雑記帳

気になった本、
気になった新聞記事などを掲載。

【特殊詐欺】「だまされたふり作戦」発動で「受け子」はなぜ無罪になったのか

2016年09月18日 | 日記
【特殊詐欺】「だまされたふり作戦」発動で「受け子」はなぜ無罪になったのか
園田寿 | 甲南大学法科大学院教授、弁護士
2016年9月18日 10時8分配信
(提供:アフロ)

■はじめに

先日(9月12日)、福岡地裁でたいへん興味深い判決が言い渡されました。

いわゆる振り込め詐欺の被害が深刻になっていますが、

警察は被害者がだまされたふりをして、

犯人をおびき寄せる「だまされたふり作戦」を発動し、犯人逮捕につなげています。

この事件でも「だまされたふり作戦」が発動されたのですが、

裁判所は、被害金を受け取る役目を依頼された「受け子」を無罪としたのでした。

無罪という判決は、警察の今後の捜査手法に影響を与えることが予想されますので、

本件がどのような事案であり、またどのような論理から裁判所は無罪にしたのかを検証したいと思います。

まず、時系列にしたがって事実関係を整理します。

【事実の概要】
1.■平成27年2月下旬■
X(氏名不詳)は、被害者A(当時84歳)を「ロト6」に当選するなどと
言葉たくみにだました。

2.■3月16日■ 
Xは、「ロト6」の当選に必要だとAに150万円を要求したところ、
心配になったAは東京に住む息子に相談し、息子から詐欺だと言われた。

3.■3月21日■ 
Aは、警察署に行き、相談したところ、警察が詐欺であることを確認し、
Aも自分がだまされていることを認識した。
そして、警察はAに対して、「犯人を捕まえるために、だまされたふりをしてほしい」と依頼し、
Aも承知した。

4.■3月24日午前10時半頃■ 
XがAに電話してきたので、
Aはだまされたふりをして、「何とか120万円は用意できた」と告げたところ、
Xは、送付先の住所、宛名は「Y」、品名は「本」として、
現金を入れて宅配便で送るように伝えた。
その後、Aは、箱に不要な本を詰め、現金は入れずに、
午後0時半頃、近所のコンビニから発送した。

5.■3月25日午後1時頃■ 
宅配便の配達員を装った警察官が、
上記荷物をもって上記の住所に行き、
出てきた被告人に「Yさんですか?」と聞いたところ、
「そうだ」と答え、荷物を受け取ったので、
Yは、詐欺未遂の現行犯として逮捕された。



【Yが「受け子」として荷物を受け取るに至った経緯】
1.Yは、本件以前にも、
本件と同様に荷物を受取るだけで5000円から1万円の報酬を受け取ったことが3~4回あった。

2.XとYとの間に、事前に役割分担が決められていたわけではなく、
一定のマニュアルのようなものもない。

3.YがXから本件荷物の受け取りを依頼されたのは、
(「だまされたふり作戦」発動後の)3月24日であり、
3月24日以前にXとYとの間で本件詐欺についての共謀があったという事実は認定できない。


■裁判所の判断(福岡地裁平成28年9月12日判決)

以上のような事実関係のもとで、裁判所は次のように判断しました。

1.Aが警察に相談した3月21日の段階で、Aはだまされたことに気づいたわけだから、

これ以降はXの詐欺行為は客観的には既遂に至る危険性はなくなっている。

2.そして、XがYに荷物の受け取りを依頼したのは3月24日だから、

Yはすでに危険性のなくなったXの詐欺行為に加担したのであり、

その時にXとYが共謀しても(Yは依頼された仕事の内容から、

受け取る荷物が詐欺の被害金かもしれないという程度の認識はあった)、

荷物を受取るYは詐欺行為に加担したとはいえない。

裁判所はおおむねこのように考えて、Yを無罪としたのでした。

■解説

詐欺罪は、犯人がまずだます行為(欺もう行為)を行い、それによって被害者がだまされ(錯誤)、

その錯誤にもとづいて自ら現金を渡すという行為(交付行為)を行い、現金が犯人の手元に渡る

という経過をたどることが必要です。

被害者がだまされた後で別の者が受け取り行為に関与しても、

その者が被害者がだまされた状態を知りながら、それを利用して犯行に加わったならば、

詐欺罪の共同正犯(あるいは幇助犯)の成立は肯定できるでしょう。

しかし、本件では、被害者が途中でだまされたことに気づいていますので、

すでにその段階で詐欺行為が既遂にまで進展する危険性はなくなっており、

本件の詐欺行為は終了しているのではないか、

そしてさらに、共犯者は別の者が行った犯罪行為の危険性を高めたことについて処罰されるのに、

Yは既遂に至る危険性のなくなったXの行為に関与しているのであるから、

Yには処罰の理由そのものがなくなるのではないかというのが裁判所の問題提起です。

本件の中心的な論点はこの危険性をどう考えるのかという点にあります。

確かに、Aがだまされたことに気づいた段階でXらの犯罪計画は客観的には失敗したといえるでしょう。

しかし、警察によって「だまされたふり作戦」が発動されたことは少数の関係者しか知らない事実ですから、

Xはあくまでも詐欺が成功すると信じて被害金の受け取りをYに依頼し、

Yもまた被害金を受け取るという意思のもとにXの犯行に関与しています。

また、そのような状況を一般の人が見ても同じように詐欺によって現金が奪われるという

危険性を感じたことでしょう。

たとえば、かなり前の事件ですが、警察官のピストルを奪って殺害に用いたところ、

弾丸が空であったという事件がありました。

このときは裁判所は、勤務中の警察官のピストルには通常は弾丸が入っているものだとして

殺人未遂を認めています(福岡高裁昭和28年11月10日判決)。

もしもこのときの被告人が、そのピストルの引き金を引くときになって、

たまたま通りかかった友人に手伝ってくれといって被害者を押さえつけてもらっていた場合、

その友人は殺人未遂の共同正犯となったでしょう。

さらに、次のような判例もあります。

被告人がフィリピンから日本に大麻を密輸入しようとしましたが、税関で発見されてしまいました。

そこで、警察はこれに〈コントロールド・デリバリー〉(泳がせ捜査)を実施することとし、

宅配業者が捜査当局と打ち合わせのうえ、この貨物を受け取って宛先の住所に配達したという事案で、

禁制品輸入罪の未遂ではなく、既遂を認めています(最高裁平成9年10月30日決定)。

ピストルの事案は最初から結果の不発生が決まっていたのに対して、

本件は途中から結果の不発生が決まったという違いはありますが、

本件でも客観的には詐欺が既遂に至ることはないという点では同じであり、

XもYも(一般の人も)そのような事情を知らない以上、

詐欺の危険性は継続していると判断すべきではないでしょうか。

また、大麻密輸入の事案では、

被告人と宅配業者との間の運送契約の有効性が前提になっていますが、

コントロールド・デリバリーの実施で行為の危険性がなくなるのではなく、

危険性は継続しているという評価がなされているのだと思います。

その点では、本件も同じではないでしょうか。

なお、Yはわずかな報酬で受け子を引き受けたのであり、

Xの詐欺計画に主体的に関与したとはいえないようですので、

(詐欺未遂の)共同正犯ではなく、幇助犯となる可能性はあると思います。(了)


◆園田寿
甲南大学法科大学院教授、弁護士

1952年生まれ。関西大学大学院修了後、関西大学法学部講師、助教授をへて、関西大学法学部教授。
2004年からは、甲南大学法科大学院教授(弁護士)。
専門は刑事法。ネットワーク犯罪、児童ポルノ規制、青少年有害情報規制などが主な研究テーマ。
現在、兵庫県公文書公開審査会委員や大阪府青少年健全育成審議会委員などをつとめる。
主著に『情報社会と刑法』(2011年成文堂、単著)、
『インターネットの法律問題-理論と実務-』(2013年新日本法規出版、共著)、
『改正児童ポルノ禁止法を考える』(2014年日本評論社、共編著)、
『エロスと「わいせつ」のあいだ』(2016年朝日新書、共著)など。
趣味は、囲碁とジャズ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(私のコメント)
裁判官の屁理屈には辟易させられますね。。。

だまされたふり作戦をどんどん実施して、

関係者を逮捕して、詐欺をやりにくい状況に持って行ってほしいと、

私は思いますが。。。

このだまされたふり作戦では、現金を入れなかったようですが、

外形的にも詐欺が成立するように、少額の現金を入れて、荷物を発送するのがいいのでしょうね。。。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

朝日新聞
「だまされたふり作戦」受け取り役に無罪判決 福岡地裁
稲垣千駿
2016年9月12日17時12分

特殊詐欺事件を摘発する警察の「だまされたふり作戦」で送られた荷物を受け取ったとして、

詐欺未遂の罪に問われた男性被告(35)=兵庫県尼崎市=に対する判決公判が12日、

福岡地裁であった。

丸田顕裁判官は
「(被害者が)詐欺だと気づいたうえで送った物を受け取っても、
詐欺行為にはならない」などとして、無罪を言い渡した。


判決によると、福岡県大野城市の女性宅に昨年2~3月、

「ヤマシタ」を名乗る氏名不詳の人物が「ロト6が当たる特別抽選に参加できる」などと電話し、

現金120万円をだまし取ろうとした。

不審に思った女性は警察に相談。

福岡県警の捜査に協力してだまされたふりをし、

現金の入っていない箱を指定された大阪市のマンションに発送した。

被告男性は、知人から紹介された何者かの指示を受け、
荷物を受け取るために3月25日に大阪市内のマンションの空き部屋へ赴いた。
部屋で配送業者を装った警察官から荷物を受け取り、現行犯逮捕された。


