「ボブ吉」デビューへの道。

goo ブログ キャラクターテンプレートでもお馴染み「ボブ吉」。
メジャーデビュー目指して、作者の奮闘日記!

阿部寛さんの似顔絵。「自虐の詩」

2007-11-01 03:16:33 | 有名人似顔絵【あ行】


「包帯の大盤振る舞い」の次は、「鈴なりの五円玉」でした。
こういう、ミニ「幸福の黄色いハンカチ」的なものには弱いです。
鼻水が止まりませんでした。
(撮影の順番としては、自虐の詩→包帯クラブ、のようですね)

映画館の予告編で見て以来、とても気になる映画で、
何と言っても「ちゃぶ台返し」の実写が、じっくり見たかった(笑)
中でも雪江(中谷美紀)が、ちゃぶ台の脚を釘で畳に固定し、
イサオ(阿部寛)が、それを畳ごとひっくり返してしまうシーンは、
日本映画史に残る、名シーンではありますまいか(笑)

業田良家さんの4コマ漫画が原作(原作未読です)という事で、
各シーンに、何らかのオチがあるという構成。
だから、ブツ切り感があるという人もいるでしょうし、
4コマ漫画が、こんな映画になるのか?と、感動する人も
いるでしょうね。

母親は幼い頃に家出、父親は銀行強盗という壮絶な過去を持つ、
森田雪江(中谷美紀)。
今は、内縁の夫・イサオ(阿部寛)と大阪・飛田で暮らす日々。
幸江と一緒になるために、カタギとなったイサオですが、
ケンカとギャンブルに明け暮れ、生計の全ては雪江に頼りきり。
物語の大きな流れは、起・承・転・起(走馬灯)・結と
面白い構成でした。
予告編を見ただけで、大体の流れは掴んでたつもりでした。
「あぁ、愛情表現の下手なイサオが、最後の最後で
雪江への愛を最大限に表現するのか。」と、こんな感じでいたのですが、
意外にも泣きのMAXは、雪江と、中学校の同級生・熊本さんとの関係。
まあ言ってみれば、熊本さんは、この映画の隠し玉みたいなもんですね。
雪江(中学生時代・岡珠希)の同級生、熊本さん(中学生時代・
丸岡知恵)は、極貧生活やイジメにも負けないタフな中学生。
この二人の関係、階段から突き落としたり、石で殴ったりするシーンは
正直に言うと、心から理解は出来なかったんですが、
後半、熊本さんはどうなったんだ?と猛然と気になり始めます(笑)
そして終盤、ドーーン!!
(成長した、熊本さん、イメージドンピシャ!)

そうそう、雪江さん、首に変なもの巻いてるなと思ってたんですが、
傷を隠すものだったんですかね?
二人がまだ一緒になる前、イサオが、足の爪を切ってやるシーンで、
ど派手な衣装の雪江さん(ムームー?)。
全く同じ衣装が壁にもかかってて、笑ってしまった。
どんだけその柄、気に入ってんだと(笑)
堤幸彦さん監督という事で、他にも小ネタいっぱい(だと思う・笑)
「24時間、タレコミ喜んで受付中」という警察内のポスター、
面白かったな。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボブ吉GIFアニメ「ハロウィー... | トップ | 山井大介投手の似顔絵。継投... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (kossy)
2007-11-01 08:33:18
幸江さんの首に巻いてあったもの。
気になってたけど、あれがあんな形で描かれてたなんて。
細かいところにもこだわりがあって、出来栄えはよかったですよね。
Unknown (まっつぁんこ)
2007-11-01 17:32:51
TBありがとうございました。
釘で畳に固定されたちゃぶ台を、イサオ(阿部寛)が畳ごとひっくり返してしまうシーンはたしかに意表つかれました。なにするんだろうと思いましたね。そのときの中谷美紀がおもしろかったです。
コメントありがとうございます。 (SHINGO。)
2007-11-02 03:39:14
☆kossyさん、ご足労ありがとうございます。

>幸江さんの首に巻いてあったもの。
何か気になってたんですが、やっぱりそういう事だったんでしょうね。
幻覚症状で、ああなってしまうんでしょう。

堤監督の細かいこだわりは、1回だけでは見つけきれませんよね。
もっともっと味わい尽くしたいです。

☆まっつぁんこさん、こんばんは。
>たしかに意表つかれました。
予告で見たんですが、アレで映画を見る決心をしたといっても
過言ではないです(笑)
あの発想はないわ~~ お見事過ぎる!
阿部さん、中谷さんは、堤映画と相性ばっちりですね。
こんばんは! (咲太郎)
2007-11-02 22:29:21
正直、前半は引き気味に観ていたのですが
回想シーンへの展開に
怒涛のごとく引き込まれ
不覚にも泣いてしまいました。

