ブッちゃん 笑って‥

2015年1月‥
お空に引っ越したブッチへの詫び状

ママと呼ばないで。

2017-05-14 18:21:00 | 日記
ブッちゃんへ



生涯独身のまま(このままいくと)、親になることもなかった私宛てに 『母の日』の贈り物が届いた。

何ともくすぐったいような、泣いてしまいそうな、気持ちになった。



ブッちゃんが生きている間、たとえば動物病院で、犬の美容室で、散歩中に遭う犬友さんからブッチママ、ブッチくんのお母さん、と呼ばれることに抵抗があった。


同じく独身のネ子ちゃんのお母さんやリキくんのママは自ら、ママは、お母さんはと呼び我が子に話しかけていた。


子犬育ての経験がないこと。


ブッちゃんが私の元へやってきた時にはすでに成犬だったし、何も教えることなんてなかった。
生後2ヶ月か3ヶ月の子犬を迎えたネ子ちゃんのお母さんやリキくんのママとは、そこら辺が違うからだろうか。

それとも自分には母性というものが欠けているのだろうか。

そんな小難しく考えなくてもと、我ながら可笑しくなる。


ブッちゃんはどうだろう。

ブッちゃん、おかあさんが迎えに来たよ。
ブッちゃん、ママのところがいいの?

へ? この人? まりちゃんと違うの?
混乱しなかっただろうか。




ある時母が言った。
あんたも少しだけマシになった、と。

80に近い母親が、四十路をとっくに過ぎた娘を案じている。

勝手気儘の、いつのまにか中年になった我が娘を見ていて思うところがあったのだろう。


ブッちゃんに逢うまでの自分は自分のことだけをしていればよかった。自分だけを可愛がればよかったのだ。

休日は自然と目が覚めるまで寝ていたいし、誰とも会わず引きこもっていたい。

仕事を除けば365日全部が自分の時間だ。




ワンコといるとそうはいかない。
休みの日はブッちゃんの気の済むまで散歩につきあってやりたい。

食欲はどうか、おしっこの色と量、うんちは緩くないかと目を配る。

いつもと様子が違っていれば病院へ駆け込むこともある。

前世はナマケモノではないかと思うくらいぐうたらな人間だけれど、面倒だと感じたことは一度もなかった。


楽しそうにしているのを見るのが楽しかった。


母が言ったことはこういうことなのかと。


自分が産んだわけではない、種も違う。
それでも小さき者を守り、慈しみ、愛情を注ぐ。幸せでいてくれたらそれが自分の幸せ。
ブッちゃんの笑顔が見たいのだ。


母とはそういうものなのだろうかと。


天気の良い日曜日に引きこもり、
生まれて初めて頂く『母の日』の贈り物を前にして、そんなことを考えていた。





まるちゃん、『大阪のママ』みたいだと言ってくれて照れくさいけど嬉しかったです。

で、ですね
ブッちゃんに伝えてくれませんか。
遅ればせながらではありますが、まりちゃんはブッちゃんのお母さんなんだよって、伝えてくれませんか。


えっ・・・。そうやったんっ!?
そうブッちゃんは言うと思いますが
よくよく言い聞かせてやってください。











にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村 元捨て犬・元保護犬
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見つめる先には。 | トップ | 明けない夜。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まるちゃん)
2017-05-14 20:01:11

「まりちゃんこんばんは

ブッちゃんを産んでくれた お母さん
保護してくださった みなさん
そして、大きな大きな愛情で包み守り愛して
離れずに ずっとそばにいてくれてる まりちゃん

ブッちゃんには たくさんのお母さんがいるね。

まりちゃんが真剣に考えていたこと
ブッちゃんには関係なくて
一緒に過ごしているうちに だーんだんと
まりちゃんは まりちゃんなんだけど、お母さんみたいでもある
お母さんってこんな感じなんだね、って思ってたんじゃないかな。

ブッちゃんは まりちゃんからの伝言を聞いて
今まで言えなかったことを伝えたいそうですよ!

『まりちゃんへ
お母さんになってくれて ありがとう。
一緒にいてくれて、いっぱい愛してくれて ありがとう。
まりちゃんは ぼくにとって世界一のお母さん。
まだまだ いっぱい甘えたいからね
(甘えん坊の まる兄もいるからね 笑)
健康に気をつけて元気に過ごしてね。
ブッチより。』


大阪のママの まりちゃん
ぼくのかわいい弟ブッちゃん
お母さんの日 おめでとう」まるより。
まるちゃんへ (まりちゃん)
2017-05-15 00:04:40
まるちゃん、今日はありがとうございました。
とても楽しい日曜日でした。

私がこのような考えをしていたから、
ブッちゃんは真から甘えるということを知らずに死んでしまったんじゃないかと思うと苦しくなってくるの。

だけど、ブッちゃんにはたくさんのお母さんがいるのですね。
だから、私のところへ来てくれたんですものね。

ダメダメな私のことをそんな風に思ってくれたかなぁ。だとしたら嬉しいなぁ。。。

まるちゃん早速ブッちゃんに伝えてくれてありがとう。
こんな私だけど、まだまだ甘えて欲しいな。

なんかブッちゃんエラそうだ(笑)。
甘えん坊のまる兄だって。年下のくせに生意気だなぁ。笑っちゃうね。

まるちゃんもママにありがとうの日でしたね。
お空組みんなが、ママにありがとうを伝えに来てたよね、きっと。

まるちゃん、ありがとう。


《大阪のママ》まりちゃんより感謝を込めて
まったね~(^o^)/~~~
Unknown (煌ママ)
2017-05-19 10:46:46
ブッちゃんママ、素敵な贈り物、羨ましいです。
うちは子供を持たない夫婦なので、やはりわんこが娘です。
ヒトの仔は絶対自分には無理、と思った人生選択。
まさかのわんこべたっ可愛がり人生になりました。
まりちゃんさんのブッちゃん愛やネ子ちゃん愛は正に母愛だと思います。
お空組さんには、いつまでもママ愛が溢れてるのでは。
きっとブッちゃんもママ愛もらってたよ、って思ってる気がします。
因みに私の母は80越えですが、今だに私の心配を糧に元気です・・・。申し訳ない。。。です。
煌ちゃんと来楠ちゃんのママさんへ (まりちゃん)
2017-05-21 14:09:44
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなりました。すみません(_ _)。

気楽に生きてきました。
小さくてふにゃふにゃしたものが苦手でした。
ブッちゃんと出逢わなければ、今よりもっと駄目人間、足りない人間のままだった思います。
そんな自分に思いも寄らなかった贈り物が届いて涙が出ました。嬉しかったです。

ママさんのお母様も昭和9年生まれでしたね?
独りでいようが、パートナーがいて所帯を持っていようが、娘への心配は尽きることがない。母とはそういうものなのでしょうね。
私たちがお空の子たちを想うのと同じなのかもしれません。

煌ちゃんとお母様が楽しそうになさってるお写真が深く印象に残っています。
また4人で、が、5人になりましたね。(^_-)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL