東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明グループの論文捏造、研究不正

東京大学 分生研 加藤茂明教授の研究室による類似画像掲載論文について (うっかりミスか?偶然か?研究不正か?)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新华网:东京大学曝学术造假“大案”

2002-04-06 21:06:02 | 報道一覧

新华网:

东京大学曝学术造假“大案”

2013年07月25日 16:56:14 

新华网东京7月25日电(记者蓝建中)日本东京大学25日宣布,除了已撤回的两篇论文外,该校分子细胞生物学研究所前教授加藤茂明(2012年3月已辞职)的研究小组发表的41篇论文也应当撤回,因为存在大量篡改和捏造实验数据的行为。

    东京大学去年1月接到举报后成立调查委员会,对加藤茂明1996至2011年间参与过的165篇论文进行了调查,结果发现,有43篇论文存在不当使用图片等故意捏造行为,如图像合成和翻转加工等。除了其中两篇已从投稿媒体撤回外,调查委员会认为另外41篇论文也应当撤回。

    调查报告认为这是明显故意的篡改和捏造,性质恶劣。即使加藤茂明没有直接参与论文的写作,也导致东京大学学术研究信任度受损,因此应该承担重大责任。加藤茂明对此回应道:“存在篡改和捏造的事实,没有能够看穿造假的人,这都是我的责任。”

    加藤茂明是日本分子生物学研究领域的权威,他领导的研究项目曾获得大量政府资金。日本媒体指出,如此长期、大量的论文造假行为,在日本学术界极为少见。今后很可能要求其返还研究经费,研究小组的一些人可能也会被取消博士学位。

    2006年,日本文部科学省设置了“不良研究行为特别委员会”,并以特别委员会的名义,发布了《应对研究活动中不正当行为的处理准则》等一系列具有法律效力的文件,以预防学术腐败行为。但在巨大的个人利益以及日益激烈的学术竞争面前,仍不断有人以身试法。

http://news.xinhuanet.com/tech/2013-07/25/c_116688944.htm

http://megalodon.jp/2013-0805-1016-48/news.xinhuanet.com/tech/2013-07/25/c_116688944.htm

 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日新聞:東大43論文に改... | トップ | Science Insider: Whistleblo... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。