アイドリング・カフェ by 月光花

写真をこよなく愛する月光花のブログ
※当ブログ掲載写真及び文章の無断引用をお断りします

2009 東京モーターショー・プレスデー総論

2009年10月25日 | 写真
各論からアップ開始しておりますが、モーターショー・プレスデーの
総論をば。




寂しいです、本当に輸入車メーカーが存在しないと盛り上がらないし花が
ございません。
それだけ、輸入車メーカー参加はモーターショーに欠かせない、重要な
歯車であると、今更ながら感じます。


伝統ある東京モーターショーですが、今年一番の変化はその輸入車メーカー
が殆ど不参加であることですね。


この事実は東京=日本の自動車メーカーの将来を危ぶむ現実でもあります。

世界大不況の影響により、表向きコストがかさむ参加費を削減するため、
参加見送りのようですけど・・・


北米ビック3は本当に経営状態が悪いですから、不参加は仕方ないでしょ。

でも欧州メーカーはボイコットしたとも考えられます。


■その1
日本の自動車産業は欧州のような伝統がないと言えます。当初は模範し
コスト削減という車作りからスタートしましたから独創性の点にて欧州に
敵うわけがございません。

また環境に対する意識差が大きいですね。

欧州はCO2排出量そのものを抑える数値にて環境性能をアピール。
対して日本は燃費の数値を環境=ECO性能としてアピール。

まぁ、欧州の主力機関はクリーン・ディーゼルが主力。
日本はハイブリッドが主力。

将来性で言えば、ハイブリッド→電気自動車なんでしょうけど、日本で
ディーゼルが流行するとは思えず。

そうなると主力ディーゼルのアピールを東京モーターショーで発表する
意味合いが薄いと判断されても仕方ないか。
(マツダからは奇しくも次期クリーン・ディーゼル機関を発表してましたが)


■その2
日本の自動車文化に対する、欧州メーカーからの不信感。

こちらが大きいかなぁ~

昨年、ホンダが突然F1から撤退致しました。さらに今年、日本グランプリ開催
サーキットである富士スピードウェイの撤退。事実上、トヨタがF1から抜け出
したい意思表示とも。

F1はそれこそ欧州の伝統を重んじるカーレースの頂点に位置しております。

従いまして、主力チームは赤字であろうが、参戦を続けるワケでして。

まぁ本音は辞めたいメーカーがあるのも当然ですけど。(事実BMWは今年で撤退)


ただし、最初に抜けるにゃ、かなり危険なわけです。

それがホンダであり経営悪化に伴う撤退発表だったわけですけど、ホンダは第3
期参加時に揉めましたから辞める時も欧州メーカーからは冷ややかな目で見られ
ていた印象です。

日本は、「好きな時に金を出し、経営悪化、レースで成績を残せなければ、
さっさと辞めちまう」そんな信用ならぬお国柄、というイメージでしょうか。


その延長線、ホンダは業績悪化理由で今年、フランクフルトショー不参加しま
した。


欧州にしてみれば、F1でやったことをモーターショーの祭典でも再現しちゃう
日本、許せない存在なんだと思われるでしょ。

そうなると欧州の結束が強く、殆どのメーカーは東京へ来なかったんだと推測
されます。


いずれにせよ、今年の大きなモーターショーを見る限り、アジアでは上海が
大成功=輸入車メーカーの殆どが参加。東京=殆どの輸入車メーカーが不参加。

世界的アジアでの価値は完全に中国が上と印象付けられました。



それは車の販売台数も重要ですけど、車文化に対する国産メーカーの経営優先
方針が欧州メーカーには完全に受け入れられて貰えない、そんな気が致します。



このまま、日本が欧州に対する車文化方針に変化なく、(赤字になろうとも守ら
なくちゃならない伝統維持)経営優先方針でいくならば、日本は世界から孤立
する時代もくるやもしれません。

2年後のモーターショー、逆にどう動くのか楽しみな、今年の前哨戦東京モー
ターショー開幕でございます♪









↑「LEXUS」 PENTAX K20D DA FISH-EYE 10-17mm










↑「TOYOTA」 PENTAX K20D DA FISH-EYE 10-17mm

ブース、LEXUSは高級感イメージを演出、TOYOTAはファミリー向け的な演出。
きちんと分けるあたり流石世界のトヨタか。











↑「HONDA」 PENTAX K20D DA FISH-EYE 10-17mm

方針としちゃ頑張っているホンダ。今やトヨタに次ぐパワーがあると感じる。
後程ホンダは各論をアップします。











↑「NISSAN」 PENTAX K20D DA FISH-EYE 10-17mm










↑「あのGTRですら」 PENTAX K20D DA FISH-EYE 10-17mm










↑「ニアミス」 PENTAX K7 D FA Macro 50mm

ブースを見る限り、かなりヤバイ日産。もう全ての技術は出払い、財産を食い
つぶし、残った灰だけ、そんな印象。特にGTR。二年前の熱狂振りが嘘の様。
(2007年11月04日”2007東京モーターショー・GTR編”記事参照)
ゴーン氏、YAMAHAブースでの長時間偵察後、移動時、目の前を通過致しました。
何か気になるモノを見つけたようです(笑)












↑「閑古鳥」 PENTAX K20D DA FISH-EYE 10-17mm

報道関係者には素通り状態・・・










↑「LOTUS」 PENTAX K20D DA FISH-EYE 10-17mm

本当に数少ない輸入車メーカーブース。しかし取材に訪れる人は少ない。










↑「MITSUBISHI」 PENTAX K20D DA FISH-EYE 10-17mm

・・・三菱のカラーって何色??? パジェロ、ランエボなど、どこ行っちゃ
ったの(涙)完全に迷走しちゃった印象。









↑「MAZDA」 PENTAX K20D DA FISH-EYE 10-17mm

それなりに頑張っている印象。さすが欧州うけするメーカーざんす。









↑「SUBARU」 PENTAX K20D DA FISH-EYE 10-17mm

トヨタに良い所を吸い上げられている印象。モノ作りはいいのだが、今後心配。







各ブース、特色を生かした雰囲気作りですが、いかんせん、売り込む車=主役
が乏しすぎます。



月光花は今回、メーカーに媚びる必要がない、フリーですから(笑)、できる
範疇で取材した結果で記事をアップしておりますです、ハイ♪



月光花がカッチョいいなぁ~買っても良いかなぁ~という車は次回にでもアップ
致します♪








【人気度調査中】
一日一度”ポチッとな”して
頂けると励みになります♪
お蔭様でスナップ写真部門
第2位、感謝です♪♪♪
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村








『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LEXUS & トヨタ編 (東京モー... | トップ | カッチョいい・その1 LOTUS ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
続き期待しています。 (ホシカツ)
2009-10-25 17:12:50
お久しぶりです。
おかげで、モーターショーに行った気になれます。
さびしい限りです。
ありがとうございます♪ (月光花)
2009-10-26 09:49:04
ホシカツさん、こんにちは。月光花です。

今回の東京モーターショーは本当に寂しい
限りですよん・・・

プレスデー入場者数も発表されちゃいまし
たが、2日間で7900人、前回の1万4300人を
大幅に下回っております。
これも海外メディアが殆ど来なかったのも
理由の一つだそうで・・・

輸入車メーカーからソッポを向かれ海外メデ
ィアからも敬遠されちゃう今回の東京モータ
ーショーって、マジで寂しいッス・・・

ただ会場だけがだだっ広い印象で、前回の
東京モーターショーの頃が懐かしいとしか
いいようが、ございません。

それでも魅了的な車を発見してますんで御紹介
しますねぇ~♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。