阿部、中谷、堤
三人の相性は抜群ですよね!
書いてくれてありがとうデス。 (紫(むらさき))
2007-11-03 01:50:02
ぷぷっ
この似顔絵・・・NICE!たまりません、いいですー。

作品もよかったですね、男性の週刊誌?の4コママンガなんてどんだけエゲつないのか・・・と先入観満々でしたが、泣けました。本当に。

広く観賞していただきたい名作ですよね。
コメントありがとうございます。 (SHINGO。)
2007-11-04 01:48:36
☆咲太郎さん、こんばんは。
そちらにトラックバックしようと思ってたんですが
どうもこちらのパソコンのパワー不足か
ブログが開かないんです。申し訳ない
また試してみますね。

>回想シーンへの展開に
>怒涛のごとく引き込まれ
予告でも充分泣けたんですが、熊本さんという隠し玉に
まんまとやられました。

>三人の相性は抜群ですよね!
主演組もそうですが、脇役もぴったちマッチしてましたね。
脇役のチョイスが渋過ぎる。

☆紫(むらさき)さん、こんばんは。
>書いてくれてありがとうデス。
そう言ってもらえると、本当に描いてよかったと思います。
こちらこそありがとうございました。

>先入観満々でしたが、泣けました。本当に。
先入観持ってる方が、余計に泣けるでしょうね。
僕は、予告で泣いてましたが、本編では
違う部分で泣いてましたよ(笑)
泣けば、いい映画ってわけではないですが、
心にドンと来るものはありますね。
色々な人の感想が気になります。
こんばんは (ふぴこママ)
2007-11-05 22:47:45
似顔絵見てまたちゃぶ台返しのシーンを
思い出しました。
私はまさに4コマ漫画が実写になると、
お~って感じで感動した派です。
そして熊本さんとの友情に感動。
しかも成長後の熊本さん、
ぴったりでしたね。









☆ふぴこママさん、こんばんは。 (SHINGO。)
2007-11-06 00:44:35
コメントありがとうございます。

>私はまさに4コマ漫画が実写になると
4コマ漫画を、こういった映画にしようと思う
発想も凄いですよね。

>そして熊本さんとの友情に感動。
>しかも成長後の熊本さん、
予告では、断然阿部さんが目立ち、
本編では、熊本さんが美味しいところを
全部持ってったって感じですね(笑)
成長した熊本さん役のあの人、あの瞬間に
好感度急上昇でした(笑)
こんばんは~! (もちくん♪)
2007-11-10 03:28:20
お久しぶりです。
こんな時間に覗きに来てみちゃいました!

阿部さんの似顔絵がなんだかとってもツボでしたので
カキカキ。
パンチで剃り込みが入っているにもかかわらず、
なんか、かわいらしい♪

私もリアルちゃぶ台返しがとても気になってはいるの
ですが、残念ながら現時点でまだ観ていないのです><

☆もちくん♪さん、おはようございます。 (SHINGO。)
2007-11-11 10:21:21
コメント遅くなってすいません。

>なんか、かわいらしい♪
なんか中谷さんが、パンチの阿部さんが可愛くて仕方なかったと
おっしゃってたので、可愛らしく描こうと思ってまして、
そういう感想をいただけると、とても嬉しい。
ありがとうございます。

