maido!トンデモ・シネマコミュニケーター高橋裕之

FMaiai「MAIDO☆あまがさき」「Musicどらごん」
FRESH by ameba「トンデモシネマTV」出演中

「夜のピクニック」に出かけられなかったので・・・・・(ゲスト投稿2)

2006-10-22 18:54:11 | シネマ(邦画~2011)
「夜のピクニック」
出かけられなかったbobbyshiro。

代わりにbobbyshiro 2が
参加してきたので
「僕は妹に恋をする」に続いて
ゲスト投稿参加です。
(彼の記事もかなり読まれている~)

<以下、bobbyshiro2作成>

【誰でも映画を観ている間は18歳にもどれます】
CMで流れていたこのコピーを聞いて
『そのとーり!』って思いました。

この作品は回想シーンなどを除けば、
全編学校の伝統行事である
『歩行祭』のスタートからゴールへの
24時間が描かれている。

主人公のふたりにとっては
生涯忘れることのないであろう、永い永い一日。
彼女たちのように複雑な環境では無いにしろ、
誰しもこのように
いつまでも忘れられない特別な永い一日って
あるのではないだろうか?
そう18歳のころに。
(私もちょうど18歳のころに
今でも忘れられない、
大人へのステップの特別な永い永い一日がありました。)

『夜のピクニック』を観ながら感じたのは、
どことなく
あのジョージ・ルーカスの
『アメリカングラフティ』を
想い起こさせる映画だなあってことでした。

もちろん物語の内容自体は
全く似てもいないのですが、
大人へのステップの特別な永い永い一日間。
それだけがほろ苦く描かれている点で・・・。
それと、
もうひとつ類似しているのが
サウンドトラックの素晴らしさでしょう。

青春真っ只中の人たちよりも、10年20年・・・
いやっ30年前に18歳だった人たちが
惚れる映画かもしれませんね。

追伸・・・
柄本佑さんの存在感が光っていました。
将来楽しみな役者さんですね。
お父さんを超えられるかも・・・。

「夜のピクニック」INSPIRED BEST ALBUM
オムニバス, MONKEY MAJIK, mihimaru GT, SEAMO, 2BACKKA, Takami&Teacher Fujimaki, plane
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る


アメリカン・グラフィティ ― コレクターズ・エディション

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


にほんブログ村 映画ブログへ




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブライアン・デ・パルマ健在... | トップ | ハートフルな「いちばんきれ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (can)
2006-11-01 04:55:25
確かに"今"18歳の人よりも
"過去"に18歳だった人のほうが感じるところが多い作品かもしれませんね

だから私も大ハマリだったデス
そうなんや (bobbyshiro)
2006-11-01 22:57:15
機会があれば観てみます!
Unknown (bobbyshiro 2)
2006-11-01 23:23:47
三丁目の夕日やセカチューのように
昭和の時代のお話でもなく、
地下鉄(メトロ)に乗ってのような
タイムスリッスでもなく・・・
現代の高校でのお話なのに・・・
なんででしょうね?
不思議な味わいですね。
bobbyshiroも (bobbyshiro)
2006-11-02 21:53:04
昔、高校時代に「昼のピクニック」なら
神戸・菊水山に登りました!
かなり眠かったんです…(恥) (あかん隊)
2006-11-02 23:31:55
こんばんは。TBありがとうございます。
1日に4本観ていて、その3本目でしたし、舞台が夜だったこともあって、かなり眠くて…。(^^;)
それでも、やや強引な基本設定(異母兄妹が同じクラス)も克服する自然な若さがあったので、救われました。
淡々とした (bobbyshiro)
2006-11-04 00:09:18
作品のようですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「夜のピクニック」:勝どき橋南詰バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}夜の勝どき橋もライトアップされてきれいだな。 {/hiyo_en2/}ちょっとピクニックでもしてみたい気分ね。 {/kaeru_en4/}高校生みたいにか。 {/hiyo_en2/}そう、「夜のピクニック」。 {/kaeru_en4/}あれは、80kmの道のりを歩くんだぜ。歩行祭という ...
夜のピクニック ★★★★★ (つぶやき。。。(日記帳))
「並んで一緒に歩く。ただそれだけなのに・・・・どうしてこんなに、特別なんだろうね。」 このセリフがこの物語についてを一番うまく表現しているんじゃないかと思う。 1年に一度、高校の生徒全員で一緒に24時間かけて、80キロの道程を歩く一大行事「夜行 ...
夜のピクニック (しぇんて的風来坊ブログ)
実はこの作品に出ている若手俳優さん達には疎くそう期待せずに行ったんだが良かったです。 高校の長時間徒行行事で描かれる高校生、特に女子主人公はほんとになんか地方学生っぽく見える、そこでポイントがもう高い。 時間は決して立ち止まらず、だから歩く距 ...
夜のピクニック (映画通の部屋)
「夜のピクニック」 製作:2006年、日本 117分 監督:長澤雅彦 出演:多部
夜のピクニック (奥様的部屋)
とってもよかった 原作の感動がまだ新鮮に心に残ったまま鑑賞期待以上だった 文庫本1冊分の原作から、大切なエピソードを忠実に抜き出して2時間にまとめた、と言う感じ いくつか「あのセリフは入れておいて欲しかった」と思う箇所もあったものの、ほとんど原作 ...
映画「夜のピクニック」感想 (日々是雑感ブログ)
 恩田陸の同名の小説を映画化した「夜のピクニック」(長澤雅彦監督)を見に行って来ました。そのネタバレ込みの感想です。
夜のピクニック(20061007) (cococo)
(1日に4本。その3本目) 観たかった映画を観た。原作は知らない。事前の情報も、
『夜のピクニック』 (京の昼寝~♪)
みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう。       ■監督・脚本 長澤雅彦■脚本 三澤慶子                                        ■原作 恩田 陸(「夜のピクニック ...
青春の1ページを描く映画 (|nao-life |)
日本の映画をほとんど見ない私なのですが、まもなく公開される「夜のピクニック」という映画に興味を持っています。 この映画、茨城県にある県立水戸第一高等学校(以下、水戸一高)の「歩く会」という行事をベースに、この高校出身の作家、恩田陸さんの小説 ...
夜のピクニック [試写会] (Cine bleu)
2006年  監督/長澤雅彦  原作/恩田陸 8月1日舞台あいさつに登場したのは、長澤監督・多部未華子(甲田役)・石田卓也(西脇役)の3人。 多部さん石田さんは映画の中で着ていた白のジャージ姿でした。 「数日前に主題歌がやっと決まり…」と監督。本当の意 ...
映画「夜のピクニック」 (ぶっかにっき)
今日は友人と、9月28日にオープンの川崎ラゾーナへ行ってきました。 昼過ぎから行って、映画を観て(映画館はラゾーナの中にもあるけどみたいのはやってなかった)、またちょっとラゾーナをふらついて帰ってきました。 人が多すぎ・・ ラゾーナはえらい広くて、デ ...
夜のピクニック (小部屋日記)
(日本)【DVD】 監督: 長澤雅彦 出演:多部未華子 /石田卓也 /郭智博 /西原亜希 /貫地谷しほり /松田まどか /柄本佑 /加藤ローサ 夜、並んで歩く。 ただそれだけのことなのに、どうしてこんなに特別なんだろう・・・{/star/} いい話でしたあ。{/hikari_pin...