ONE EVENING~Is that you , John Wayne ? Is this me ? ~

歴史ゲームの対戦報告・紹介と温泉とアウトドアと料理とゆる~い話

札幌歴史ゲーム友の会2017年5月連続例会2日目(ラビリンスで丼飯何杯?)

2017-06-25 15:52:52 | 例会
 おはようございます、こんにちは。

 連続例会2日目は、A(エース)さんと「ラビリンス」。

 前回対戦から一歩前進して、間違ってアル・ゴアさんが大統領になってしまった世界で「9.11」が起きてしまった 「You Can Call Me Al」を2戦。

 USはソフト路線なのでアフガニスタンに武力侵攻できないため、外交攻勢で勝負。
 「GOOD」化が早いか、原理主義国の拡大が早いかの争いとなります。
 ジハーディストに詰めろが掛かった時は、なりふり構わずソフトの皮を脱ぎ捨ててでも原理主義国を潰さなくてはなりません。
 USとジハーディストの1勝ずつだったと思いますが、このシナリオも興味深く面白いです。

 ラストは、アフガン侵攻後の「Anaconda」。
 ジハーディストは原理主義国はなく資金もミディアムと苦しいセットアップ。
 自由配置のセルは欧州に厚めに配置しましたが、「FATA」が効いているパキスタンに集めるべきだったでしょうか。
 ジハーディスト悶絶のこのシナリオも堪りません。

 A(エース)さん、対戦ありがとうございました。
 「Mission Accomplished?」「覚醒」も是非お願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌歴史ゲーム友の会2017年5月連続例会初日(Ⅱ号戦車海に到達す!)

2017-06-18 20:31:10 | 例会
 おはようございます、こんにちは。

 ホントはⅢ号戦車やⅣ戦車が海に到達した方が(E)と思うのですが。
 私、独軍の戦車ではⅡ号戦車が大好きなのです。

 と言うことで連続例会初日はTNさんにお相手いただきフランス40を対戦。
 TNさんが連合軍、私が独軍を担当。
 方針としては、西方への突破を目指す。
 危ないと思われるくらい装甲部隊は前進する。
 日和った時はグデリアン将軍に「勝利を台無しにするおつもりか!」と心の中で喝を入れることにします。

 1ターン
 軍神プランでセダン北方とシャルルヴィル・メジエールをともに5:1で攻撃。
 セダン北方の攻撃はDSとなるもS・メジエールは「断固とした防御」で1/1(双方1ステップロス)。
 一方、ホト先生の第15軍団はディナン(5408)から南下してジヴェ(5310)で渡河攻撃(1:1)。
 A1の戦闘結果となりますがロンメルの振りなおしでDR!ホト先生も渡河成功。
 そしてGQGマーカーは南部に集中してセダン周辺の防御ライン構築を妨害します。
 
 ムーズ川越えたったでぇ!

2ターン
メジエールはマーズ川周辺の装甲師団でオートDSを食らわし除去。
10PZはZOCの足枷が外れて9ヘクス西進。

側面、後方を気にすることなく突破セヨ!

3ターン
装甲軍団はひたすら西進。
先頭 はサン・カンタン前面まで前進。
 
 フランス軍が集まり始める。

 4ターン
 装甲部隊の先鋒はサン・カンタン北方から突破を図ります。
 

 5ターン
 装甲部隊はカンブレー、サン・カンタン間に集中。
 

 6ターン
 フランス軍はサン・カンタン北方に集中してきたため、南方のド・ゴールを直撃。
 鉄の振り子で突破を図ります。
 

 7ターン
 ドイツ軍は前進を続けアミアンまで4ヘクスに迫ります。
 

 8ターン
 アミアンを占領。
 もうチョットで海だ!
 

 9ターン
 薄い水色の線を食い破ったドイツ装甲部隊は、遂にアブビルを占領。
 連絡線回復の目処もたたず、フランス軍はここに和を乞うこととなりました。
 

 <戦い終わって>
 ドイツ装甲部隊は無謀とも思えるぐらいの突進で丁度良いのでしょう。
 幾度か連絡線カットの危機はありましたが、装甲部隊の先鋒を抑えることと、後方への襲撃の両立は大変です。
 最初から南北の突破を目指すより、海への突進が南北の突破の可能性をもたらすのではないでしょうか。
 何度やっても面白いゲームです。
 我々ウォーゲーマーの共通言語になりうるゲームだと思います。
 「ダンケルク」はどうなんでしょうね?
 TNさん、対戦ありがとうございました。
 次は「ケース・イエロー」かボンバ系で。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌歴史ゲーム友の会2017年4月例会(ちがうと言われてもファイエルと命じたい!)

