ちびにゃんず

猫の里親をさがす会 毎週日曜日開催。葛飾区亀有3-32-18(第4は葛飾区亀有3-21-12カルチャ-スペースあい)

明けましておめでとうございます。

2018年01月05日 | Weblog
2018年が明けましたね^^


一昨年、昨年、ルナトン家保護猫の様子、巣立った様子などほとんどお知らせ出来ずにいましたが

今年は頑張ってUPしていこうと思います。

少しの間でも、どの猫も私にとっては救いたくて家に入れた愛おしい猫達。

里親さんからいただくお便りは、この活動をしている励みとなっています。





そして、この活動を続けられるのは

保護猫を迎えようとしてくれる方と

こういった活動があるよと広げてくださる方と

ご支援をしてくださる方と

応援してくださる方がいなけれが成り立たない活動だと思っています。



ブログは
単調だったり
更新してなかったり
細かく説明出来なかったり
どこかスコーンと抜けていたり
山あり谷ありのドキドキ感は無いブログですが
裏事情はけっこうハードなんです^^;
逐一お伝え出来ない体力面と精神面が最近さらに、、、
更年期だ!そうだそうだ!なんて自分を擁護し・・・
そんな頼りないルナトンへ保護猫からも不満が出そうで怖いですが


今年もサボりながらこなして行きたいと思います^^
そして、そんなブログで申し訳ないのですが
訪問してくれたら嬉しいです。



今年一年無事でいられる様、お参りしてきました。
自分の住所と名前を言って、昨年のお礼と今年の祈願を。

猫の里親をさがす会
今年もよろしくお願い致します。

年明け初の里親会は1月7日
皆様のお越しをお待ちしています!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 ありがとうございました!

2017年12月31日 | Weblog
亀有で里親会を開催し始めて11年。

大きな事は出来ませんが

地道にコツコツとTNRをし

全てに手を差しのべる事は出来ませんが

行く場所のない猫を保護し

各保護主さんが里親さんに繋げて来ました。

はたして、それで不幸な猫が減っているのかと言えば

いえ、減ってはいません。


でも、今里親さんの愛情に包まれている猫は沢山います。

薄っぺらい身体でうずくまっていた猫が

誰にも知られずに死ぬ事なく

わがままを言って里親さんを困らせている幸せを

噛みしめています。



行ったり来たり

同じ事を繰り返す

無駄なんてないのです。

イタチごっこでもないのです。

不幸な命を増やしたくない

そう思う人が沢山いて

そんな事さえ思わない人が

少なくなります様に。


2017年、この活動を応援して下さった皆様へ
ありがとうございました!
来年も宜しくお願い致します。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

橋の上の仔猫

2017年12月06日 | Weblog
保護するかどうかには

いろいろな状況があって

自身のキャパなど言っている場合ではない事は

時にあります。







薄手のコートを羽織らなければ肌寒くなった11月の初め

知らせを受けて向かったのは

片側2車線の大きな橋の上でした。




仔猫が1頭、橋の上にいる。

車が昼夜問わず走り

下は大きな川が流れている。





橋の欄干の間で鳴いていた仔猫は

近づけば逃げようとし

1歩間違えれば子猫は惹かれるか溺れるか。


酷く怯えた子猫を視界の隅に確認しながら

捕獲器を慎重に置き

息を殺して見守りました。




そして無事保護する事が出来たのです。




仔猫がどうしてここに居るのかは分かりませんが

捨てられたにしろ、自力で上がって来たにしろ

その先にある不幸を想像すると切なくなりました。

ですが、不幸と隣り合わせに生きている猫は数えきれない程いるのです。








『あなたは橋の下から拾ってきたのよ』

なんて、よく言いますが

橋の上から拾ってきた子猫

仮名をブリッジと言います。





ブリ君は里親さんを募集しています^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボンボンとミミの過去

2017年09月12日 | Weblog
【長い時間】

この一言を簡単に私が言ってしまうのは
この子達には軽すぎて
一生懸命生きてきたボンボンとミミに
どんなプロフィールを書けば良いのか
うまい言葉が浮かびません。



長生きな猫で言えば、約半分の時をケージの中で暮らしてきました。

人に触れられ撫でてもらう幸せや

ふとした悪戯に心が踊ったりする事も知りません。

走り方を知りません。

囚われの身なら、野良猫の方が100倍マシ。



子猫から今まで、普通の事を知らなかったボンボンとミミは
自由にしてねと、狭い我が家の一部屋を専用にしました。
部屋のドアは開けてありますが、リビング手前の廊下までしか来られないのは
ボンボンを敵視しているルナトン家飼い猫が居るから。


少しでも自由にして欲しくて連れて来たのに
これじゃ、あまり変わらない、、ゴメンね。
早く里親さんを探さなきゃ
ボンボンとミミに沢山の時間はありません。


ボンボン オス
大柄で迫力のある顔つきですが、
性格はとても穏やかです。
少し気の小さいところもありますが
控えめに身体を寄せてきます。
ブラッシングが大好きでゴロゴロ言います。


