雑記帳

気になった本、
気になった新聞記事などを掲載。

母の介助で訪れた際に・・・ 厚労省キャリア官僚刺殺(17/08/13)

2017年08月13日 | 日記
母の介助で訪れた際に・・・ 厚労省キャリア官僚刺殺(17/08/13)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

テレ朝news
母の介助で訪れた際に… 厚労省キャリア官僚刺殺
(2017/08/13 06:24)

東京・港区で厚生労働省のキャリア官僚の女性が
弟に包丁で刺されて死亡した事件で、
女性は母親の介助のため、
弟のマンションを訪れていたことが分かりました。

52歳の男は12日午前5時半ごろ、港区の自宅マンションで
姉の厚労省関東信越厚生局長・北島智子さん(56)の
腹を包丁で刺して殺害しようとした疑いが持たれています。

北島さんは病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。

その後の警視庁への取材で、
北島さんは男の自宅に同居している母親の介助をするため、
事件前日の夜から泊まりに来ていたことが分かりました。

男は精神疾患で通院していました。

取り調べに対して「私がやりました」と容疑を認めています。

警視庁は容疑を殺人に切り替えて詳しい経緯を調べています。














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

死因は出血性ショック 厚労省女性キャリア官僚刺殺(17/08/13)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

テレ朝news
死因は出血性ショック 厚労省女性キャリア官僚刺殺
(2017/08/13 11:55)

東京・港区で厚生労働省のキャリア官僚の女性が
弟に包丁で刺されて死亡した事件で、
女性の死因が腹を刺されたことによる
「出血性ショック」だったことが新たに分かりました。

52歳の男は12日午前5時半ごろ、自宅マンションで、
姉の厚労省関東信越厚生局長・北島智子さん(56)の腹を包丁で刺し、
殺害した疑いで13日朝、送検されました。

その後の警視庁への取材で、北島さんは腹を複数回刺されたことによる
「出血性ショック」で死亡していたことが新たに分かりました。

男は「私がやりました」と容疑を認めています。

男には精神疾患での通院歴があり、
警視庁は、男の責任能力の有無を含めて当時の状況を調べています。

北島さんは男と同居する母親の介助のため、
事件前夜から泊まりにきていたということです。









◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

厚労幹部刺され死亡 殺人未遂の疑いで弟逮捕
8/13(日) 7:55配信
産経新聞



北島智子さん(写真:産経新聞)


自宅で姉を包丁で刺したとして、警視庁高輪署は12日、
殺人未遂の容疑で、東京都港区の職業不詳の男(52)を現行犯逮捕した。

刺されたのは厚生労働省関東信越厚生局長の北島智子さん(56)で、
搬送先の病院で死亡が確認された。

男は「私がやりました」と容疑を認めており、
同署は容疑を殺人に切り替えて調べている。

逮捕容疑は12日午前5時15分ごろ、港区高輪の自宅マンションのリビングで、
近くに住む北島さんの腹部を刃渡り約13センチの包丁で複数回刺したとしている。

高輪署によると、

男は10代の長女、長男と80代の母親の4人暮らし。

長女が「父がおばを包丁で刺した」と110番通報した。

男は精神疾患で通院歴があるといい、同署が刑事責任能力の有無を慎重に調べている。

北島さんは足の悪い母親を介助するため、11日午後10時ごろに男の家を訪れていた。


現場は都営地下鉄浅草線泉岳寺駅から約200メートルの閑静な住宅街。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

産経ニュース
2017.8.12 18:49更新
医系技官・北島智子さんの悲報に絶句 「きっぷよく気さく」「ほんわか優しく芯強い」 趣味はお酒とスキー

亡くなった厚生労働省関東信越厚生局長の北島智子さんは、
医学部出身という経歴を生かし、数少ない女性幹部の一人として
厚労省のみならず幅広い世界で活躍、今年7月に現職に就いたばかりだった。

