3丁目に通じていると知って
そのまま歩き続けることにした。
目指すは楽歩堂靴店新宿御苑店
その途中、新宿通り沿いで買い物を終え
小さな店から息子さんと出てきたパックン(パトリック・ハーラン)と遭遇。
ニッコリ笑いかけた(パックンも笑った)が、言葉はかけなかった。
「英語でしゃべらナイト、観てましたよ」くらい言えば良かったかな?

楽歩堂靴店新宿御苑店には20分も滞在しただろうか?
木下店長と少し話したが、
既に午後6時を回っていたので長居はしなかった。
靴ひも2セット買った。

そのまま新宿駅まで歩いていくことにしたので、
トータルで2時間半は歩き回ったことになる。
新宿駅に向った結果『追分だんご本舗』を見つけたので、
ブラタモリ 新宿誕生編』で取り上げた
追分(甲州街道と青梅街道が分岐する地点)に由来するお店が
今回訪れたスポットに期せずして加わった。

いや、我ながらよく歩いたと思う。



※1 『ブラタモリ』することにした

このアコアからブラタモリというパターンは、
去年の東日本大震災の直前にもやったことがあった。
(『ある休日の過ごし方 2』)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拾い読み書評 ランニング入門書?2冊

2012-02-06 23:34:40 | スポーツ全般
けやきウォーク前橋1Fにある紀伊國屋書店で立ち読みした2冊のランニング入門書について、
自分なりに評価してみたい。



『ランニング・スタート・バイブル』渡辺康幸著(日本文芸社)
(立ち読み時間:約10分)
早稲田大学競走部駅伝監督の渡辺康幸氏によるランニング入門書。
内容は、特別目新しいことも、独自性も感じられない。

ランニングで、骨盤の動きを強調してはいけないだろう。
骨盤は固定。動くのは股関節(下肢)。

一流ランナーはすべて、足裏全体で接地していると書いているが、
本当だろうか?
フラットに着くというのを何故かもてはやす向きもあるが、
何故そうなのかを考察していないであろう。
現在はまだ踵接地でも良いのである。
スピードが速くなると踵接地できなくなる。
例えば短距離走がそうである。
しかし、前足部で接地しようとしてそうしているのでもなければ、
そうした方が早く走れるからそうしているわけでもない。
ある程度以上速く走ると、否が応でもそうなってしまうだけである。
長距離走の場合、ラストスパート以外では、
まだそこまでのスピードには達していないであろう。

まあ、渡辺監督は、単に一流選手がいつのまにか指導者になっただけである。
科学的な説得力が感じられない。
客員准教授という肩書きはあっても、
自身で学術的に研究したことがないのであろう。
試しにCiNiiで渡辺氏著の論文が無いか検索してみたが、
予想どおり無かった。               注1

人に薦められる程の本ではないと感じる。
(市民ランナー向け、一般人向けの入門書を書くには適して
 ないんじゃないかということ。大学での指導者としての評
 価はまた別であるし、ここではそうした評価はしていない。)


『eA式マラソン“新常識”トレーニング』鈴木彰著(ナツメ社)
(立ち読み時間:約15分)
ランナ-・アスリ-トをサポ-トするマラソン・ランニングサイト「@runner」や
ランニングクラブ「e-Athletes」を運営するNPO法人あっとランナー代表理事で
e-Athletesヘッドコーチの鈴木彰氏の著したランニング入門書。
おそらくフルマラソンまで目指したい人向けと思われる。
内容は、科学研究に裏打ちされた説明が
わかりやすくできていると思う。
走フォームについては、
「このようなフォームを」というようなモデルを見せると言う手法では無く、
走フォームを作る(動きづくり)のトレーニングとして
「スキップ」「ハイ・ニー(もも上げ)」
「ウインドスプリント(流し)」の3つを紹介している。
このように、
自然に効率的で良いフォームに導くためのトレーニングを紹介することは
ある”型”に自分の動きを当てはめようとする良い指導法だと思う。
(起伏地のランニングなど、もう少しバラエティが豊かだともっと良い。)

理論的な背景には、
共に@runnerを立ち上げた山本正彦氏(現東京工芸大学助教)の
存在が影響しているのであろう。
もちろん、他にもいろいろな方の教え等を受けながら
今日のランニング指導の理論を構築しているのでしょうが。

鈴木彰氏は、関東学園大学(群馬県太田市)陸上部監督だった。
もう10年以上前、
陸上の関東インカレの時、山西哲郎先生のお供をして、
鈴木氏がネット上でのランニングクラブを作る構想を
居酒屋(横浜?)で話していたことを記憶している。
また、山本氏は関東学院大学陸上部の出身で、
群馬大学大学院に入り山西先生の指導を受けておられ、
その頃は僕も何度も顔を合わせた。
そうした縁があるから書くのではないが、
渡辺氏の本よりも本書の方がずっと優れて役立つと思う。



注1 CiNii

国立情報学研究所(NII)という機関が行なっている
論文や図書・雑誌などの学術情報を検索できるデータベース・サービス。
日本国内の学術論文を探すのに便利で、
僕のような素人でも利用できる。




↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加