ONE EVENING~Is that you , John Wayne ? Is this me ? ~

歴史ゲームの対戦報告・紹介と温泉とアウトドアと料理とゆる~い話

【積み木のシーザー】ファーストインプレッション

2009-12-21 23:50:22 | 積み木のシーザー
先日対戦した【積み木のシーザー】のファーストインプレッションです。
ローマとゲルマン1回ずつ対戦した段階ですので、対戦が進めばインプレッションも変わる可能性もあるかと。

対戦時間は約3時間。
長考しても4時間は掛からない、非常にワンイブ向きなゲームです。
両陣営の特徴は、
ローマ(シーザー無双!?)
・4ステップ、戦闘イニシアAと戦闘になれば軍団兵の強さを実感。
・ローマ軍団にだけ許されている強行軍(2エリア移動)で必要な場所に必要な戦力を送り込める(リグループを含めれば3エリア)。
(これが一番の肝だと思いますけど、どうでしょうか?)
・補給ポイントさえ払えば属州まで戻らなくても済む。

とにかく戦闘になればブロック数で余程圧倒されない限りローマ軍はほぼ勝つでしょう。
ただ、戦闘で除去したエリアにブロック(同盟ガリア部族でも可)を置いておかないと中立化してしまうので、1ターン(5アクション)に亘ってシーザーが暴れまわることは無いでしょう。

ゲルマン(合言葉は友愛)
・中立部族の活性化がローマより多くできる(1ターンにつきゲルマン2、ローマ1)。
・反乱カードではガリア部族がいきなり味方になる(ローマが使うと中立化)。
・マッシブレボルトと言う切り札を持つ(4部族がいきなり反乱し3グループ移動可+ウェルキンゲトリクス登場)。

ゲルマンは逆に戦闘だとつらいので政治アクションやレボルトイベントでローマにいかに無駄なアクションをさせるかがポイントでしょう。
戦闘を仕掛けるにも受けるにも、とにかく数を揃える事が大事です。
でも集めるのにアクション値の高いカードを使うなら、政治アクションで味方にしたほうが良いんじゃないかと思ってしまいます。
マッシブレボルトもローマへの牽制で序盤に手元に来ても移動アクションで消費して終盤まで温存するのも手かも(これはどっちが正解とかではありませんが)。

いろいろと脈絡もなく書き連ねましたが、このゲームの面白さの一片にも触れていないような気がします。
特にゲルマンの方にやりがいがあるのではと思います。

年末年始、ガリアの地に旅立ちたい方お待ちしております。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 札幌歴史ゲーム友の会12月... | トップ | 2009年を振り返る(その壱) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

積み木のシーザー」カテゴリの最新記事