ぼちぼち台北~住めば都~

すでに在住?年目。台湾での日々の生活をちょこっと記録することにしました。
(*画像転載不可)

『紀州庵』

2017-04-04 22:20:55 | 日記

世間は清明節なのですが、本当にこの連休は用事がないので、

どんどん紹介していきたいと思います。

(ほとんどの人は旅行かお里に帰省なので、暇です・・・)

 

古亭駅の近くに、再建された日本家屋があります。

元々は料亭だったそうです。

今は、平屋と、その隣にレストラン兼おみやげ店があります。

 

平屋の外観はこんな感じです。

中に入って見学することができます(無料)。こじんまりしています。

日によっては、ボランティアのガイドさんがいて、案内してくれます(ただし中国語)。

台の上にあるのは絵本で、ボランティアさんが読み聞かせをしてくれる時間も

あるようです。

 

中は、畳の間があります。

写真には写っていないのですが、手前には床の間や茶箪笥があって、

その中には、日本時代のお役人さんの欠勤届(缺席届)がありました

(おそらく実物ですが、お名前が入っていたのであえて撮らず)。

 

こちらの建物は、日本家屋を再現に重きを置いたというよりは

最初から見学を意識して再建された建物と思われます。

柱などははなから湿気を吸わないよう加工されていますし、

壁は、一部、構造を知るために中まで見えるようになっています。

 

意外だったのは、ガイドさんに案内された10数人の台湾の方のうち、

畳の上で正座する人は誰一人いなかったことと、誰も畳の縁や敷居を

よけていなかったことです。何年も生活するうちに最近は習慣の違いも

ほとんど感じることがなかったのですが、こういうときには、やっぱり自分は

日本人だったんだなあと思いました。妙な感想ですね。

 

この建物の隣には、モダンなレストラン兼おみやげ屋さんがあります。

レストランでは、台湾の作家さんの名を冠したメニューがあったり、

おみやげ屋さんでは、日本時代の当時の絵葉書が販売されていました。

お天気がよければ、ちょっと散歩がてらのんびりするのにいいかもしれません。

15分もあれば、ひととおり見て回れます。

 

『紀州庵』←リンクがうまく貼れないのですが、ウェブサイトがあります。

MRT古亭駅2番出口から徒歩10分くらいです。

(駅近くに標識が出ています)

臺北市同安街 107 號

02-23687577

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道展 | トップ | 魔法列車doremi »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事