海鳴記

歴史一般

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本は母系社会である(52)

2017-04-24 10:03:06 | 歴史

                              (52) 

 吉本は、これらの連関から、邪馬台国が直接、大和王権に結びついたなどと言っているのでは勿論(もちろん)ない。また、『古事記』の編纂者(へんさんしゃ)たちが、邪馬台の官制をそのまま踏襲(とうしゅう)したと言っているわけでもない。ただ、「初期天皇の名称(めいしょう)から、その世襲(せしゅう)的な宗教(しゅうきょう)的王権根拠(こんきょ)として、たかだか邪馬台国的な段階と規模(きぼ)の<国家>しか想定していなかった」のではないかと言っているだけである。

 おそらく吉本は、現在まで続いている天皇制が、どこから由来(ゆらい)し、どのように出現(しゅつげん)してきたかわからないにしても、それほど古く起源を(さかのぼ)れることはできないと考えているようであるそして、天皇の天皇たる由縁(ゆえん)である大嘗祭(だいじょうさい)の意味合いが(と)ければ、また天皇陵の発掘(はっくつ)実現すれば天皇制は今すぐほぼ解体(かいたい)するようなことをどこかで言っていたような記憶(きおく)があるしかし私には、それはそう簡単(かんたん)にいかないように思える。なぜなら、天皇が掌握(しょうあく)したと考えられる神権(しんけん)は、最初に発生した母権・母系と結びついていたと考えられるからである。もし、そうだとすれば、邪馬台のような高度な国家社会より、数千年前という国の起源まで(さかのぼ)れることになるのではないだろうか

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本は母系社会である(51) | トップ |   

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL