雑記帳

気になった本、
気になった新聞記事などを掲載。

(週刊新潮)「豊田真由子」その女代議士、凶暴につき(2)

2017年06月30日 | 日記
「豊田真由子」学芸会&ミュージカル罵詈雑言 ♪たまげた~たまげたよ~~

■「豊田真由子」その女代議士、凶暴につき(2)

6月22日に自民党を離党した豊田真由子代議士(42)。

身の危険を感じていた元政策秘書の男性(55)は、
その振る舞いの一部始終をICレコーダーに記録していた。

そこに残されていたのは「このハゲーーーーーっ!」の大絶叫、
そして暴行音……。

支持者へのバースデーカードの“宛先ミス”が招いた彼女の怒りは、
これだけでは収まらなかった。

 ***

怒りに任せて政策秘書を殴打した豊田氏は、
さらに早口のベランメエ調大絶叫でまくし立て、彼を罵倒した。

「おー! お前はどれだけあたしの心を叩いてる!」

「お前はどれだけあたしの心を叩いてる!!」

「分かってないよ!!!」

政策秘書は、罵倒はともかく、暴行だけは何とか止めてもらおうと、

「叩くのは、すいません……」

こう懇願するものの、豊田氏はお構いなしだった。

「私の心を傷付けるな!
これ以上、私の支持者を怒らせるな!!
お前が叩くよりよっぽど痛いよ!!!」

■秘書への人格攻撃

自身の拳で政策秘書を殴っておきながら、
自分の心のほうが痛いのだと、
倒錯した論理で秘書を責め立てる豊田氏。

その恐怖のイビリは終わる気配を見せない。

「叩かれるほうがよっぽど楽だよ、
叩いていいよ私のこと。
だから頼むから! 支持者を怒らせるな!!」

「お前は頭がおかしいよ!」

「お前が(お詫びに)行け!」

「お前が今から行って来い!!」

「お前が全部配り終わって来いよ、今日中に!!!」

豊田氏の理不尽な罵詈雑言は、ますますエスカレートしていく。

「お前が受けてる痛みがなんだ!
あたしが受けてる痛みがどれくらいあるか、
お前分かるかこの野郎!!」

「このキチガイが!!!」

そして、豊田氏は政策秘書の人格攻撃を開始する。

「え? 自分(政策秘書のこと)を優秀だと思ってんの?
人から評判良いと思ってる?
いや、私、あなたを雇う前にいろんな人に聞いたんだけど、
あなたのこと悪く言う人もいなかったよ、
でも褒める人もいなかった。
ああ、おとなしい可もなく不可もない人ですねっていう、
まあおとなしい人ですよって。
まあ悪いこととかはしないんじゃないですかと。
でも目立たない。
長年(秘書を)やってたけど、
みんなからすごい好かれたとか、
すごく頼りにされたとか、
活躍したという話も聞かないねと」

「だって、これだけ仕事できなかったら良い話はないでしょ」

いくら政策秘書は豊田氏が雇った「部下」であるとはいえ、
仮にも年上の男性に対して発する言葉ではない。

純度120%のパワハラであり、人間の尊厳を踏みにじる人権侵害である。


■ミュージカル調のイジメ

政策秘書を暴行の上、口汚く罵った豊田氏は、この後、「作戦」を変更する。

彼へのあてつけとして、延々とひとりごとのように嫌味を呟き続けたのだ。

しかも、なぜか演劇調で……。

なお事前に解説を付しておくと、
政策秘書が、
事務所スタッフの誰もミスをするつもりはなかったし、
迷惑を掛けるつもりもなかったと釈明したことを、
以後、豊田氏は執拗にネチネチとあげつらっていくのである。

芝居がかった学芸会のセリフ調で、彼女は政策秘書をこうイビリ始めた。

「あ〜あ、あ〜あ、ひどい目に……。
ひどい目に遭った、今日は悲しかった、あ〜あ。
あ〜あ、次はなんだろうねえ、次はどんな、
次はどんな嫌がらせが来るかな〜?」

ここで声色を高くし、「高音学芸会」に変調した豊田氏は続けた。

「『そんなつもりはありませ〜ん』。
どんな嫌がらせが来るかな〜。
次はあたしはどんな恥をかかされるのかねえ、
どんな恥をかかされるのか!」

「次はどんな嫌がらせが、隠されて、いるのかな〜?
君たちのそのハゲ頭の中には!」

そして、彼女の嫌味イビリは、
「即興ひとりミュージカル」とでも表現すべき、
独特の節が付けられたものに変わっていく。

念のために予(あらかじ)め断っておく。

これから紹介する、
豊田氏による「論理すり替えミュージカル」も
録音音声が残された実話である。

それでは、舞台経験のない素人が、
即興でとってつけたようなミュージカル風の
抑揚を付けて歌っている場面を想像しながら、
以降を読み進めていただきたい。

■次は民進に名簿でも売るのかな~

彼女はゆっくりとこう始めた。

♪次はどんな失敗が来るのかな〜

次はどの地元の人を怒らせるのかな〜

ちょっとドキドキだな〜

これよりすごいことあるかな〜〜〜

あるだろうな〜

そして「豊田ミュージカル」は、どういうわけか突如、アップテンポに転じる。

♪なんでもかんでも〜

聞き間違え〜

なんでもかんでも〜

読み間違え〜

書いてあっても〜

理解しない〜

山田ハナコさんと田中テツオさんは違う人〜〜〜

名前間違えちゃった宛先で出しちゃダメよ〜

そんなことを間違える人がこの世にいるとは〜

びっくりたまげた〜〜〜〜〜

たまげたよ〜

ここで豊田氏は大絶叫を挟む。

「つもりがなくてもなあ! 人殺したら過失致死で牢屋に入るんだよ!!」

そして再度、ミュージカル劇場に。

♪次は民進(党)に名簿でも売るのかな〜

そんなつもりはなかったんです〜

でも名簿が勝手にコピーされて〜

なぜか〜

吉田(豊田氏の選挙区の民進党候補)の事務所に送られちゃったんですううううう〜

そんなつもりはないんです〜〜〜

そんなつもりがなかったらいいの〜〜〜〜〜

 ***

(3)へつづく

特集
「被害者が捨て身で現場『音声データ』録音!
秘書数十人を遁走させた驚愕の『絶叫暴言』『暴行傷害』
『豊田真由子』その女代議士、凶暴につき」より

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06300800/?all=1

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(私のコメント)

>「このキチガイが!!!」

このセリフ、
「この、ハゲーーーー!!!」
と同じくらいインパクトのある言葉ですが、
テレビ番組では、どこも取り上げないですね。。。

キチガイという言葉は、
差別用語であるということで、
取り上げないのでしょうね。。。

週刊誌の読者よりも、
テレビの視聴者のほうが、
圧倒的に数が多いでしょうし、
影響力があるのだから、
こういうセリフも、
きちんとテレビで取り上げてほしいです。

それと、
バースデーカードの名前を間違えたのは、
怒鳴られている政策秘書ではないらしいのに、
そんな大事なことを、
どうしてはっきりと書かないのでしょうか???

いろんなメディアが、
名前を間違ったのは、
政策秘書ではなく、
別のスタッフであるということを、
報道していないので、
47人分も!!!
別人の名前を書いてハガキを出したのが、
怒鳴られている政策秘書だと思っている人が、
ものすごく多いのではないでしょうか?








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党 豊田真由子議員新た... | トップ | このブログの重要記事一覧 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。