雑記帳

気になった本、
気になった新聞記事などを掲載。

兵庫女児刺殺9年母親が心境 「一日たりとも諦めたことない」

2016年10月15日 | 日記
兵庫女児刺殺9年母親が心境 「一日たりとも諦めたことない」
神戸新聞NEXT 10月15日(土)7時30分配信



鵜瀬柚希さん(家族提供)


兵庫県加古川市別府町の小学2年鵜瀬柚希(うのせ・ゆずき)さん
=当時(7)=が自宅前で刺殺された事件は未解決のまま、
16日で9年となる。

母江梨香さん(36)が取材に応じ、
「一日たりとも事件解決を諦めたことはない」と心境を語った。

柚希さんの同級生は今、高校2年生。

江梨香さんは機会あるごとに成長した娘の姿を思い浮かべようとしたが、
「私にとって柚希は色白で元気いっぱいな小学2年生のまま。
成長している姿を思い描けない」と涙をためた。

柚希さんの姉は現在、高校3年生で専門学校への進学を決め、
妹は高校受験を迎える。

9年間、2人に何度も助けられたといい、
「それぞれ新しい挑戦をする。『あの時、こうしていたら』と、
いつまでも自分を責めるのではなく、柚希のためにも
前を向いて生きていこうとようやく思えるようになった」と明かした。

兵庫県警によると、この1年にあった情報提供は5件。

江梨香さんは「事件を風化させたくない。どんな情報でも寄せてほしい」と訴えた。

兵庫県警加古川署捜査本部TEL079・427・0110

(津田和納、井上 駿)


【加古川女児刺殺事件】 
2007年10月16日午後6時すぎ、
小学2年の鵜瀬柚希さん=当時(7)=が、
加古川市別府町新野辺の自宅前で何者かに刃物で刺され、死亡した。

柚希さんは近くの公園から帰宅した直後で、自宅裏に自転車を止め、
家に入るまでのわずかな間に襲われたとみられる。

凶器は見つかっていない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風呂から出たら、部屋に知ら... | トップ | 娘2人を練炭で殺害 父親に執... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。