2017-05-02 23:51:40 | 例会
 おはようございます、こんにちは。

 4月例会は戦略級銀英伝(旧GJ)を対戦。
 自由惑星同盟を暗黒卿さんが担当し、帝国を私が担当。
 
 最初はアスターテ会戦で順調にラインハルトが大将に昇進します。
 その後は自動的に登場するヤン艦隊と帝国艦隊がイゼルローンを挟んでにらみ合い。
 イゼルローンに終結する帝国艦隊をみて同盟艦隊も手を出せず手詰まり状態。
 ならばとイゼルローンを放棄してフェザーン経由で同盟領に侵攻開始。
 その後はお互いの尻尾を食い合う争いに。

 初プレイだったので、ちょっとグダグダとなってしまいましたが、またプレイしたいです。
 プレイ中では、1ターンに一人ずつ提督が登場するのですが、帝国では「ミスターレンネン」同盟では「グエン・バン・ヒュー」が登場するとなぜか笑いが。
 「ラグナロック作戦(ツクダ)」も対戦に漕ぎ着ければうれしいです。

 暗黒卿さん、対戦ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌歴史ゲーム友の会2017年3月例会(迷宮帰りのビールは格別です)

2017-03-22 00:25:55 | 迷宮と覚醒
 おはようございます、こんにちは。

 3月例会では、これさえあればどんぶり飯3杯いけちゃうラビリンス(GMT)を対戦。
 お相手はA(エース)さん。
 A(エース)さんは初対戦ながら昼食を挟んで1日で2.5戦と抜群のプレイしやすさです。

 練習プレイですが1戦目はA(エース)さんが合衆国、私がジハーディストを担当。
 ジハーディストはパキスタンの反応兵器を狙いますが合衆国はパキスタンに派兵しガードを固め革命を起こす隙を与えません。
 ならばと中央アジアで原理主義政権を樹立すると合衆国はアフガンの原理主義政権を転覆させます。
 ジハーディストはインドネシアに2つ目の原理主義政権を樹立しますが、パキスタンに居座る合衆国軍のため手詰まりに。
 仕方なくアフリカで隣接する原理主義政権樹立を目論もうとしたとき合衆国から「FATA」のカードが切られました。
 このカードが発動するとパキスタンでは合衆国の掃討作戦ができなくなるため、ジハーディストはセル(工作員)を送り込みます。
 お互いがセルと兵員をパキスタンでレイズしあう展開は、まさにカイジ対和也の「ワンポーカー」状態。
 最後はジハーディストが動員合戦を制し大ジハードを成功させ原理主義政権のリソースが6以上(パキスタン、インドネシア隣接)でサドンデスとなりました。

 ※パキスタンはゲームの地政学上では湾岸諸国とならび重要ポイントと思います。

 2戦目は陣営を同じくして再戦。
 今度はジハーディストが速攻でパキスタンに原理主義政権を樹立し反応兵器を確保。
 その後は合衆国の掃討作戦が厳しいものの、合衆国の政治工作がまったく振るわずお互いが膠着状態。
 しかし膠着を打破するお告げがジハーディストに!
 配られたカードには「Gaza War(合衆国1枚捨て札)」「Abu Ghurayb(ジハーディストにカードプラス2枚)」「OilPrise Spike(捨て札から好きなカードを手札に加える)」が。
 相手の手札を少なくして行動の自由を奪いつつ、最後に捨て札から拾ってきた「Martyrdom Operation(セル1つをプロット2つに変換)」で合衆国本土に反応兵器が炸裂し、ジハーディストのサドンデスとなりました。

 ※ジハーディストが反応兵器(WMD)を持った時の勝ちパターンの1つでした。

 3戦目は途中まででしたが、陣営を入れ替えて対戦。
 合衆国は早めにアフガンに侵攻し原理主義政権を崩壊させますが、その隙にパキスタンで原理主義政権を打ちたて反応兵器が流出。
 セルの浸透を抑えつつ政治工作にまい進します。
 するとイスラム教国も話しに応じてもらい自由で民主的な国が続々誕生。
 アフガンをはじめ湾岸諸国が民主化(GOOD化)するとGOODドミノで民主化が進みます。
 時間切れとなりましたが、GOODリソース12が早いかWMDプロットが合衆国本国で炸裂するのが先か予断を許さない展開でした(最後までプレイしたかった)。

