雑記帳

気になった本、
気になった新聞記事などを掲載。

<死体遺棄>逮捕の男女 半年間生存を偽装 愛知・新城

2016年10月14日 | 日記
<死体遺棄>逮捕の男女 半年間生存を偽装 愛知・新城
毎日新聞 10月14日(金)14時2分配信

愛知県新城市の山中にある廃屋で同市七郷一色上松、
無職、荻野サクコさん(71)の遺体が見つかった事件で、
死体遺棄容疑で逮捕された
いずれも住所不定、無職の小久保裕弘(40)と影山友美(41)の両容疑者が、
新城市の福祉担当者に対して荻野さんの親戚をかたり、
死後約半年間にわたって荻野さんが生きているように装っていたことが
同市への取材で分かった。

捜査関係者などによると、
荻野さんは1人暮らしで年金生活をしていたが、
預金通帳などは両容疑者が管理していたという。

荻野さんの年金は死後も支給されていたとみられ、
県警は両容疑者が年金を詐取するため
生きているように装っていた可能性もあるとみて調べている。

【道永竜命、野村阿悠子】
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女子更衣室に侵入、段ボール... | トップ | ノーブラ主義の結果 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。