雑記帳

気になった本、
気になった新聞記事などを掲載。

2人の死刑執行、金田法相では2度目、1人は再審請求中

2017年07月13日 | 日記
2人の死刑執行 金田法相では2度目 1人は再審請求中
7/13(木) 10:15配信
朝日新聞デジタル




法務省は13日、1990年代に女性4人を殺害し
再審請求中だった西川正勝死刑囚(61)と、
2011年に元同僚の女性派遣社員を殺害した
住田紘一死刑囚(34)の死刑を執行した。

金田勝年法相の執行は昨年11月以来、8カ月ぶり2度目(計3人)。

再審請求中の死刑囚への執行は異例で99年12月以来。

住田死刑囚は裁判員裁判で死刑判決を受けた確定者として、3人目の執行となった。

12年12月の第2次安倍内閣発足後では11度目、執行は計19人になる。

同省によると、これで確定死刑囚は125人となり、
うち92人が再審請求中となった。


再審請求中は死刑を執行しない傾向があった。

法務省には
「執行を引き延ばすために、同じ理由で再審を繰り返す人がいる」との見方もある。

しかし、一家4人殺害事件で死刑判決が確定した
袴田巌さんは再審開始決定で釈放され、
昨秋には日本弁護士連合会も死刑廃止を宣言する中、
波紋を呼びそうだ。


◆◆  ◆◆

(コメント欄)

◆kur*****
2時間前
執行の人数が少なすぎる。
やっぱり金田は使えない。

◆ush*****
2時間前
冤罪の可能性が無いならどんどんやるべき。
死刑の判決も少ない。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<死刑執行>再審請求中の西川死刑囚 女性殺害の住田死刑囚
7/13(木) 11:23配信
毎日新聞



殺人容疑で逮捕された住田紘一容疑者が借りていたガレージ
=大阪市住吉区で2011年10月、本社ヘリから長谷川直亮撮影


法務省は13日午前、京都、兵庫、島根の3府県で1991年、
飲食店経営者の女性4人が相次いで殺害された警察庁指定119号事件で、
強盗殺人罪などに問われ、死刑を言い渡された西川正勝死刑囚(61)
=大阪拘置所=の刑を執行したと発表した。

また、岡山市で2011年、元同僚の女性を殺害したとして
強盗殺人などの罪に問われ、裁判員裁判で死刑を言い渡された
住田紘一死刑囚(34)=広島拘置所=の死刑も同日執行された。

関係者によると、西川死刑囚は再審請求中だった。

再審請求中の執行は極めて異例で、1999年12月以来とみられる。

住田死刑囚は裁判員裁判で死刑を言い渡され、
執行された3人目の死刑囚になる。

確定判決などによると、西川死刑囚は91年12月、
松江市のバー経営者の女性(当時55歳)
▽京都市のスナック経営者の女性(同55歳)
▽同市の別のスナック経営者の女性(同51歳)を強盗目的で殺害。

兵庫県姫路市のスナック経営者の女性(同45歳)を絞殺して現金を盗んだ。

92年1月には大阪市で女性落語家の首を絞めて負傷させ、現金を奪った。

最高裁は05年6月、死刑囚側の上告を棄却し、1、2審の死刑判決が確定した。

住田死刑囚は11年9月、岡山市の元勤務先の会社倉庫で、
派遣社員の女性(同27歳)から現金などが入ったバッグを強奪したうえ、
性的暴行をして刺殺。

遺体を大阪市内で切断し、川などに遺棄した。

裁判員裁判で行われた1審・岡山地裁(13年2月)は死刑を言い渡し、
弁護側が控訴したが、本人自ら控訴を取り下げて死刑が確定した。

1審判決は
「被害者は1人だが、性的被害も伴っており、結果は重大。
死刑を選択するほかはない」とした。

執行は昨年11月以来約8カ月ぶり。

第2次安倍政権発足(12年12月)以降では11回目で計19人が執行された。

再審開始決定を受けて釈放された袴田巌元被告(81)を除くと、
確定死刑囚は124人となった。【鈴木一生】


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

NHK NEWS WEB
死刑囚2人の死刑執行
7月13日 11時03分

平成3年に京都や松江などでスナックの女性経営者4人を殺害した罪に問われ、
死刑が確定した西川正勝、旧姓・金田正勝死刑囚と、

平成23年に岡山市で元同僚の女性を殺害した罪に問われ、
死刑が確定した住田紘一死刑囚の死刑が、13日午前、執行されました。


死刑が執行されたのは、西川正勝、旧姓・金田正勝死刑囚(61)と、
住田紘一死刑囚(34)の2人です。

西川死刑囚は、平成3年の暮れに、京都と松江、それに兵庫県姫路市で、
スナックの女性経営者4人を相次いで殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われ、
平成17年に死刑が確定していました。

住田死刑囚は、平成23年に岡山市で元同僚の女性を殺害し、
遺体を切断して遺棄したなどとして、強盗殺人などの罪に問われ、
1審の裁判員裁判で死刑を言い渡されて、平成25年に確定していました。

裁判員制度の下で死刑が確定し、執行されたのは3例目です。

第2次安倍内閣発足以降で死刑が執行されたのは、去年11月以来、
11回目で、合わせて19人になりました。

法務省は、今回の死刑執行に関連して、
「死刑は人の生命を絶つ極めて重大な刑罰で、
慎重な態度で臨む必要はあると考えているが、
法治国家では、確定した裁判の執行が
厳正に行われなければならないのは言うまでもないことだ」
という見解を示しました。

