シネマコミュニケーター高橋裕之の映画の扉!

FMaiai「MAIDO☆あまがさき」「Musicどらごん」&
FRESH「トンデモシネマTV」各レギュラー出演中!

ずっしり来ます「明日への遺言」(終戦記念日ウィーク・過去記事)

2016-08-15 09:18:12 | シネマ(邦画~2011)
俳優の藤田まことさんが急死(読売新聞) - goo ニュース
俳優の藤田まことさんが死去 「必殺」シリーズで人気(共同通信) - goo ニュース
惜しむ声、芸能界で続々=藤田まことさん死去に(時事通信) - goo ニュース


主演の藤田まことさん、
監督の井上監督が
昨年あたりから積極的に
キャンペーンをしている
「明日への遺言」
いよいよ3月1日(土)公開です。

実は昨年に完成披露試写会で
早めに見せていただいてました。

当日はお二人の舞台挨拶もありましたが。

昨年公開された「陸に上った軍艦」同様に
見ておくべき作品として推薦します。

戦争うんぬんを深く追求するのではなく
人間の生き様というか
ポリシーが感じ取られます。

「法戦」を戦い抜いた
岡田資中将の誇り高き生涯。

前半は、戦争の事柄や
難しい内容が続くので
少し興味のない方(私も含め)は
眠たくなるかもしれませんが、
中盤以降、グイグイと惹きつけられます。

運命というには
やはり「戦争」は惨いよね。

ほとんどが
法廷シーンですが
大げさでなく
真実を傍観するという感じで
終盤に「涙」という感動ではなく
「胸」にグッときます。

言葉にするには難しいですが。

「勇敢さ」を教えられる作品です。

公開後も舞台挨拶が開催されます。
生声でも、伝えたかったこと
聞いてみるのもいいかも知れません。

3月という劇場公開ですが
今年は8月にかけて
再度、ホール上映などがされるのでは
ないでしょうか?

「面白い」とか、「良い」ではなく
「見ておくべき作品」です。





明日への遺言 特別版 [DVD]

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 語りべ新藤兼人脚本、山本保... | トップ | 海老蔵が”生きる”と言う言葉... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ。 (michi)
2008-03-06 16:16:40
TBありがとうございました。
私からのTBが不調のため、コメントにて失礼いたします。

若い人ほど、観て欲しい映画だなと思いました。
言葉では表しにくいのですが、
悲しいとか辛いとか、そういったものではなく
一人の日本人の生き様が心にグッときました。
TBありがとうございます (カンミ)
2008-03-12 22:52:51
この映画は映像より、演技です。藤田もことはこの映画にはいませんでした、岡田資中将だけいがいました。

コメントを投稿

シネマ(邦画~2011)」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

「明日への遺言」 (やまかんむりの糖尿病日記)
映画「明日への遺言」の試写会の入場券を入手したので、先週六本木へ行って来た。 戦犯裁判をテーマにした本は角田房子のシリーズがあり、東京裁判ものも多いが、この映画は大岡昇平の「ながい道」を原作としている。本の成功と、映画の成功は異なり、映画化には出版と異...
「明日への遺言」 (てんびんthe LIFE)
「明日への遺言」ブロガーイベント 試写会&小泉尭史監督とのティーチイン  アスミックエース試写室 作品に対して予習はしていかないほうなのでこの法廷劇が戦犯に対するものであることは何気にわかっていましたが、実際に起こった戦犯裁判であったということは知り...
『明日への遺言』 (Mooovingな日々)
明日への遺言を見ました。小泉ひろ史監督。藤田まこと、ロバートレッサー、フレッドマックィーン、リチャードニール、富司純子、西村雅彦、蒼井優、田中好子ほか。 戦後の東京裁判でA級戦犯が裁かれる中、東海軍の司令官岡田資中将の隊が米軍の捕虜を略式死刑にした裁...
感想/明日への遺言(試写) (EDITOREAL)
男の生き様とはかくあるべし! 『明日への遺言』3月1日公開。B級戦犯として、連合国の裁判にかけられる岡田資中将。彼は無差別爆撃を行った米兵を、正式な裁判を経ずに処刑したことを罪に問われていた。しかし岡田はいう。「無差別爆撃は違法ゆえに処罰した。この判断の...
映画 「明日への遺言」 (ようこそMr.G)
映画 「明日への遺言」 を観ました。
明日への遺言 ("( ´ ▽ ` )ノ"ちわぁ)
明日への遺言    試写会行ってきた。 場所はららぽーと豊洲 ここの劇場はいいで
明日への遺言 (アートの片隅で)
「明日への遺言」のブロガー試写会に行って来ました。 会場は、ユナイテッドシネマ豊洲です。 やはり映画館で観れるのは、良いですねぇ(^o^) それにしても、観客が少ない、、、、以前にここでのブロガー試写会は満員だったのに、、、 どういうことなのでしょう、、、...
『明日への遺言』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
「高潔」の在りかた。 『明日への遺言』 2007年・日本・110分 監督・脚本:小泉堯史 プロデューサー:永井正夫 プロデュース:原正人 原作...
「 明日への遺言 (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【明日への遺言】2008年3月1日(土)公開 監督 ・ 脚本 : ...
[映画『明日への遺言』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆私は、『硫黄島からの手紙』を見終えたとき、あのようなふんだんな資金で作った戦争大作洋画に対し、邦画の戦争を語る作品が勝つには「戦争法廷物」しかないと語っていたものだ。 すると、この『明日への遺言』と言う、かなりの傑作が生まれた。 もっとも、東京裁判で...
【明日への遺言】を広めたい (美齢の懸賞・映画ひろば)
 【明日への遺言】3月1日(土)全国ロードショーブロガーイベントにいってきました。  ~原作:大岡昇平「ながい旅」(角川文庫刊)~・【明日への遺言】試写会(1時間50分)・小泉監督ティーチイン(1時間)第二次世界大戦後無差別爆撃を実行した米軍搭乗員...
戦争を知る。(映画/試写会:明日への遺言) (美味!な日々)
『ビー・ムービー』の試写会で予告を見て、予告だけで号泣してしまった『明日への遺言』の試写会に行ってきました。岡田資(たすく)中将の戦犯裁判~処刑までの実話の映画化です。
信念の人。『明日への遺言』 (水曜日のシネマ日記)
第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判にかけられた岡田資中将の物語です。
mini review 08320「明日への遺言」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判をたった一人で戦い抜いた岡田資(たすく)中将の誇り高き生涯を描く感動作。戦争文学の第一人者である大岡昇平の「ながい旅」を原作に、『博士の愛した数式』の小泉堯史監督が構想15年をかけて映画化。敗戦直後の混乱の中で自身の責任と...