You got a movie

自分が見た映画をきままに記録したブログです。もしまだ見ていない人が御覧になっても興味を損なわないようにしています。

クライマーズ・ハイ

2008-07-13 14:27:45 | 映画[カ行]
 監督 原田 眞人
 キャスト 堤 真一
      堺 雅人
      尾野 真千子
      山崎 努
2時間25分という長編ですが、長いと思わせない映画です。
23年前、御巣鷹山に墜落した日航ジャンボ機の事故を報道しようとする北関東新聞の記者達を描いた作品だということもありますが、やはりこの映画が観る人を惹きつけるのは、堤真一を始めとして堺雅人、尾野真千子、遠藤憲一、蛍雪次朗、でんでんらの迫真の演技だと思います。 

登山時に起きる極限の精神状態“クライマーズ・ハイ”。かってない大事故に遭遇した新聞社の全ての人達がそれと同じ様な状態に陥ったとき、自分の極限までを出しきって疲れるもの、激しくぶつかり合うもの、あくまでも 自分の信条に徹するもの、様々な悲哀を感じながらも誇りを持ち続けるもの、そういう人間模様を圧倒的な臨場感で描いています。
山登りのシーンとリンクさせた物語の進行は、題名のクライマーズ・ハイと重なってとても印象的です。
最後のシーンは原作には無いそうですが、堤真一親子の関係をもっと心情細かく描き、丁寧に最後のシーンを見せてくれればもっと感動的だったかと思います。

 ファミリー度 65点 カップル度 75点 映画好き度 75点
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奇跡のシンフォニー | トップ | ドラゴン・キングダム »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わたしも (yoko)
2008-07-20 16:37:13
最後のニュージーランドのシーンがもう少し親子復活愛を表してくれていたらと残念です。
ですが 俳優人たちの演技がすばらしくて あの新聞局の編集室にいるような緊迫感、緊張感がすごく伝わりました。
クライマーズ・ハイの意味も初めて知りましたが あの事故があってからの1週間の記者たちの状況、まさにそうでした。

あの堺雅人を演じた記者が 原作を書いた横山秀夫さんだそうです。地方新聞社の記者だったからこそ このような本が書けたのだと思います。先陣として御巣鷹山に登ったリポートを聞くとその惨劇に胸が痛いです。
今のように携帯電話のない時代。記者たちの苦労もまた知ったのでした。

TRありがとうございました。
yokoさん、こんばんは (bobby101)
2008-07-24 23:47:15
 コメントありがとうございます。この映画はストーリーよりも役者の演技が迫真に迫っていて良かったですね。堤真一や堺雅人だけでなく、対抗心を燃やす相手の遠藤憲一も良かった。目立たないですがでんでんもいい味を出していましたね。山崎努もうまいのですが役が悪かったかな。
 私は堤真一が演じたデスクの役が原作者だと思っていました。意外です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「クライマーズ・ハイ」:門前仲町バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}俺って、こういう赤い成田山の門とか見ると、なんかこう心がウキウキしてきてハイな気分になってくるんだよなあ。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}成田山だけに、クライマーズ・ハイになるのかな? {/hiyo_en2/}うーん、それは“山”ちがいだと思うけ...
『クライマーズ・ハイ』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫  □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高...
クライマーズ・ハイ (Akira's VOICE)
舞台構成の巧さがスクリーンに見入らせる!  
クライマーズ・ハイ (yoko's cinema dairy)
 ☆☆☆☆ 堤真一、堺雅人、山崎努、尾野真千子 俳優さんたちの迫真の演技の予告編を見て、これほどまでに見たい!とおもった邦画は 初めてかも。特に北関東新聞の編集局のある部屋での映像は 迫真の演技でのめりこんで見入ってしまった。まるでドキュメンタリーを...
香りある人間。『クライマーズ・ハイ』 (水曜日のシネマ日記)
1985年に群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐる地元新聞記者たちの物語です。
クライマーズ・ハイ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
極限状況の中、男たちはなにを伝えるのか。混乱する現場で未曾有の大事故を追った新聞記者たちの激動の1週間。決断を迫られた男たちはその時・・・。 物語:1985年8月12日――。終戦記念日を3日後に控え、日本国中が中曽根首相の靖国公式参拝の動向を固唾を飲んで見...
クライマーズ・ハイ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
極限状況の中、男たちはなにを伝えるのか。混乱する現場で未曾有の大事故を追った新聞記者たちの激動の1週間。決断を迫られた男たちはその時・・・。 物語:1985年8月12日――。終戦記念日を3日後に控え、日本国中が中曽根首相の靖国公式参拝の動向を固唾を飲んで見...
mini review 08348「クライマーズ・ハイ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像...