氷陰 -タイピング-

☆記事作りひとやすみ☆

TWローマ:XB ★寿司打 5000円コース:6520円得 (6.3打/秒)

月配列Tを使った感想!

2017年02月17日 | 月配列
最近はずっと月配列T3.0という
tkenさんが改造したMy月配列を使っているのですが、
先日タイプウェルで基本常用語がXレベルになったので
いい機会だし月配列Tを使った感想を書くことにしました。

月配列2-263では26日間かけて常用SSに到達しましたが
月配列Tでは半分の13日間(25h1m)でSSになりました。

エタイでは9日目(16h24m)にスコア216を出しました。
下はタイプウェルの成績画像です。練習開始日は1/22です。



tkenさんのブログ(配列図が置いてあります) → tkenの備忘録その他

[月配列T3.0] (長音は[-]ハイフンで出します)
ゅかしてょ つんい゛ち゜
はこ☆とた くう★のき
すふせなさ っる、。

ゆれひへめ むゃりをえぬ
ほもらおあ けまにみね
ぁぃそよや わろぅぇぉ

以下、月配列Tの感想です。

☆カタカナ語が打ちやすい

コレが月配列Tの最高の長所だと思います。
月2-263の弱点であるカタカナ語を見事に克服しています。
具体的には「ふ」「ゅ」「ー」が単打側に移ったことと
他のハ行のカナが打ちやすい場所に再配置されたことで
打ちやすさが実現されてると感じます。

*ちなみにtkenさんは長音「ー」を[-]キーに割り当てていますが
僕は[:]キーに割り当てているので正確には月T3.0ではないです。


☆濁点が上段に移ったが、むしろ快適になった

濁点がひとつ上に引っ越したこと ([O]の位置)
これが月配列T3.0 最大の特徴だと思います。
そして濁点の配置変更に伴いほかの文字の配置も大幅に変更されていて、
全体的には上段の使用率が上がったような印象です。

tkenさんはローマ字で使う運指をあえて取り入れるなどの工夫をしていて
実に多くのワードが自然な指運びで処理できます。

濁点が上段にあるのはすぐに慣れると思われますが
どうしても肌に合わない人には向いていないかもです。


★打鍵スピードがやや不安定

一部のワードが極端に打ちやすいせいか
たまにとんでもない爆発力を発揮する反面、
速いワードの直後にシフト打鍵が連続してノロノロ打つような場合が
月2-263に比べて少し多い気がしますね。
日常的なタイピングでは全く気になりませんが、
タイピングゲームをするときに感じたりします。
特に、慣用句・ことわざなどの古めかしい言葉使いは
なんとなく打ちにくいと感じてます。


★文字配置は月2-263と結構ちがう

マイナーチェンジがとても多く
月2-263と混同しやすい文字配置がいくつかあります。
といっても練習を続ければその影響は薄れていくので
あまり心配しなくても良い気はしますね。


DvorakJ用 (長音はハイフン[-]に配置するのが本家仕様です)

ゅ|か|し|て|ょ|つ|ん|い|゛|ち|゜|「
は|こ| |と|た|く|う| |の|き| |」
す|ふ|せ|な|さ|っ|る|、|。|・| |

ゆ|れ|ひ|へ|め|む|ゃ|り|を|え|ぬ|「
ほ|も|ら|お|あ|け|ま|に|み|ね| |」
ぁ|ぃ|そ|よ|や|わ|ろ|ぅ|ぇ|ぉ| |
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

配列比較![QWEローマ・JISカナ・月配列・新下駄配列]

2017年02月13日 | タイピングつぶやき

(②習得期間のところをより正確なデータになるよう書き直しました! 2/17)

QWERTYローマ、JISカナ、月配列2-263式、新下駄配列
の4配列を比較します。
なるべく配列選びの参考となるような情報だけを厳選する予定でしたが
どこまでそれを実現できたかはちょっと怪しいです。

以下は見やすくするために常体にします。

①打鍵効率 (和文) *1

ローマ  JISカナ  月  新下駄
 1 :  1.39  :1.28: 1.35
これは同じ速度でキーを押せた場合の理論値に過ぎないので
現実にはローマの方が速くキーを押せるため、入力文字数にはこれほどの差は出ない。
だがローマ以外の3配列は少ない打鍵数で多くの文字が入力できて指はラクだった。

②習得期間 *2

これは個人差が極めて大きく *3
正確な数字データは出せないが

習得期間が覚えるべき打ち方の数に単純比例すると考えると
ローマに対して JISカナと月が2.5倍であり新下駄が4倍。
になる。少なくともこれくらいの差はある気がする。

ネット上のタイピング練習記を見る限りでは
月配列を 1日~5日 くらい
新下駄配列を 2週間~1ヶ月 くらい
かけてタッチタイピング習得する人が多いようだ

僕の習得日数はローマが1日、JISカナと月は2日、新下駄は1日だったので、
上の傾向とは大きく異なる。
たぶんJISカナ・月配列を習得したあとに新下駄に取り組んだため
配列習得に大いに慣れてたからだろう