 ※1つGOODな国家が出来ると一気に終盤戦に入ります。
  ジハーディストはGOOD国家を最優先で潰さねばなりませんね。

 3戦とも同じシナリオなのでまったくちがう展開で何度やっても飽きが来ません。
 とても面白いゲームです。
 「覚醒」も所有していますが、当分はラビリンス本体を遊びつくしたいです。
 A(エース)さん、対戦ありがとうございました。
 ラビリンスなら、いつでもお相手仕ります(もちろん他の方も飢える噛むです)。

 因みに例会後は有志でネオショー会。
 個室ではなかったため、至極穏当な会話中心で酒、肴を楽しめました。
 「海だより」美味しかったです。
 また、行きたいお店でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネオショー会

2017-03-17 21:59:11 | ゆる~い話
 おはようございます、こんにちは。

 先日、商用で札幌にお見えになった中黒さんとネオショー会を開催。
 因みにネオショー会とは酒に弱くなって油槽船ネオショー並みにすぐ撃沈してしまうところから命名しました。
 人によっては「エンタープライズ会」や「雪風会」などとなるのでしょう。

 北海道勢は今日も6ゾロさん、fshinoさん、私の3名で迎撃しました。

 書ける話、書けない話いろいろありました(一部脚色あり)。
 世界のWG界では中国が熱い/札歴ではスタ攻が熱い/アジフリ、レッドドラゴンのお話
 この世界の片隅にがスゴイ/イライラ戦争がコマンドの付録に(願望)/ヒグマが現れてステップロス
 ○shinoさんはユーゴがお好き/物事の森羅万象は全てユーゴで例えることができるetc.

 雪をも溶かす熱い3時間でした。
 今回のネオショー会は前夜祭で近々本チャンが開催されるとの噂も!

 中黒さん、今日も6ゾロさん、fshinoさんお疲れ様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラビリンスをPBEM

2017-02-28 22:52:27 | 迷宮と覚醒
 おはようございます、こんにちは。

 年明けから、にく(仮称)さんに教導いただき「ラビリンス(GMT)」をPBEMで対戦しております。

 このゲーム、ルールは把握してしまえば比較的簡単です。
 が、最初は何をしていいやらイメージが掴めません。
 さらにUSとジハーディストが非対称であるため、プレイ前に陣営を確定した方がスムーズにプレイできると思います。
 第1戦は次々とにく(仮称)さんのジハーディストが原理主義国家を樹立し詰めろをかけるとUSは軍隊を派遣して何とかしのぐ自転車操業プレイに終始。
 最後はパキスタンから流出した反応兵器が○○タワーで炸裂しサドンデス負けでした。
 打つ手が無いのに世界のためにプレイを続けなくてはならない展開に、オバマ氏が「うちは世界の警察官じゃないっしょ!」と叫びたくなる気持ちが痛いほど判る教育的なゲームです。

 にく(仮称)さんは有数のラビリンス使いと思われ、物足りないと思われますが、見落としていたルールや実際の展開などが把握でき、私には非常に有意義な対戦です。
 
 しかもPBEMだと自分の対応できる時間でプレイできるためストレスがなくプレイできます。
 いつの日か、にく(仮称)さんをあわてさせることができるよう精進していきたいと思います。
 また一人でも多くラビリンスの面白さに触れていただきたいと思います。

 にく(仮称)さん、今後ともよろしくお願いいたします。

 以下は自分向けの【ルール確認】。
 ・反米のイスラム教国にはイデオロギー戦争を実施できない(7.2.1.1)。
 ・カード82「Jihadist Videos」セルが配置されていない国家は非イスラム教国でも可。
 ・カード93「Taliban」イスラミックルール国家でも孤立政権マーカーを配置する。
 ・ジハーディストは自分のフェイズの最初に自発的に幹部マーカーを除去できる(USの国威アップを防ぐため)。
 ・政治姿勢の「評価」と「選択」に注意。

 また更新します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌歴史ゲーム友の会2017年2月例会(祖国を防衛せよ!)

2017-02-23 21:55:25 | 例会
 おはようございます、こんにちは。

 2月例会でついにと言うか、やっとと言うかフランス40(GMT/CMJ)を対戦しました。
 まあちんさん(独軍)の装甲の嵐に私の連合軍は耐えられるのでしょうか?

