poco a bocco

自然の素材がもつぬくもりやパワーに助けられての作品づくり
poco a poco のペースで進みます~♪

たのくろ たのくろ

2017-03-20 23:23:00 | あれこれ
近隣に点在する畑ではすっかり作物がなくなり、耕された土がきれいに整えられています。
その様子に、うろ覚えのこんなフレーズを思い出しました。

たんぽぽ たんぽぽ 春の花
光うつして 金のいろ…

たのくろ たのくろ 春のどろ
光うつして 金のいろ…

おぼろげな記憶をたぐってみると、子どものころに読んだ創作童話の中で、こんな歌を歌っていたのはたぶんヒバリです。
暖かな日差しの中で、たんぽぽは黄金色に光り輝き、ヒバリは歌いながら空高く飛び春を告げている、
お百姓さん(農家の方などと言うべきなのでしょうか)は黙々と鍬を動かし、
田のクロも鍬も光を反射してキラキラと輝いている…そんな光景が脳裏に浮かんできます。

“たのくろ” とは “田の畔”、
畔(くろ)塗りとは、田んぼから水が漏れないように泥を塗り固める作業のこと。
田んぼのアゼは畦または畔でクロともいうのだそうで、
ついでに言うと、畔柳さんはアゼヤナギさんではなくクロヤナギさんだというわけが、これでわかりました。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

畔ぬりの季節はもう少し先のことですが
金色に輝く春の日がやってくるのも、もう間もなくのことでしょう。
ふと気がつけば今日のBGMは軽快なウインナワルツを選んでいました。
Bocco の心持ちも徐々に春を求め、春に向かっているのかもしれません。
あ〜、“ひねもすのたり” していたい!!!……これこそが本音なのかも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もっとナマケモノに! | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Cafe の宿六)
2017-03-22 01:24:55
bocco 様

春の光りを受けて野の散歩。
新しい息吹が身近に感じられる嬉しい季節の到来。
散歩にとても好い季節ですね、新しい出会いを求めて
普段と違った道を・・・・。
Cafeの宿六さま (Bocco)
2017-03-25 11:24:08
野の散歩に絶好の季節が始まりましたね。
毎朝の通勤時にも、あちらこちらで花の姿が目に飛び込んできます。辛夷、木蓮、すもも、楮、山茱萸、菜の花、薺…等々、わずか20分弱の自転車での移動ですが、様々な植物が目を楽しませてくれます。
一度、うたた寝Cafeに咲く一面の水仙を拝見したいものです。黄水仙の香りはどんなでしょうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。