牡丹の日記

自分を必要としてくれる人っているのかしら。

報道の優先順位は、皇室の婚約でも、北朝鮮の新型ミサイルでもなく

2017-05-19 11:24:52 | 日記
『共謀罪法案』についてではないのか。
自滅への道を歩んでいるマスメディアよ。
私達一般人を道連れにしないでくれ。
昨夜の共謀罪法反対・反安倍の抗議集会。
日比谷野外音楽堂は、多数の賛同者で、文字通り埋め尽くされた。
座席も立見場所も、すし詰めに近い状態だった上、観客エリアに入りきらず、
場外でスピーチを聞きながら待機していた人達も大勢いたらしい。
主催者発表の“4,200人” は、かなり実際に近い数字と思われた。
参加者の多くは、組合や宗教など、様々な団体に所属している人達が占めていたよう
で、数人に1人くらいの割合で、所属団体ののぼりを掲げていた。
余りに数が多く、のぼりの字を目で拾うどころか、のぼりの数を数えることさえ一瞥して「あ、無理」という景観だった。
壇上には、各団体の代表者と維新以外の野党の衆参両院の議員が50人程、集結していた。
そこでの75分間、壇上の代表者等が次々共謀罪法反対、反安倍のスピーチを力強くぶちかますなかで、面白い、と云えば語弊があるが、驚いた場面があった。
宗教団体の代表者がスピーチをする時のこと。
演台の両側に、各々の宗教団体ののぼりがずらり並ぶ中、赤青の旗が2本、演者をはさんで、両脇に掲げられたのだ。
「おやっ?」と、思う間もなく語られたスピーチの内容は、母体の創□学会の立場から、共謀罪法創設に賛同しているKM党を激しく糾弾するところから始まった。
曰く「創始者牧□は、国に、治安維持法で捕らえられ、拷問を受け、獄中死した。
与党でありたいが為のKM党の言行。牧□が墓の中で泣いているぞ!」と。
KM党と創□学会の関係って、一体どうなっているのか。
治安維持法と新興宗教団体といえば、戦前国から2度も大弾圧を受けた、□本(教)を思い出す。
今、安倍政権を牛耳って、共謀罪法を創設させようとしている “日本会議” の連中は、皆、生□の家の始祖、谷口雅□の狂信者。
ところが、谷口雅□は、生□の家を始める前は、□本(教) に所属していて、そこからスピンアウトした人物。
一方、□本(教)の教祖は、金□教の元信者だったと、言われていて、その金□教は、
昨夜の共謀罪法反対集会に参加していた。
新興宗教って、きちんとした脈絡のようなものなど無いのだろうか。
全スピーチ終了後、参加者はいくつかのグループに分けられ、順次、街宣車の後に続いてシュプレヒコールを繰り返しながら約1時間かけ、鍛冶橋までデモ行進を行った。
私が紛れ込んだグループが、奇しくも“日本会議” が目の敵にしている日教組の人達からなっていたことが、デモの途中「日教組は子供や若者達を戦争に行かせないぞー!」というコールでわかった。
今日、明日はパスして、19日(金曜) 夕刻に国会議事堂前に行く。

D10媚薬催情剤:http://www.allkanpou.com/product/D10.html
MACA:http://www.allkanpou.com/product/MACA2.html
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 疲れた | トップ |   

あわせて読む