雑記帳

気になった本、
気になった新聞記事などを掲載。

フォルクスワーゲン日本法人の常務、覚醒剤使用容疑で逮捕

2017年06月15日 | 日記
TBS NEWS
─15日
0時50分─
フォルクスワーゲン日本法人の常務、覚醒剤使用容疑で逮捕

ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」の日本法人で
常務執行役員を務める男が、覚醒剤を使用したとして逮捕されました。

逮捕されたのは、フォルクスワーゲングループジャパンの常務執行役員で
ドイツ国籍のトーマス・ジーベルト容疑者(53)です。

ジーベルト容疑者は今月上旬ごろ、都内周辺で覚醒剤を使用した疑いが持たれています。

警察によりますと、横浜税関からの通報を受け、
今月、ジーベルト容疑者の自宅の家宅捜索を行ったところ、
尿から覚醒剤の陽性反応が出たということです。

取り調べに対し、ジーベルト容疑者は
「コカインを使ったことは認めるが、それ以外の薬物は使っていない」
と容疑を否認しているということで、警察は覚醒剤の入手ルートなどを
詳しく調べています。

フォルクスワーゲングループジャパンは
「事実関係が明らかになり次第、適切に対処いたします」とコメントしています。












ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 園児2人死亡、感染症の可能性... | トップ | マウンテンバイクで女性ひき... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。