ミミ メス
環境の変化に弱い子です。
人を信じるまでに時間が掛かります。
いまだに、触るとシャーします。
密接に人と関わった事がないままでしたので仕方ないと思っています。




ボンボンもミミも健康状態は良く
悪い所は見当たりません。
ノンキャリア、不妊去勢済
よく食べるので我が家に来てから太り気味です。。


ふたり一緒でなくても大丈夫です。
里親様を募集しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またまた黒ちゃんず

2017年08月30日 | Weblog


黒猫二頭、離乳期サイズ。
今期ルナトン家5頭目の黒猫です。(←黒猫集めてる訳じゃなし)


片方はバシバシ食べるが、片方は自力で食べるそぶりが全くなく
飲めや歌えやで、いや、
飲めや食えや寝ろやで1日が終わります。。

勿論恒例の会社同伴出勤です。


で、黒猫くうちゃん(7歳女子)は昨日からトライアルに行きました^_^

(ルナトン家にて)

ご飯も食べたし、トイレもしたとの事、くうちゃん頑張ってます。


そしてそして
ココアと

カカオは

里親さん募集中です!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポケモン!

2017年07月31日 | Weblog


ポケモンは子供の見るものだ!
ピカチュウがいて、何だか変なモンスターを集めるやつでしょ?
位の知識しかないルナトン。

訳ありでしぶしぶ観てきたのですが、、、


モンスターやピカチュウが保護猫とダブリ(は?)
前半からすでに涙腺崩壊・・・



皆様、明日は猫ブログを見るのをやめて
【ポケットモンスター キミにきめた!】
を見に行ったほうが。
※ハンカチ又はティッシュ要用意


お子さんのいる方は是非!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昨年巣立った子達続きます^^ノンノンとゴーヤ

2017年06月27日 | Weblog
昨年になりますが
巣立ちのご報告です。



ノンノン



少しシャイなノンノン
同じサイズの保護猫達と仲良くしながら人慣れも進みました。





すっかり甘えん坊の美猫に成長しています^^




新しいお名前はみーちゃんです。









ゴーヤ



エイズキャリアは問題じゃない
そんな里親さんの元、元気に過ごしています。





現在は東京から離れ遠くに行ってしまいましたが
大きくたくましく成長して、皆さんに可愛がってもらってます。





新しいお名前はルツ君、幸せにね!




なかなか追いつかない譲渡記事ですが・・・・
ポツポツUPしていきます^^;


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子育てしたくても出来なくなってしまった。

2017年05月31日 | Weblog
産む場所を探して、とある会社で出産してしまったのが
失敗だったのか、ある意味成功だったのか。




出勤したら親子猫がいるなんて思いもしないでしょう(^-^;
子育て出来るようにダンボールを外に置いて、会社からは出された親子猫ですが

母猫は思いもよらぬ緊急事態で、子育てどころではなくなって
姿を見せなくなった様です。






とりあえずチビ4頭、我が家とちゅう家で手分けして育ててます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新人さんいらっしゃい。

2017年05月19日 | Weblog
仔猫さんの季節になり

保護宅方にもポツポツ来てます。





ルナトン家に火曜日やってきたちび猫さん


あらら、2年前にやってきた



マギー  (里親さん宅で幸せにしてます^^)

を彷彿とさせる容姿と甘えっぷりです。





こちらがそのかた↓


マギたん2号



ルナトンは母となり、兄弟となり(⇐全く役不足)

お世話を楽しんでます。

仮名はモリー



マギたん同様、素敵な里親さんに出会えますように。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バイバイゴンタ。

2017年05月13日 | Weblog
愛犬ゴンタが亡くなりました。

ひと月前から急に立てなくなり

ご飯を食べなくなり。





保護した子の為年齢は定かではありません。


11年前の夏、ラーメン屋の前でポツンと座っていたのを思い出します。




散歩に連れて行ってもらえてないと思えた

ぐるっと巻いた爪と

数十メートル歩く度にゼエゼエ言う肥満体。




庭に繋ぎっぱなしの贖罪をするかのように

ご飯だけはふんだんに与えられていたのでしょう。




ビーグルではないか?と思い始めたのは

体と顔がだいぶ引き締まってきた頃で

飼育能力もない人にペットショップで買われた不幸な子犬、だったのだろうと想像しました。





どこまでも我慢強く、どこまでも愛くるしい。

ご近所の犬連れの方々にも、犬を飼っていない方々にも

沢山声を掛けてもらったゴンタ。









食いしん坊で拾い食いを阻止するのが大変な子でしたが

11年、沢山の思い出をありがとう。





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

迷子のティトが見つかりました!

2017年05月07日 | Weblog
5月7日午後、ティトが見つかりました!



