雑記帳

気になった本、
気になった新聞記事などを掲載。

「なんで俺が分かった?」と中国人 事件動かした捜査1課特命班の執念

2017年03月06日 | 日記
産経ニュース
2017.3.6 14:35更新
【歌舞伎町クラブ襲撃】
発生16年、「なんで俺が分かった?」と中国人 事件動かした捜査1課特命班の執念

発生から16年となり、10年以上も前に捜査本部も解散していた今回の事件。

警視庁捜査1課で未解決事件の捜査を担う特命捜査対策室(特命班)が、
捜査を動かした。

DNA型鑑定の技術向上でコールドケース(長期未解決事件)が
一気に解決する事例があるが、今回の事件では資料の洗い出しや
尾行など地道な捜査が容疑者を捜査線上に浮かび上がらせた。

「犯人の1人が国内に潜伏している」。

端緒は約2年前、新宿署の刑事からの連絡だった。

元捜査1課の刑事は署に眠る資料の洗い出しを進め、
犯行グループの1人である男(38)の所在を突き止めた。

男の名前は中国で判決を受けた3人が供述していた。

連絡を受けた特命班は、
男が兵庫県姫路市に住んでいることを割り出して捜査員を派遣。

男の行動確認を進める中で、DNA型などを把握。

改めて現場の血痕を鑑定したところ、複数の資料が男のDNA型と一致した。

だが、強盗殺人事件に関与した決定打ではなかった。

特命班が、空港での入国審査時に
指名手配犯などのリストと照合する
生体情報認証システム(BICS)に、
この男の指紋を入力したところ別の名前が浮上。
男が偽名で出入国を繰り返していたことが判明した。


2月1日、特命班は姫路市で潜伏していた男を入管難民法違反容疑で逮捕。

強盗殺人などの時効は撤廃されたが、
入管難民法違反の時効は2カ月後に迫っていた。

「ギリギリのタイミングだった」(捜査幹部)

男は姫路市から移送中の新幹線の車内で16年前の犯行について関与を認めた上で、
捜査員に問いかけた。「なんで俺が分かった?」(三宅令、緒方優子)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

16年前の歌舞伎町クラブ襲撃 強殺容疑で本格捜査 不法入国で逮捕の中国人
産経新聞 3/6(月) 7:55配信

東京・歌舞伎町のクラブで平成13年8月、
店長の伊藤隆三郎さん=当時(59)=が刺されて死亡し現金が奪われた事件で、
入管難民法違反容疑で逮捕、起訴された中国籍の男(38)=兵庫県姫路市=が
事件に関与した疑いが強まったとして、警視庁捜査1課が近く強盗殺人容疑などでの
捜査を本格化させる方針を固めたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。

事件発生から16年。捜査1課は全容解明に乗り出す。

中国籍の男は、2月1日に潜伏先の姫路市内で逮捕されていた。

捜査1課のこれまでの調べに襲撃など事件への関与を認めた上で、
「殺すつもりはなかった」と殺意については否認していた。

その後の調べで、犯行時の状況などから誤って伊藤さんを死亡させたのではなく、
襲撃した5人全員が事前に刃物を用意するなど計画的に殺意を持って刺した
疑いがあると捜査1課は判断したもようだ。

強盗殺人容疑での立件に向け、捜査を本格化させる方針だ。

事件をめぐっては、捜査1課が14年、
リーダー格の男を含む3人について国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配。

中国公安当局が15年、3人の身柄を拘束した。

その後、現地の裁判所がリーダー格の男に死刑判決、
残る2人に懲役15年と懲役3年の判決をそれぞれ言い渡した。

事件は13年8月16日午前2時10分ごろ、
新宿区歌舞伎町の中国人ホステスらが在籍するクラブ「ヴィーナス」で発生。

5人組の男が押し入り、店長の伊藤さんの腹を刃物で刺して死亡させた後、
客やホステス計12人を拘束し、現金約260万円や貴金属を奪って逃走した。

捜査1課は残る1人の行方も追っている。

◆◆  ◆◆

(コメント欄)

◆ppap*****
2017/03/06 14:56
中国で逮捕されたから一人は死刑にできたんだろう
日本で逮捕されたら日本国民の多くが
「死刑は国家の殺人!」と反対して懲役刑で済まされてたな

◆asianrobo
2017/03/06 08:01
冗談抜きで、中国人が入国する際の審査は厳しくした方がいいと思う。
すでに地下にもぐったり、コロニー作ってるの結構いるだろ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【日本ニュース】ヘリ墜落 搭... | トップ | 中2男子が電車にはねられ死... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。