◆西川死刑囚

死刑が執行された西川正勝、旧姓・金田正勝死刑囚は、
平成3年に京都市や松江市、それに兵庫県の姫路市で
スナックの女性経営者4人がおよそ半月の間に
相次いで殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われました。

1審の大阪地方裁判所と2審の大阪高等裁判所はいずれも死刑を言い渡し、
西川死刑囚は「死刑は重すぎる」などと主張して上告しました。

最高裁判所は、平成17年の判決で、
「いずれも店に1人でいた女性経営者を襲って金を奪った事件で、
4人を殺害した冷酷で残忍な犯行だ。死刑はやむをえない」
として上告を退け、死刑が確定していました。

わずか半月の間に女性4人が殺害されたこの事件は、
当時、社会に大きな衝撃を与え、
警察庁が広域重要119号事件に指定していました。


◆住田死刑囚

死刑が執行された住田紘一死刑囚は、
平成23年に岡山市で元同僚の当時27歳の女性を殺害したなどとして、
強盗殺人などの罪に問われました。

住田死刑囚は起訴された内容を認め、1審の裁判員裁判で岡山地方裁判所は
「性的な欲求不満を解消するために被害者を乱暴して殺害した冷酷で残虐な犯行で、
被害者が1人であっても死刑を選択するほかない」として死刑を言い渡しました。

これに対して弁護士が控訴しましたが、住田死刑囚がみずから取り下げ、
4年前に死刑が確定しました。

裁判員裁判で死刑が言い渡された事件では、これまでに、川崎市で3人が殺害された事件と、
熊本県で主婦2人が殺害された事件で死刑が執行されていて、今回で3例目です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

TBS
─2時間前─
死刑囚2人の死刑を執行、“確定囚”124人に

法務省は
1991年に兵庫県などでスナックの女性経営者ら4人を殺害した
強盗殺人事件などで死刑が確定していた死刑囚2人の刑を執行したと
発表しました。

死刑執行は金田法務大臣が就任して2度目です。

死刑が執行されたのは
大阪拘置所の西川正勝死刑囚(61)と、広島拘置所の住田紘一死刑囚(34)の2人です。

西川死刑囚は1991年から92年にかけて、
兵庫県姫路市などでスナックの女性経営者ら4人を相次いで殺害するなどした
警察庁広域重要指定事件で強盗殺人の罪などに問われ、2005年に死刑が確定していました。

また、住田死刑囚は2011年に岡山市で元同僚の女性を殺害したなどとして
強盗殺人などの罪に問われ、裁判員裁判で死刑判決を受け、その後、控訴を
取り下げたことから2013年に死刑が確定しました。

死刑の執行は去年11月以来で、金田法務大臣が就任してから2度目で、
金田大臣は13日午後、記者会見を行うことにしています。

これで、確定死刑囚は再審開始決定を受けて釈放された袴田巌さんを除くと124人になりました。









◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

TBS
─13日
23時14分─
死刑確定から4年の執行、殺害された女性の父親は・・・

2人の死刑囚の刑が13日、執行されました。

このうち、住田紘一死刑囚は、
同僚だった女性を殺害したなどの罪で死刑判決を受け、
控訴を取り下げて刑が確定していました。

殺害された加藤みささんの父親が13日、取材に応じ、今の思いを語りました。

「我々家族にとって特別に喜びになるようなものがあるとか、
あるいは娘が生きて帰ってくるということがあれば、
大喜びもできるんでしょうけど、それがないという中で、
意外と死刑執行は早かったんだなという印象しかありません」
(加藤裕司さん)

6年前、27歳の娘の命を奪った男。

その刑の執行を聞いて、父親はそう語りました。

2011年、岡山市で住田死刑囚は
元同僚の加藤みささんからバッグを奪い、性的暴行を加えて殺害。

「誰にも言わんから殺さんといてお願い」。

そう命乞いをしたみささんを、
住田死刑囚はナイフで複数回刺し続けたといいます。

その後、遺体を切断して遺棄したのです。

みささんは事件の1か月前にプロポーズされ、
結婚の準備を進めていたところでした。


1審の裁判員裁判で岡山地裁は、
「犯行は残虐で反省や謝罪も不十分、
死刑を回避するための特別な理由がない」として、
死刑判決を言い渡しました。

被害者が1人の事件で死刑は異例とされています。

その後、弁護側が控訴しましたが、住田死刑囚が自ら取り下げ、
2013年に死刑が確定していました。

そして13日、死刑の執行。

「社会的には大きな意味があると思います。
たった1人の殺人で初犯で殺人でありながら、
死刑判決を受けることができた」
(みささんの父親 加藤裕司さん)

「娘が亡くなる瞬間、何を思ったか。おそらくもっと生きていたかった」
(みささんの父親 加藤裕司さん 〔6月〕)

先月、裕司さんは大学生を前に命の大切さを訴えていました。

今、自分と同じような思いをしている犯罪被害者の支援に力を注いでいます。

毎日のようにみささんの墓を訪れている裕司さん。

13日は、みささんに・・・

「淡々と住田が死刑執行されたよと。
お父さん、これから今までどおり頑張るからということだけ」
(みささんの父親 加藤裕司さん)























ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「食塩で1歳児中毒死」保育... | トップ | 准看護師が殺人未遂 同僚の... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。