「なぜこんなことに…」。

北島さんを知る関係者は、突然の悲報に絶句した。

「仕事はきっちりとこなし、きっぷがよく、気さくで後輩の面倒見もいい人だった。
これからも厚労行政を引っ張ってくれると思っていたのに…」。

ある厚労省の幹部は事件の一報を受け、こう語ると、言葉を詰まらせた。

厚労省には
医師免許を持ちながら国家公務員として
保健医療行政に携わる「医系技官」という職種があり、
北島さんもその一人。

厚労省によると、北島さんは日本大学医学部を卒業後、
埼玉県庁勤務を経て昭和63年に旧厚生省に入省。

保健や医療、福祉分野を長く担当し、

精神・障害保健課長時代は、長期入院する患者の地域移行を進めてきた。

また、山梨県の健康増進課長や、青森県の健康福祉部次長、部長を歴任。

平成23年には新潟県初の女性副知事に就任し、
地域医療の再編などを手がけるなど、
出向先の地方自治体でも数多くの足跡を残した。

北島さんの後輩に当たる医系技官の女性は
「入省1年目のとき、隣の課にいた北島さんが目をかけてくれた。
医系技官の女性は少ないので、その後も医系技官の女性職員で
集まって食事をしていた」と明かす。

食事をしているときの話題はもっぱら、趣味のスキーの話や大好きなお酒の話ばかり。

「家族の話は聞いたことがなかったので、
事件のことを知り本当に驚いている。
とても信じられません」
と声を震わせた。

「ほんわかとした雰囲気で、いつも優しかったが芯の強さもあった」
と語るのは、生活衛生・食品安全部長時代の北島さんを知る男性職員。

民泊や水道事業の民営化、
受動喫煙防止など注目の施策がめじろ押しだったが、
国会では安定感ある答弁が目立った。

当時、厚労副大臣だった橋本岳衆院議員も
「頼もしい職員だったのに…」と驚く。

山梨県の健康増進課長当時から付き合いがある知人の男性(46)は
「温厚だけど、主張するところはしっかり主張する立派な人だった」
と惜しむ。

今年6月に食事をした際、男性ががんになったことを打ち明け、
不安な気持ちを口にすると、

北島さんは「大丈夫よ。元気じゃない!」と明るく励まし、
「人はいつかは死ぬもんなの。がんだけが特別じゃないのよ」
とも言ってくれた。

「懐の深い人だった」。

男性はこう振り返り、早すぎる死を悼んだ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

FNN
女性キャリア官僚 なぜ殺害?
8/14(月) 19:20配信

厚労省の56歳女性キャリア官僚が殺害された。何があったのか。

今から4カ月前、国会で答弁に立っていたのは、今回の事件で殺害された、
厚生労働省・関東信越厚生局長の北島智子さん(56)。

事件が起きたのは、北島さんの弟が住む、東京・港区のマンション。

12日午前5時すぎのことだった。

事件現場になったのは、都営浅草線・泉岳寺駅に近い、
東京・港区高輪のマンション7階の一室。

この部屋を訪ねていた北島さんは、52歳の弟から包丁で腹などを刺された。

事件当時、部屋には、北島さんと、この部屋に住む母親と弟、
さらに弟の子ども2人のあわせて5人がいた。

長女からの通報で警察が駆けつけ、北島さんの弟は、
殺人未遂の現行犯で逮捕された。

一方、刺された北島さんは、病院に搬送されたものの、まもなく死亡した。

北島さんは、日本大学医学部を卒業後、埼玉県庁に入庁。

1988年、旧厚生省に入省したあとは、
医療や健康、福祉に携わる女性官僚として活躍してきた。

2011年、北島さんは、新潟県初の女性副知事に就任。

県の医師不足解消など、地域医療再編に、熱心に取り組んだ。

新潟県の副知事を2年3カ月勤めたあと、厚労省に戻った北島さん。

7月、関東信越厚生局長に就任したばかりだった。

その人柄について、元部下は
「物腰は柔らかく、合理的で、それでいて、とても腹の据わった、度胸のある姉御肌。
休暇には、いつも母親を海外旅行に連れていかれる、親孝行な方でした」としている。

事件当日の12日、北島さんは、
足の悪い母親をトイレに連れていく介護などのために部屋を訪れ、
リビングにいたところ、突然、包丁で複数回刺されたという。

逮捕された北島さんの弟は、数年前から精神的なトラブルを抱えていて、
警視庁の調べに「わたしがやりました」と容疑を認める一方で、
「わたしの体調が悪くなったのは、姉のせいである」とも供述している。


事件前、2人の間には目立ったトラブルはなかったということで、
警視庁は、容疑を殺人に切り替え、刑事責任能力についても慎重に調べている。









◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/files/w2_h26message.pdf





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(転載元)
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/saiyou/ikei/dl/ikei2014_12.pdf#search=%27%E5%8C%97%E5%B3%B6%E6%99%BA%E5%AD%90+%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%A7%91%E5%8C%BB%27






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 強盗傷害の疑いで24歳大学... | トップ | 足場に作業車、耐重量を超過... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事