虞美人草

競馬予想を定期的・恣意的に行います。

17 高松宮記念・大阪杯 回顧

2017-04-05 22:50:03 | 予想
 久しぶりに。
 
 高松宮記念は馬場が悪く、適性がカギを握るレースになった。セイウンコウセイは苦しむ有力他馬を尻目にスイスイとした走り。タイトルはまだ先かと思っていたがここで優勝してしまった。重賞では今後重い斤量の克服もカギになるだろうか。レッッツゴードンキは完全に馬が良くなっている。今年は様々なレースで期待大。

 大阪杯。キタサンブラック完勝。マカヒキとサトノクラウンの凡走はある程度織り込み済みだった。マカヒキは欧州遠征以降明らかに往時の精彩を欠いている。サトノは古馬との対戦が始まった3歳秋以降、勝負になっているのは香港と京都の重馬場のみ。好走条件が限られすぎている。ヤマカツがステファノスを差せば一週前予想でバッチリ、だったがそこまでうまくはいかなかった。

 キタサンの今後については、また改めて書いてみたい。
 天皇賞が楽しみになったことは言うまでもない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17 春G1開始 先取り予想 | トップ | 17 桜花賞1 »

コメントを投稿

予想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL