雑記帳

気になった本、
気になった新聞記事などを掲載。

精神科医、26歳女性の自宅に侵入、乱暴、余罪もあり

2016年12月02日 | 日記
◆精神科医、千葉県内の26歳の女性宅に侵入し、乱暴。
勤務していた長野市の病院でも、
抵抗できない状態の10代の女性患者に
わいせつな行為。



26歳女性の自宅に“侵入、乱暴” 47歳の医師逮捕
テレビ朝日系(ANN) 12/2(金) 11:58配信

千葉県内に住む26歳の女性の自宅に侵入して乱暴したとして、
47歳の医師の男が逮捕されました。

男は長野市の病院で、
患者の女性にわいせつな行為をしたとして起訴されています。

医師の伊藤樹容疑者は2011年12月の深夜、
千葉県内に住む女性の自宅に侵入し、
乱暴した疑いが持たれています。

警察によりますと、
伊藤容疑者は部屋で寝ていた女性に暴行を加えて
脅すなどして犯行に及んだということです。

取り調べに対し、伊藤容疑者は容疑を否認しています。


伊藤容疑者は9月、
勤務していた長野市の病院で
抵抗できない状態の10代の女性患者に
わいせつな行為をしたとして逮捕され、起訴されています。

病院によりますと、
伊藤容疑者は精神科医で先月、懲戒解雇されたということです。




26歳女性の自宅に“侵入、乱暴” 47歳の医師逮捕(16/12/02)












◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

住宅に侵入、就寝中の女性を乱暴した疑い 精神科医の男逮捕 千葉
フジテレビ系(FNN) 12/2(金) 12:50配信

千葉・松戸市で住宅に侵入し、
就寝中の女性を乱暴した疑いで、
47歳の精神科医の男が逮捕された。

逮捕された精神科医の伊藤 樹(たつる)容疑者(47)は、
2011年12月深夜、松戸市の女性宅に侵入し、
寝ていた女性に暴行、脅迫し、無理やり乱暴をした疑いが持たれている。

調べに対して、伊藤容疑者は、
「話したくない」などと容疑を否認しているという。

伊藤容疑者は、
抵抗できない状態の女性患者(10代)の体を触るなどのわいせつ行為をした疑いで、
2016年9月に、長野県内で逮捕されていた。

千葉県内では、
就寝中の女性が乱暴される同様の事件が数件起きていて、
警察は、伊藤容疑者との関連を調べている。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(私のコメント)
>伊藤容疑者は9月、
勤務していた長野市の病院で
抵抗できない状態の10代の女性患者に
わいせつな行為をしたとして逮捕され、起訴されています。

>病院によりますと、
伊藤容疑者は精神科医で先月、懲戒解雇されたということです。



前に、岩手県の精神科医が、
ビタミン剤と偽って、
女性に睡眠薬を服用させるなどして、
少なくとも、2人の女性に、
わいせつ行為を行っているのですが、
判決は、
執行猶予付きのもので、
野放しになっているんですよね。。。

薬物を使った、
非常に悪質な性的犯罪なのですが、
判決がびっくりするほど甘いのが現実です。

これでは、同様の犯罪は減るはずがないですよね。。。


上の記事の、
抵抗できない状態の10代の女性患者というのは、
薬物を使って昏睡状態にされた患者ということ
ですよね?
それならそうと、はっきり書いてほしいです。。。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2ちゃんねる

睡眠薬のませわいせつ行為 精神科医を逮捕、岩手

1 :卵の名無しさん:2006/02/25(土) 14:11:42 ID:ODwC3ZGj0

睡眠薬のませわいせつ行為 精神科医を逮捕、岩手

・岩手県警紫波署は23日、
準強制わいせつの疑いで、
同県矢巾町、都南病院(盛岡市)の
精神科医浜崎高行容疑者(42)を逮捕した。

調べでは、浜崎容疑者は昨年9月23日、
自宅で知人の飲食店従業員の女性(18)に、
ビタミン剤と偽って睡眠薬をのませて眠らせ、
体を直接触った疑い。
容疑を否認しているという。

同署は睡眠薬所持の有無やのませた経緯などを追及している。
浜崎容疑者は9月23日は休みだった。
女性は、浜崎容疑者の自宅で
同日午前11時40分ごろから午後9時半ごろまで寝ていたため、
不審に思い紫波署に相談し、尿から睡眠薬の成分が検出された。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006022301002505

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(転載元)
http://mamoru235.jugem.jp/?eid=78

矢巾町の少女準強姦:別少女に性暴力、起訴事実認める元医師 /岩手

知り合いの女性(当時18歳)に睡眠薬を飲ませ
裸をデジタルカメラで撮影するなどしたとして
準強制わいせつの罪に問われた矢巾町西徳田5地割、
元精神科医師、浜崎高行被告(42)に対する公判が30日、
盛岡地裁(杉山慎治裁判長)であった。

浜崎被告は、当時患者だった別の少女にも
薬物を飲ませて性暴力をしたとして追起訴され、
この起訴事実についても認めた。

起訴状によると、昨年9月6日午後5時半ごろから同日午後7時20分ごろ、
当時担当の患者だった無職の少女(当時18歳)を自宅に連れ込み、
薬物を飲ませてこん睡状態にさせ、性暴力をするなどした。【安田光高】

毎日新聞 2006年5月31日
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平子理沙ら所属 恐喝未遂で逮... | トップ | 超エリート法曹一家の息子も ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。