>私もリアルちゃぶ台返しがとても気になってはいるの
前半は、ちゃぶ台返しのオンパレードですが、
予告CMだけでも充分面白い。
爽快に泣きたいって思ったら、おすすめの映画です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
自虐の詩 (スーパーカーブログ)
阿部寛さんの似顔絵。「自虐の詩」(撮影の順番としては、自虐の詩→包帯クラブ、のようですね) 映画館の予告編で見て以来、とても気になる映画で、 何と言っても「ちゃぶ台返し」の実写が、じっくり見たかった(笑) 中でも雪江(中谷美紀)が、ちゃぶ台の脚を釘で畳に...
自虐の詩 (アフィリエイトの神様が教える携帯・情報商材)
随時更新中 速報!TV・新聞掲載商品[ヘアスプレー]サウスと夢の国[クローズ]私の息子にとって 精神的豊かさを保てるかどうかが1位:クローズZERO 2位:ヘアスプレー 3位:クワイエットルームにようこそ 4位:サウスバウンド 5位:パンズ・ラビリンス 6位:グッド・シェパー...
自分の歩んできた人生には意味がある。『自虐の詩』 (水曜日のシネマ日記)
子供の頃から幸せになりたいと願い続ける、ひとりの女性の物語です。
自虐の詩 (ネタバレ映画館)
60連荘したら軽く30万は儲かっているだろうな・・・
『自虐の詩』 (Sweet* Days**)
監督:堤幸彦 CAST:中谷美紀、阿部寛、西田敏行、カルーセル麻紀 他 幼い頃から不幸続きの幸江(中谷美紀)は、大阪通天閣近くでやくざ上がりでダメ男のイサオ(阿部寛)...
『 自虐の詩 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『  自虐の詩 』[試写会鑑賞] 2007年:日本 【2007年10月27日公開】[ 上映劇場  ] 監督:堤幸彦 脚本:関えり香 里中静流 原作:業田良家「自虐の詩」 【キャスト】 中谷美紀 阿部寛 遠藤憲一 カルーセル麻紀 松尾スズキ 竜雷太 名...
自虐の詩 (☆とろのほのぼの日記☆)
「自虐の詩」の映画を見に行きました! この映画もすごく気になっていた! 「嫌われ松子の一生」で演じた中谷美紀さんの演技が印象に残り・・ 見に行ってみようかなあって思い映画館へ。 す・・すごい・・感動しました。 幸せになりたいと誰もが思う気持ち・・・その気...
自虐の詩 37点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
里中静流=堤幸彦か? 公式サイト 業田良家の同名4コマ漫画連作より、そのメインとなる『幸江とイサオ』シリーズのエピソードに絞って実写映画化。 客観的には不幸に見える女性の人生を描いた中谷美紀主演映画としては、『嫌われ松子の一生』が既に存在するため、...
自虐の詩 (そーれりぽーと)
『クワイエットルームへようこそ』『ヒートアイランド』と続いた松尾スズキ月間。 いよいよ本命のミュージカル『キャバレー』来阪を前に、彼がちょびっとだけ出演している『自虐の詩』を観てきました。 ★★★★ 豪華とは違う方向でのツボを付いたキャストに大満足。 い...
自虐の詩 (あーうぃ だにぇっと)
監督:監督:堤幸彦 出演:中谷美紀/ 阿部寛/ 遠藤憲一/カルーセル麻紀 /松尾スズキ/竜雷太/名取裕子/西田敏行/蛭子能収 /岡珠希/アジャ・コング/丸岡知恵/佐田真由美/斉木しげる/ミスターちん/金児憲史/Mr.オクレ/島田洋八 他 【ストーリー】 子ど...
「自虐の詩」他人には理解できない愛を描いたちゃぶ台ストーリー (オールマイティにコメンテート)
「自虐の詩」は業田良家のコミック4コマ漫画で人生不幸のど真ん中を生きる女性がどうしよもない内縁の夫を愛し続けるちゃぶ台ひっくり返しストーリーである。内容的には面白いけれど、幸せの是非において果たして?というのは否定できない作品と言えるだろう。
自虐の詩(じぎゃくのうた) (C'est Joli)
自虐の詩(じぎゃくのうた)’07:日本 ◆監督:堤幸彦(包帯クラブ)(TRICK トリック―劇場版―)◆出演:中谷美紀、 阿部寛、 遠藤憲一、 カルーセル麻紀、西田敏行 ◆STORY◆ ひなびたアパートに住むイサオと幸江。イサオは無口な乱暴者で、仕事...
映画「自虐の詩」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 28日、新宿の明治安田生命ホールにて衛星劇場主催の「自虐の詩」試写会に参加した。この試写会は、映画上映後に阿部寛の舞台挨拶があると言うことで多くの阿部寛ファンと思われる女性が沢山来場している。客入りは若干空席のある9割ほどで、小さな子供も母親に連れら...
