シネマコミュニケーター高橋裕之の映画の扉!

FMaiai「MAIDO☆あまがさき」「Musicどらごん」&
FRESH「トンデモシネマTV」各レギュラー出演中!

もう韓流の総集編ですわ~「サッド・ムービー」

2017-04-20 17:32:09 | シネマ(韓流・アジア)
絶対に泣くと言われている
「サッド・ムービー」

8人による
4つの「さよなら」のエピソード。
時にエピソードが交差し
見えない糸にも驚かされます。

「泣く」と言っても
数々の韓国映画を鑑賞してきた
人にとっては
一種の総集編ではないでしょうか?

「プロポーズの届かない二人の想い」
(見たことあるう、また婚約者が・・・)

「終わった恋に気付けない青年」
(なんか知ってるう、今度は男?)

「着ぐるみの中の素顔に隠された初恋」
(また手話が手段ですか?)

「限られた時間を精一杯過ごす、母と息子」
(また死に際の素直な感情?)

ひとつひとつのエピソードには
いろんな重み、悲しみなどが
含まれていますが
「予想外」が少ない~

複数のエピソードを
ひとつの映画にしたのには拍手

さあ、あなたの「涙度」調べてみますか?

試写会場は「鼻ずる状態」の
女性もかなり多かったですう。

にほんブログ村 映画ブログへ



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意味不明エッセイ集? | トップ | シネマコミュニケーター10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

シネマ(韓流・アジア)」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

Sad Movie <サッド・ムービー> (猫野トクコの生活)
泣かせる映画と題名でアピールしているこの作品。本当に泣けるのか?
『サッド・ムービー』 (京の昼寝~♪)
愛はどうして 終わる瞬間に 一番 輝くんだろう。     ■監督 クォン・ジョングァン ■脚本 ファン・ソング■キャスト チョン・ウソン、イム・スジョン、チャ・テヒョン、イ・ギウ、シンミナ□オフィシャルサイト  『サッド・ムービー』  ...
★「Sad Movie <サッド・ムービー>」 (ひらりん的映画ブログ)
特に韓国映画が好き・・・というワケじゃないんだけど・・・ ついつい公開してると、見てしまう・・ひらりん。 タイトルからして、悲しそうだし・・・ 群像劇みたいだし・・・ でも、ひらりんでも知ってる、チョン・ウソンが出てるなっ。
「sad movie」 泣けないどころか、冷めて見てしまいました・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
試写会での鑑賞。もともと期待は、全くしないで行ったのですが、その期待以上に?つまらなかったです・・・。でも、これはあくまでも私個人の感想であって、映画館では、3分の1位の人は泣いていました。この映画が、単に私の
映画「Sad Movie <サッド・ムービー>」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:sad movie その年、梅雨はいつもより早くやってきた。レジで働く彼女を遠目に、自分の姿はウィンドウに重ねて、・・別れを告げる・・残された少し壊れた傘が物悲しい・・・ 愛の高まりに至るとき、訪れる悲しい別れ、人生の悲哀が胸に迫り心に痛い ...
mini review 07042「サッド・ムービー」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : ドラマ ラブ・ストーリー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 109分 公開日 : 2006-11-11~2006-12-22 監督 : クォン・ジョングァン 出演 : チョン・ウソン イム・スジョン チャ・テヒョン イ・ギウ シン・ミナ ヨム・ジョンア...