 コマンド誌やゲーマー諸賢のブログなどを参考として以下の方針で挑みました。
 1)7防御力を維持して戦線を構築する。
 2)南方はS/SEのヘクスは死守するが、それ以東は捨てる。
 3)体勢が整い次第反撃する。狙いは最西の装甲師団と歩兵師団。

 まあちんさんは軍神プランでスダン北方の2ヘクスを攻撃。
 5318ヘクスへの攻撃で戦闘後前進がうまくいかなかったため、シャルルヴィル・メジエールは断固たる防御に無傷で成功。
 同市に篭った部隊は中盤まで独軍の行軍妨害に貢献します。
 なお、GQGマーカーは北方に厚く置いたので連合軍は南方の部隊でスダン周辺に蓋をします。

 以後、独軍はグデーリアン将軍とホト将軍が合同すべく装甲師団を北方にシフト。
 ネオ・シュリーフェンプランの様相を示します(最終的には装甲師団が北方7、南方3程度だったかと)。

 

 独軍は戦略方針を海岸への突破から南北への突破に変更して圧力を強めます。
 直接、独軍装甲軍団に太刀打ちできないため、ド・ゴールを先頭とした反撃部隊はマップ中央部から装甲軍団の背後へと進出します。
 1ヘクスをめぐる激戦となりましたが、陣地戦なら連合軍の想定した戦いです。

 最終的に北方ではNから3ヘクスの突破、南方はEから2ヘクス、SEから3ヘクス突破。
 S/SEヘクスは突破できたとしてもド・ゴールがLOSを遮断できる状態にあり、手前味噌ながら連合軍が守りきれたと思います。

 

 いやいやフランス40面白いです。
 連合軍としては北方、中央、南方全ては守れないため、どこに独軍を誘導するか戦略センスが問われます。
 また、独軍は装甲軍団を如何に有効に使うかが問われます。
 当然ながらお互いの強みをよりだした方が勝利に近づくゲームです。
 まさに範馬勇次郎氏の「競うな、持ち味をイカせッッ」を肝に銘じて戦う必要があります。

 充実した対戦でした。
 まあちんさん、ありがとうございました。

 【その後】
 フランス40の魔力に取り付かれた私は「自分のアルデンヌ」探しのためソロプレイに取り組んでおります。
 しかしながら、なかなか突破できません。
 今しばらくは遊べそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌歴史ゲーム友の会2017年1月例会(乱入)

2017-01-08 21:11:02 | 例会
 おはようございます、こんにちは。

 本日は1月例会に参加しました。
 一寸見学して帰るつもりだったのですが、MUTHUさんとまあちんさんのご好意でトワイライトストラグルを対戦させていだくことに。
 MUTHUさんが合衆国、私がソ連担当。
 久々の対戦なのでプレイ感覚を思い出しながらのプレイです。
 とりあえずデフコン2にして、そこから勝負。
 しかし、MUTHUさんもプレイ経験豊富で各地域の優勢が得られません。
 9ターン終了時で得点はプラマイ0(だったはず)。

 結局両者サドンデス(20VP)、核戦争(デフコン1)に達せず、勝負は最終10ターンに。
 気付けば、ヨーロッパでソ連が優位となっているところで「ヨーロッパの得点計算」が来てヘッドラインで5点ゲット。
 コスタリカでクーデターを行い必要軍事値を稼いだほか、フランス、西ドイツなどに影響力を積んで支配を崩すなどで時間稼ぎをして、最終集計で判定。
 各地域の得点ではマイナス1点となりましたが、チャイナカードと必要軍事値でプラス3点でトータルソ連7点で何とか凌ぎました。

 久々でしたが、やはり面白いですね。
 得点計算では、序盤のソ連を別として大きく稼ごうとしても経験者には難しいので五分五分を目指してちょうど良いのかと思います。

 人それぞれでプレイスタイルは異なりますが、私はデフコン2にするのが好きですね。
 あとは目標とする国に影響力を積むよりは、影響力の排除やクーデターを使うほうが削れると思います。

 また、対戦したいゲームであります。
 MUTHUさん、まあちんさん、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年対戦を実現させたい10のゲーム

2017-01-07 10:24:46 | ゲーム
 ウォーゲーマーのみなさま、あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

