カプリシオサス

あちらこちらで目にした雑事点景もろもろ拾遺。
日々時折思いついた「ことの葉」の備忘録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

またまたこの日がやってきた

2017-03-07 18:28:44 | なんとなく

本と光陰矢の如し、

近づいてくるたびにプレッシャーが高まりつつ、

あっという間にこの日に、

「気が付けばというより、

またこの日がって感じで憂鬱、

だいぶ前から鬱陶しくなってて、

トラップかけられ、だから何って感じだけど、

一番嫌いなスタイルでの脅迫そのもの、

全く違う事囁いて、ブログ更新のレコードにしておこうかな。

偶然の一致もしくはニアミス体験、

2009年夏に三陸エリアへ出かけていて、景観を堪能し、

みちのく旅の思い出の地をテレビで見るたびに、行った行ったって自己満足してたが、

まさかの大災難が起こるとは、間もなくその日が来るが、

自分が行ったからか?何てこじつけてしまう、

過去にも数回そんな形での、思いでの土地が姿を変えてしまった。

1988人世初の海外旅行、訪れた西海岸の大都市、SFとLA、

往路の機内で、SFの消防本部の職員と隣席同士になり、

東京で防災会議に参加してきたとお話を聞いた。

なんとその一年後1989SF地震が発生、

訪問地の被害報道を目にし、惨状にびっくり、彼の消息は確かめるすべもないが、

そのあまりに時間的な近さに驚く、

さらにその後、1991年ごろか、神戸に新巡航される観光船に乗り、神戸の町へ、

市内観光を堪能し帰路に付いたが、その数年後1995年1月阪神大震災で、

この時もまた訪れた街が大惨事、またまたびっくり、

さらにさらに、Y2Kで大騒ぎした2000年秋、

アメリカ東海岸へ旅行に出かけ、定番のNYC、DCの観光スポットを巡ったが、

WTCビルへも当然訪れ、屋上展望階からハドソン川の夕日を眺めたり、

遠目に自由の女神を臨んだりと、マンハッタンの観光を堪能した、

そして翌2001・9・11、まさか事が、

テレビ報道でリアルタイムで崩れゆくWTCを見て驚愕。

初めて行ったところ、何年もいかなかったところに再訪と、

自身が、そんな非日常の行動をすると、大きなことが起こるって、

そういえば、4年前久しぶりに会った旧友と、次の機会を約したが、

その年の夏、遠いところに旅立ってしまった。

めったにしないことやったり、行ったりってのが、

この先に何か起こるのではと、

少々私的ホラートラウマ。」

一年前の記事をそのままコピー

相変わらずの3月7日は鬼門、

結局何もせずに時間が過ぎるだけ、

偶然の一致体験は相変わらず、

テレビ報道とほぼシンクロして、新聞記事で同じ事象を見るという事幾度となく、

新聞記事を見て視線をテレビに移すと同じ報道って、

どちらが先かはその都度違うが、あまりの頻度に怖くなる、

時計を見ずとも誤差1、2分で現在時刻を言い当てるなんてことも日常茶飯事、

見えないものになぜか支配されてるのかなと、思いつつもそんなこと無いって否定する心が揺らぐ

そんな1年後の更新は、内容ないよう(>_<)

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は12・12ゾロ目ってる | トップ | またまたの気まぐれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。