前記事


『たぶん間違いない、チラシを何度も見て確認しました』

情報をいただいて、飼い主さんが現場に行き

ティトという呼びかけに反応している土管の中にいる猫を確保しました。

居なくなった日から2週間以上経っていますが

河川敷沿いに数百メートル南下した所だったそうです。

ティトは元気だとの事

やっとおうちに帰れるね。




拡散と、ご協力をしていただいた皆様、ありがとうございました!










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京都足立区扇よりベンガル猫・迷子になっています、情報をお寄せください。

2017年05月01日 | Weblog
5月7日見つかりました!!

拡散していただいた皆様ありがとうございました。




足立区扇よりベンガル猫が迷子になっています。

飼い主・猫 ともに、土地勘が全くありません。
捜索が難航する気配が濃厚の為、広く情報をお待ちしています。
(拡散のご協力・大歓迎です)

尚、該当猫はパニックになっている恐れがあり
見かけても、声を掛けたり、追ったりしないでください。

似たような猫がいましたら、 場所と見た時刻をご連絡下さい。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泥ん子猫

2017年04月02日 | Weblog
だいぶ前に一度だけ見かけていた子猫。

母とはぐれたらしく、ひとりでずっと泣いていたんだけど
その時は捕まえられなかった。

雨の中、ゴミ置場めがけて道路を横断する姿を再び目にし
捕獲器をセットして一時間。


首元は泥だらけ、温かいお湯でシャンプーしていたら
怖かったのか気持ちよかったのか、白っぽいウンチをポロリ。。


食べる物がなかったのか
ほとんどティッシュで出来た塊に
幼齢猫がひとりで生きていく過酷さを改めて感じました。



上はシャンプーする前





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巣立った子のご報告②

2017年03月09日 | Weblog
ピッピ改め蘭丸

ピャッ ピャッ  

冷え込みがきつくなった秋の公園
深夜聞こえてきた鳴き声をつきとめると
そこには産まれて数日の猫がタオルに包まれ置かれていました。


誰かが拾ってくれると思って捨てたのか、
誰かが気付かずにいたら、翌朝には冷たくなっていた命でした。


里親さんは縁あって、我が家からの猫を過去迎えてくれた方のご兄弟。
穏やかなお姉さんワンコのいる環境は、兄弟も無く他猫も知らないピッピには良いかもと
お願いすることになりました。


お姉さんに溺愛されてるピッピは蘭丸という名前をもらって

日々大きく成長しています。

舐められ過ぎて、頭がビショビショの写真で全ての様子が分かります^^

K様、蘭丸をお願い致します。
預かり青さん、ピッピを育ててくれてありがとう。






はなこ
アパート暮らしのご老人は小さな猫を貰い受けました。
自身の年齢や、その猫の先行きを考える事よりも
寂しさを紛らわす愛らしい仔猫。


数年が経ちおじいさんは急逝・・・
遠方から駆けつけた身内の方が部屋の後片付けをバタバタしている中、押入れに隠れていた猫。


畳の部屋の真ん中にポツンと置かれたはなこのトイレと
そんなはなこを数日間面倒見てくれた階下のおばさんと
はなこを囲んで困り切った身内の方々。。。


おじいさん、はなこは幸せにしています。

素直で飼い主さんだけを真っすぐ見つめるはなこは

おじいさんが沢山の愛情を注いでいたのだと感じています。

Kさん、はなこをよろしくお願いいたします。




おまけ

右のジャック(ルナトン家保有猫)に嫌がらせを受け。。。




卒猫続きます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巣立った子のご報告①

2017年03月08日 | Weblog
放りっぱなし状態のブログですが・・・ルナトンは生きています~

まとめて・・・まとめてで、申し訳ないのですが

巣立った子のご報告を順不同でザザーーーッとお伝えします^^;(逆から)




まずは
しょうへい&ごま



母?と一緒に夏に保護したしょうへい。
一度里親さんが決まるも、、、トライアル2週間中鳴きっぱなしでリタイヤ。
しょうへいは誰かと一緒か先住猫さんのいる家へと考えていました。



そんな、ひとりでは何も出来ないしょうへいは今幸せにしています。




自由奔放のごま、猫依存の高いしょうへい
ふたりは一緒にうまくやってます^^


Tさま、ふたりをお願いします。








ベル

母猫は生まれた2匹の子供達が離乳期に入ると
ご飯を口いっぱいに頬張り、子供達を隠している場所まで何度も往復しました。
育てている場所を特定し、子供達が大きくなるのを待って全頭手術の予定だったのですが
冬の寒さに1匹の子が持ちませんでした。

予定を変更し、子猫は保護、同時に母猫を捕獲し不妊手術へ。


『運命の猫です』とまで仰って下さった里親さんは
お届け時にガッツリ噛まれて・・・
ですが、そのお気持ちに迷いはなく
ベルを大切に、大切に育ててくれています


日々、家猫らしく

里親さんの愛情は

兄弟を失い、母と離れたベルの心を溶かしてくれました。

Iさま、ベルをお願いします。



続きまーす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加