 年初は抱負などを語るケースが多いと思われますが、今年対戦したいゲームを10個挙げてみました。
 月1で1つ消化できれば幸甚です。

 1)ラビリンス(+AWAKEING-2010~?)(GMT)
 昨年秋口から、このゲームの興味が急上昇中です。
 拡張キットの「AWAKEING」を含め熱烈対戦者募集中です。
 過去に数戦対戦しましたが間が空くと感覚を取り戻すのに時間がかかるので、ある程度集中して対戦したいです。

 2)鉄のカーテン(SPI)
 SPIのBerlin’85です。
 昔のゲームですが、過去のアヴァロン・ヒルやSPIのゲームに惹かれるものがあります。
 その頃ってソロプレイヤーだったですから。
 旧シミュレーターを見て、これはと響くものがありました。
 ただ、ネットで情報を集めますとルール再確認が必要らしいです。
 対戦したいという声があれば頑張れるのですが…。

 3)皇帝シーザー(AH)
 カエサルは皇帝にはなっていませんが、妙にそそるタイトルです。
 かなり面白いとも聞きますので、連続例会などで貫徹プレイしてみたいです。

 4)ミッドウェイ(AH)
 ミッドウェイ空母戦やビクトリー・アト・ミッドウェイもやってみたいです。
 が、空母戦ゲームの始祖であるこのゲームをまずプレイしてみたく思います。

 5)ハンバーガーヒル(CMJ)
 ベトナムものが好きなのです。
 映画「ハンバーガーヒル」が好きなのです。
 北ベトナム軍の編成が米軍に秘匿されるので、これまたソロプレイには多大の努力が必要です。
 でも「俺たち全員ミンチにされちまう」を盤上で体感してみたいです。

 6)討入り忠臣蔵(WGJ)
 12月14日は過ぎてしまいましたが是非プレイしたいアイテムの一つです。
 WGJはどれもプレイしたいですが、吉良側の配置が隠匿なので。
 大石内蔵助と堀部安兵衛しか知らなくても大丈夫です。

 7)常徳殲滅作戦(CMJ)
 実は未対戦。
 大陸打通作戦、シ江作戦もやってみたいです。

 8)プランオレンジ(C3i)
 もう一つの太平洋戦争ですね。
 ユニット切って、カードスリーブにカード入れて、セットアップまで漕ぎ着けたのですが。
 また、タイミングを見て再挑戦したいです。

 9)フランス40(GMT)
 いつかはと思いつつ対戦できずにいます。
 札歴会員にお願いすれば一番対戦への難易度は低いと思われます。

 10)サンダーアトカッシーノ(AH)
 アルンヘム系の1つです。
 幻の傑作(!?)かと思われ実際に動かしてみたいです。

 他にも対戦したいゲームは数多ありますが、まずは上記ゲームでお相手していただける、心の広いお方をお待ちしております。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ワン・イブ・オブ・ジ・イヤー2016

2016-12-31 13:41:10 | ワンイブ・オブ・ジ・イヤー
 おはようございます、こんにちは。

 今年もあと10時間ちょっととなりました。
 仕事的にもゲームライフ的にも激動の年となりました。
 まぁ無事年越しを迎えることができてよかったです。

 さて、今年対戦したゲームの中からワン・イブ・オブ・イヤーを発表します。

 それは、

 モスクワ攻防戦(6A)です。

 1)ドイツ軍プレイヤーは前半はモスクワ目指して遮二無二突進しなければなりません。
   いかに1ヘクスでも近づけるか考え抜いてのプレイが必要です。
   後半ではソ連軍の冬季反攻に戦線が崩壊しないよう、綱渡りのプレイが求められます。
   つまり全ターン(ドイツ軍プレイヤーは)楽しめるゲームです。

 2)ソ連軍プレイヤーは前半は耐えに耐えなければなりません。
   しかも1ヘクスのの配置ミスがドイツ軍嵐のオーバーランにより戦線崩壊してしまいます。
   中盤まで耐えに耐えて、延髄切り~弓引きナックル~卍固めと風車の理論的プレイが求められます。

 3)ソ連政府の崩壊(サドンデス)が途中までわからないため、対戦ごとに何処まで進めば、守ればが流動的なので何度でも楽しめる。

 4)とにかく両軍ともに楽しめるゲームです。

 次回はソ連軍で苦しんでからの反撃をプレイしてみたいです。

 それでは、皆様よいお年を。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加