『自虐の詩』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 後半、泣きっぱなし。不覚にも。 『自虐の詩』 2007年・日本・115分 監督:堤幸彦 プロデューサー:植田博樹 中沢晋 他 原作:業田良家 脚本:関えり香 里中静流 出演:中谷...
幸せになりてぇすか?(映画/試写会:自虐の詩) (美味!な日々)
映画『自虐の詩』の試写会に行ってまいりました。原作は読んだことないですが、日本一泣ける4コママンガとのことで、一体どんな映画なんだろうと少々不安に。試写状のあらすじを読むと、
「自虐の詩」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「自虐の詩」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:中谷美紀、岡珠希、阿部寛、西田敏行、遠藤憲一、アジャ・コング、丸岡知恵、名取裕子、佐田真由美、竜雷太、カルーセル麻紀、斉木しげる、ミスターちん、金児憲史、Mr.オクレ、島田洋八、...
自虐の詩 (お気楽に映画で極楽)
珍しくホロリとしてしまいました(ノД`)笑えて泣ける恋愛ドラマ! 幸江は母に捨てられ、父は銀行強盗で捕まった過去を持つ、幸せになることを夢見た少女。 前半はそんな幸江がボロ...
上田と柴田、夢の共演 (世界の中心で、愛をうたう)
人生で三度目の試写会。 観たかった映画が当たってラッキーでした。 「あの~犯人分かっちゃったんですけど」 「ど~んとこい!!」 あの『ケイゾク』の柴田と『トリック』の上田が夢の共演! そして監督は両作を手がけた堤 幸彦...
「自虐の詩」を観る (紫@試写会マニア)
このところ、出る作品が尽く高い評価、ノリに乗ってる俳優のお二人、中谷美紀さん&阿部寛さん主演・「自虐の詩」を観てきました。この二人の演技力に裏打ちされた個性的なストーリー展開と迫力ある演出、面白かったです! この作品、業田良家氏の4コマ漫画が原作なんで...
自虐の詩 (Good job M)
公開日 2007/10/27監督:堤幸彦出演:中谷美紀/阿部寛/遠藤憲一/竜雷太/名取裕子/西田敏行 他【あらすじ】ひなびたアパートに住むイサオと幸江。イサオは無口な乱暴者で、仕事もせずに酒とギャンブルに明け暮れる。内縁の妻の幸江がラーメン屋で働き生計を立てていた。....
「自虐の詩」 必要とされることこそが幸せ (はらやんの映画徒然草)
予告でインパクトのある阿部寛さんのパンチパーマとちゃぶ台返しを観て以来、公開を心
自虐の詩 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
不幸と貧乏が2本柱の現代版「夫婦善哉」。原作の4コマ漫画の味わいと、堤監督得意の小ネタ満載の演出がピッタリかみあった。ダメ男にひたすら尽くす幸江役に中谷美紀、パンチパーマがキモ新しい(?)イサオ役に阿部寛と、配役も絶妙。お約束はCGを駆使したチャブ台返...
【2007-156】自虐の詩 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 一途に愛する女 幸江 元ヤクザ、今 無職(ニート) こんなアタシでもアンタがいる! 奇跡のどん底ラブストーリー
「 自虐の詩 (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【自虐の詩 】 10月27日(土)公開 監督 : 堤幸彦 出演 : 中谷美紀/阿部寛 /カルーセル麻
『自虐の詩』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督:堤幸彦原作:業田良家出演:中谷美紀、阿部寛、遠藤憲一、カルーセル麻紀、西田敏行公式サイトはこちら。<Story>ひなびたアパートに住むイサオ(阿部寛)と幸江(中谷美紀)。イサオは無口な乱暴者で、仕事もせずに酒とギャンブルに明け暮れる。内縁の妻の幸...
『自虐の詩』―二人の出逢いは東京。……多分。 (トーキョーワッショイ - 東京人が一番見たい東京ネタ)
「日本一泣ける4コマ漫画」として話題の、業田良家さん作『自虐の詩』。    この...
マイナスかけるマイナスは、なぜプラス?●自虐の詩 (Prism Viewpoints)
『ALWAYS 裏・三丁目の夕日』 『自虐の詩』 『自虐の詩』 ウィキペディア(Wikipedia) キャスト 森田幸江:中谷美紀・岡珠希(中学生時代) 葉山イサオ:阿部寛 森田家康:西田敏行 あさひ屋マスター:遠藤憲一 熊本さん
映画:自虐の詩 (駒吉の日記)
自虐の詩(ユナイテッドシネマ豊洲) 「幸せになりたいねえ」 結構宣伝して力が入ってるのかと思いきや上映館は意外と少ない。。。 *****ややネタバレ感想なので反転して***** 前半は怒涛のちゃぶ台一徹返し。1回くらいはやってみたいけど「食べ物を粗末にして...
