Makuahine Mahalo

大好きなゴールデンレトリバーとの暮らし

箱根神社 大涌谷へ ~ゴールデンレトリバー Mahaloの旅~

2016-12-31 21:40:13 | 旅行

 いつともどおり、朝5時50分に起床。Mahaloは隣でまだ、夢の中。ママは、こっそり朝風呂へ。(温泉サイコ~!)30分後、お部屋に帰って来ると、部屋の中をMahaloがぐるぐる周回している。起きたらママが居なくて驚いたのだろう。ごめんね。
 さぁ、朝の散歩へ行こう。箱根強羅の朝は寒いかな?と思って外に出たが、ありがたいことに全く寒くなかった。グアムドッグの周辺をウロウロ。道端の側溝から火山ガスがモクモク。さすが、温泉町!(モクモクは写真には写らなかった・・・)

 8:00に朝食をいただきました。昨夜と違い、おとなしく足下に座っていると思ったら、焼きたてパンが出てきたとたんに「わんわん」。「ダメダメ。これはママのパン!」とパンをいただくと、美味しい~!パン好きの私が太鼓判を押します。お腹いっぱい食べました。(購入しておみやげにすればよかったと後悔)
 出発までの間、ドッグランで自由に遊ぶMahaloの姿を従業員さんが一眼レフのカメラで撮影してくださいました。よい表情。ホテルへ到着時から合計100ショットくらい撮影していただきました。これらのデータはUSBに入れてもらい、購入しました。
 9:00.いよいよ、グアムドッグとさよならです。チェックアウトの時、撮影してくださった写真をA3サイズに引き延ばし、ラミネートでパウチしたおみやげのプレゼントをいただきました。ここ、グアムドッグは、犬が大好きで大好きでたまらない犬連れ旅行者には最高の宿だと思いました。お世話になりました。ありがとう。
 
 グアムドッグから車で約10分。大涌谷へ。大涌谷は箱根火山の火山性地滑りによる崩壊地形です。至る所から火山ガスがモクモク。江戸時代には「地獄谷」と呼ばれていたそうですが、当時の人々にはさぞかし恐ろしかったことでしょう。Mahaloもびっくり。
 名物黒卵を5個購入。1個食べると7年寿命が延びるという。家に帰ったら食べよう。
 2015年5月から今年の7月まで、水蒸気噴火のおそれから、立ち入り規制だったとのこと。今は、こうやって見学できますが、火山ガスのすさまじい量を見ていると「地球は生きている!!」と叫びたくなったママでした。

 大涌谷から車で15分。箱根神社へ。「犬はどこまでOKですか?」とお札(箱根神社家内安全守護)を購入した際、きちんと質問しました。「本殿前の階段まで。」ということで、石の階段ではなく、コンクリートの細い道経由で上まで。グアムドッグの従業員さんのお話によると、お正月や観光シーズンは参拝客でたいそう賑わうそうだが、今日は比較的空いていたため、茅の輪(ちのわ)をくぐり、写真撮影を。箱根神社は”着実に事業や物事を進める力をもたらす、強力パワースポット”。ママもMahaloもご利益がありますように。
 11:30。箱根神社を出発し、御殿場ICに向かう途中、富士松展望台に寄りました。オフシーズンのため、ここも空いていて、富士山をバックに撮影成功。
 いよいよ、箱根ともさよなら。京都に帰ります。

 帰り道、Mahaloは、後部座席でほとんど眠っていましたが、静岡SAのドッグランで休憩(他のわんちゃんゼロで寂しかった)→岡崎SAのドッグランで休憩とママの昼食(肉まんとコーヒー)。伊勢湾岸道路から、新名神高速経由で京都へ向かいました。
 今回の旅で、ゴールデンって賢いなと改めて感じたことがありました。旅の途中で、『窓の外を見るよりも、後部座席の中央から進行方向を見ている方が酔わない』ということを悟ったようです。最初は、窓の方を向いて顔に風を受けていたMahaloですが、途中から、ママがバックミラーをのぞくとMahaloの顔がいつも前を向いていていました。
 18:30すぎに無事帰宅。ママとMahaloの箱根旅行楽しかったね。最後の写真は、グアムドッグで購入したドッグローブです。ハワイアンって感じがMahaloにぴったりでした。
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箱根にて   ~ゴールデン... | トップ | 箱根&山中湖へ【1日目】 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。