雑記帳

気になった本、
気になった新聞記事などを掲載。

スペインの人気闘牛士(36)、牛に角で刺されて死亡(フランスで開催された闘牛祭で)

2017年06月18日 | 日記
スペインの人気闘牛士、牛に角で刺されて死亡 フランス
6/18(日) 13:37配信
AFP=時事



仏エールシュルラドゥールの闘牛祭で、
牛に角で刺されて負傷した
スペイン人闘牛士イバン・ファンディーニョ氏
(中央、2017年6月17日撮影)。
【翻訳編集】 AFPBB News


フランス南西部エールシュルラドゥール(Aire-sur-l'Adour)で17日、
スペイン人の一流闘牛士が牛に角で刺され、搬送先の病院で死亡した。

医療関係者が明らかにした。



【関連写真】牛に刺された瞬間


死亡したのはスペイン北部バスク(Basque)出身の人気闘牛士、
イバン・ファンディーニョ(Ivan Fandino)氏(36)。

仏エールシュルラドゥールで開かれていた闘牛祭で闘牛に出場中、
マントに足を取られてよろめいた際に牛に突かれ、
その角がファンディーニョ氏の肺に刺さった。


闘牛は数百年の歴史を持つスペインの伝統競技。

1年の開催回数は約1800回、計600万人の観衆を集める。

闘牛はスペインの文化に不可欠な芸術のひとつだという声がある一方、
動物愛護の観点から闘牛廃止を求める当局への圧力はますます高まっている。

【翻訳編集】 AFPBB News

◆◆  ◆◆

(コメント欄)

◆ero*****
8時間前
リスクを承知で、闘牛士になったんだもん。
まあ、男子の本懐ってやつだね。
ところでグリンピースさん、
捕鯨はダメで
スペインの闘牛やイギリスの狩猟はOKってその基準は何?

◆mom*****
8時間前
人間の意思で牛を興奮させて戦ってる
牛は何も悪くない
競馬の調教師がサラブレッドに蹴られて死んでも
騎手がレース中に落馬して大怪我しても
すべて人間の自業自得

◆kon*****
8時間前
個人的には闘牛は廃止したらいいと思う。
毎回毎回、痛めつけられ見世物にされる牛が気の毒でならない。
公然と動物虐待されているあんなものを見に行く人の気が知れない。


◆ysms
7時間前
苦しんで殺されて行く牛が可哀想。

◆tos*****
7時間前
動物虐待
こんなショー見て何が楽しいのか理解不能


◆765ASP
7時間前
人間の娯楽の為に殺される牛の無念を思えば、同情する気持ちはない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダム放流、下流で親子が流さ... | トップ | 神鍋高原マラソンで26歳の... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。