お墓のブログ始めました!

お墓について、良い思い出や、困ったことありませんか?
普段あまり触れないお墓について、情報交換しましょう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

母の記憶力

2017-02-13 12:49:07 | 日記
2016年4月21日

       母がお世話になっているお寺さんに、納骨できない事情を電話で話す。
       ご住職のアドバイスで、誰の骨かわからないものは、何事か事件性があってはいけないので警察にも通報する様言われる。
       その夜9時ごろ、警察が合計5人来母は事情をきかれる。
       私は不在だったので、警察と電話で話す。
       警察には、今の段階では何もできないと言われる。
       母が警察と話し合い、父の骨が入っている骨まで無くなるといけないので、警察同意の上、
       母の判断で、念のためさらしの包んだ持骨と、先祖のものと言われたビニール袋を持ち帰る。
       警察官が家まで送ってくれる。


警察の対応は悪くはないが、実は母には言えなかったことがあります。
私に電話があったとき警察はまず「お母様は大丈夫ですか?」
ピンときました。母はボケてないか、という意味です。
内心ムッとしましたが、心を静めて「いたってしっかりしています。」みたいなことを言いました。
警察も信じてはくれたようです。


実は、本当に不思議な出来事が続くので私も母の記憶力を100%信じることができず、
これまでの出来事をできるだけ詳しく書き出し、思い出せる限りの、その場、状況での会話や言葉も書き出すように言いました。
母は自信ありげに、自分のつけている家計簿や、その日の出来事のメモなどを見ながら書き出してくれました。
その後も、出てくる出てくる。あの時ああだった、こう言った。
確かに、普段の生活でも記憶力は私が負けるくらいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 写真ご覧いただきました? | トップ | これが持ち帰った骨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。