判決は、被告の男性が以前から、5千~1万円の報酬で荷物を数回受け取っていたことから

「何らかの犯罪行為に加担し、詐欺かもしれないという認識はあったと推認される」と指摘。

一方で、男性が受け取りの依頼を受けたのは、

女性が電話を受けた後で、詐欺行為について事前の共謀があったとは認定できない、とした。

また、男性が事件に関与したのは、
女性が被害に気付いて捜査に協力し始めた後だった点を踏まえ、
「犯人検挙のために発送したものを受け取るのは詐欺の実行行為に該当しない」
と判断した。


丸田裁判官は「報酬に目がくらんで行為に及んだもので、

その非常識な行いと卑劣な心根は非難を受けてしかるべきだ」としたうえで

「客観的に検討すると、有罪とすることは許されない」と結論づけた。

判決を受け、福岡地検は「判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適切に対応したい」

とのコメントを出した。

福岡県警は「判決確定前なのでコメントは差し控える」としている。(稲垣千駿)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

日本経済新聞
詐欺「だまされたふり作戦」、受け子に無罪判決 福岡地裁
2016/9/13 1:54

振り込め詐欺事件で被害者の協力を得る「だまされたふり作戦」で、

送付された荷物を受け取った受け子役として現行犯逮捕され、

詐欺未遂罪に問われた男性会社員(35)の判決公判が12日、福岡地裁であった。

丸田顕裁判官は「共犯として有罪とすることは許されない」として、無罪(求刑懲役3年)を言い渡した。

丸田裁判官は判決理由で、男性が犯行に加わったのは被害者が警察に相談した後だと認定、

「共謀加担前の責任は負わない」と指摘した。

男性が荷物を受け取った行為についても、

被害者が犯人逮捕に協力する意図で発送したものであることから「詐欺の要件に該当する実行行為ではない」と判断、

「報酬に目がくらんだ非常識な行いと卑劣な心根は非難を受けるべき」としながらも、無罪と結論付けた。

男性は、共謀の上、2015年3月に福岡県大野城市の80代の女性に対し、

宝くじの特別抽せんに参加するために現金が必要などと嘘の電話をかけ、

現金をだまし取ろうとしたなどとして起訴された。

福岡地検は「判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適切に対応したい」とコメントした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<特殊詐欺>「だまされたふり作戦」受け子無罪 福岡地裁
09月12日 22:47毎日新聞

特殊詐欺事件でだまし取る現金の受け取り役である「受け子」として、

詐欺未遂罪に問われた兵庫県尼崎市の会社員男性(35)に対し、

福岡地裁(丸田顕裁判官)は12日、無罪(求刑・懲役3年)を言い渡した。

男性は福岡県警の「だまされたふり作戦」で逮捕されたが、

丸田裁判官は「被告は被害者がだまされたと気づいた後に加担しており、罪に問えない」と判断。

捜査側に対しては「『だまされたふり作戦』の有効性は否定しないが、捜査は慎重に行うべきだ」と付言した。

男性は氏名不詳者と共謀して福岡県内の80代女性に対し、

ロト6に必ず当選する特別抽選に選ばれたと誤信させ、

参加するには金が必要などとして昨年3月25日に現金120万円をだまし取ろうとしたとして起訴された。

判決によると、女性は県警に相談して同月23日にだまされたふり作戦に協力し、

同24日に指定された大阪市内のマンションに現金が入っていない荷物を配送。

男性は翌25日に荷物を受け取ったところを現行犯逮捕された。

丸田裁判官は「被告が荷物を受け取るよう指示を受けたのは24日以降だった」と認定。

「被告の加担後は、だます行為は行われておらず、荷物を受け取った行為は詐欺未遂の構成要件に該当しない」

と結論づけた。

検察側の「被告は事件以前にも受け子をしており、包括的共謀が成立する」との主張には

「指示役の男と被告との間に指揮命令系統やマニュアルが存在していた事実はなく、

詐欺行為が組織化されたと言えない」として退けた。

福岡地検の吉田誠治次席検事は

「上級庁と協議の上、適切に対応したい」とコメント。

男性の弁護士は「刑法の原則に沿って判断した判決だ」と評価した。【吉住遊】

◇捜査困難化も

園田寿・甲南大法科大学院教授(刑法)の話 
従来の特殊詐欺の受け子の裁判では、
共同正犯の認定は無理でもほう助は認めるケースが多かったが、無罪は異例だ。

検察側は当然控訴するだろうから、上級審で覆される可能性もある。

判決を受けて、
詐欺グループが巧妙に受け子への依頼の仕方を変える可能性もあり、
捜査は難しくなるかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夫の父から精子、173人誕... | トップ | マツダ社員寮殺人、当日に多... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。