自虐の詩☆独り言 (黒猫のうたた寝)
阿部ちゃんのパンチパーマが微妙なんだけど^^;もっと変なロン毛ストレートのマトリックス風味もあるんだけど・・・『自虐の詩』観てきました。笑ったけど、青い海月とイサオと幸江の純愛にぼろぼろ泣かされてしまいました(笑)ちょっと『嫌われ松子の一生』観たときに...
自虐の詩(3/10) (上映終了、その前に)
小タレコミ1000円 堤幸彦は一般に高く評価されているが、映画監督としてはどうだろうか。『トリック』は2本ともテレビ放映されたのを偶然見れば面白いというレベルだし、『サイレン』に至ってはチャンネルを維持させるのも困難なレベルである。業田良家原作の4コマ漫画『...
自虐の詩 (風我)
今日も鳴り響く“ちゃぶ台返し”の音。 “日本一泣ける4コマ漫画”と評された業田良家原作の同名漫画を堤幸彦監督で映画化。 大阪、通天閣を見上げる町並み。ひなびたアパート、パッション飛田で暮らす幸江(中谷美紀)は、子供の頃から不運の連続。内縁の亭主、イサオ...
自虐の詩 (ふぴことママのたわ言)
試写会で観てきました。 原作は4コマ漫画だそうですが、全く知りませんでした。 ちゃぶ台返しの写真が、とても印象的ですね。 予想以上にいい映画でした。 撮り方は、漫画そのもの。 4コマ漫画が実写になるとこうなるのね、って感じです。 中谷美紀は「嫌われ松子」以...
「自虐の詩」と「ALWAYS 続・三丁目の夕日」見ました。 (iMac動いてる?)
今週も邦画です。 2本とも漫画が原作って事ですが、読んだことありませんね。
「自虐の詩」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・松竹/監督:堤 幸彦) 原作は伝説の4コマ漫画(作・業田良家)という事だが、私は読んでいない。どんな映画かも分からないうえに、堤幸彦監督の作品も「明日の記憶」以外、
自虐の詩 (to Heart)
制作年度 2007年 原作 業田良家 脚本 関えり香 、里中静流 監督 堤幸彦 音楽 澤野弘之 出演 中谷美紀/阿部寛/遠藤憲一/カルーセル麻紀/ミスターちん/岡珠希/丸岡知恵/名取裕子/西田敏行 子どものころから不運続きの幸江(中谷美紀)は、乱暴者で酒飲み、仕事もせずギ...
『自虐の詩』 (SMASH ASH)
まさか四コマ漫画が映画化され、そして感動してしまうなんて! 『自虐の詩』 ひなび
自虐の詩 (Akira's VOICE)
ラストに畳み掛ける後半が良い。
69『自虐の詩(じぎゃくのうた)』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 69『自虐の詩(じぎゃくのうた)』 評価:★★★☆☆ 原作は人気作家、業田良家のコミック「自虐の詩」です。 ちょっと、阿部寛のちゃぶ台返しが見たくなって観賞した感じが多いですが・・・ 中谷美紀が...
自虐の詩 (月影の舞)
自虐の詩×自虐のショコラ 「自虐の詩」パンフと「自虐のショコラ」 23日。 「自虐の詩」公開1日前に地元FM局主催の 「スイーツ付き先行上映会」に行ってきた。 入り口でスイーツが配られる。 地元のケーキ屋さんの特製スイーツ。 この映画の原作が...
映画「自虐の詩」試写会 (大峰化学株式会社~社長ブログ)
毎日のクリック!ありがとうございます  昨夜は、映画「自虐の詩」の試写会に行ってきました。  映画の音が会場のせいか、元々かは分かりませんが微妙に割れてて、聞き取りにくかったような気がします。  しかし、前半は主人公の中谷美紀さん、阿部寛さ...
075)自虐の詩 (「映画でお勉強!映画検定式1問1答映画クイズ」)
泣ける4コマ漫画を映画化した「自虐の詩」。元々連載されていた雑誌は? 1)週刊宝石 2)週刊現代 3)週刊朝日 4)週刊新潮 正解は次号にて。。 by織田 拳 ←応援お願いしま~す!
二人にしかわからないこと。~「自虐の詩」~ (ペパーミントの魔術師)
思いっきりなまってたはずなのに、 気がつけば舞台は大阪、通天閣がいきなり出てくる。 アニマル柄の派手なジャンパーに 人はいいねんけど、一見ガラ悪そうなひとら。 吉本新喜劇の延長みたいな警察署。 大阪在住以外のひとには、どう映ったでしょうね。 ああ、やっぱり大...
『自虐の詩』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじひなびたアパートに住むイサオと幸江。イサオは無口な乱暴者で、仕事もせずに酒とギャンブルに明け暮れる。内縁の妻の幸江がラーメン屋で働き生計を立てていた。少しでも気に入らない事があると、ちゃぶ台をひっくり返すイサオだが、幸江は彼を心から愛していた・...