③痛めやすい指

ローマは左小指。(最頻出[A]キーを打たされるため)
JISカナは右小指。(最頻出[゛]キーを含む約9キーを担当するため)
月配列と新下駄配列には目立って痛めやすい指はない。
特に新下駄は指伸ばしが際立って少ない印象。
[Q][T][Y][U][P][@]の使用率がかなり低い。

④正確なタイピングに向いている配列か

JISカナは指が空中を飛び回るため、正確に打つのがとても難しい。
特に右手小指で[へ]や[ー]などを打つときには
正しい空間認識ができていないとミスタイプしがち。

新下駄配列もJISカナ程ではないがミスしやすい。
膨大にある入力パターンから適切なものを選ぶのが難しいのだろう。

ローマや月は打つ範囲が狭いので正確なタイピングがしやすい。

⑤極悪運指の頻度

JISカナはたまに出る。特に右手小指の絡むカタカナ語に多い。「ボールペン」など。
ローマはまれに出現するくらい。「わざわざ」など。
月や新下駄ではまず出ない。

⑥音と打鍵の一致性

これは新下駄配列がバツグンに高く、ローマ、JISカナ、月配列と続く。
簡単に解説すると
たとえば「じゃ」を打つときに
ローマでは[J]と[A]という2つのキーを押す動作が、
JISカナと月では4つのキーを押す動作が必要だが、
「じゃ」は1つの音なので2動作や4動作もかかるとどうも気分がよくない。
しかし新下駄配列では[C][O]同時押しという一動作なので快適に入力ができる。

*タイピングも高速域になってくると2キー連打は一瞬でできるようになるから、高速タイパーになればあまり気にならなくなるらしい

⑦手首の自由度

一番手首が自由なのがJISカナで、
ダランと手を垂らして押したいキーのもとに飛んでいく感じ。
指を伸ばすことは頻繁にあるが、窮屈さはない。

次に自由なのがおそらくローマ。
そして上段に頻出キーが多いため重心はやや上段寄りな印象。

その次が新下駄で、最後に月かと思われる。
というのも月配列では前置シフトが中段・中指担当の[D]と[K]に設定されているため
手は中段にドッシリと据えられる。
これによりホームポジションが崩れず安定した打鍵が出来る一方、
手は中段に強く固定され窮屈さを感じることがある。


*1 kouyさんの総打鍵データを、シフトを1打鍵と数え、同時打鍵は2打鍵と数えて利用。

*2 ここではブラインドタッチを1打/秒で出来る程度を「習得」としている。

*3 その人が学んできた配列の数・種類や記憶力・習得法によって
  習得期間は著しく変わるため、ここに書いてある情報はあくまで参考程度に。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツイッターやってます

2017年02月08日 | エトセトラ
そういえば、リアルネット兼用ですが僕もツイッターをやっています。
暇してるのでフォローに関係なくリプライしたりDMしても大丈夫ですよ✌︎('ω'✌︎ )
内容もブログの感想・質問からプライペートな話までなんでもOKです(黙秘する可能性はあります)。
氷陰ツイッターへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガチ勢になることはできるのか?!(長文記事)

2017年02月08日 | タイピングつぶやき

この記事ではガチ勢とエンジョイ勢の相違点を見ていくことを通して
タイピングを極める(自分の限界を超える)方法について考えていきます。

僕自身、分かりきらない部分もあり、誤解していることもあるかと思いますが
なにとぞご容赦ください(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

記事の終わりに<要約>を用意しておいたので
読む時間がない方はそちらを見るといいかもしれません。


さてガチ勢とエンジョイ勢ですが
まず、僕はどちらも趣味でタイピングをしている人達だと考えています。
ただし同じ趣味とは言っても
タイピングに打ち込む熱量は全く違います。

ガチ勢の人たちも当然タイピングが好きで楽しいからやっているはずですが
それ以上に
"己の限界を超えたい、スキルを極めたい"
という飽くなき向上心があるために
才能のある彼らが常に継続して練習することで
あれほどの高みにまで上りつめていけるんだと思います。

一方、エンジョイ勢は楽しさを原動力としているので
グングン伸びている間はなにも問題ないですが
やがて成長の壁にぶち当たりあまり伸びなくなると
ツラさ > 楽しさ
になってしまい挫折しがちです

まあそれはコスパが悪くなったわけですし
効率的な観点からは合理的ですよね。
しかしタイピングを極めたいならば
ここが踏ん張りどころです。
ガチ勢は伸びなくても淡々と打ち続けます

"伸びない時期にどれだけ努力を続けられるか"
ここにガチ勢とエンジョイ勢の決定的な違いがあると思っています。


じゃあ、極めたいエンジョイ勢はどうすればいいのか
ガチ勢のもつ情熱は分かったがそれはどうすれば手に入るのか
という話になっていきますが、残念ながら
それを獲得するのは容易ではないと考えています。

というのも、成果が出ないときでも努力を継続できる精神というのは
基本的にその人が持って生まれた性格によるものであり
後天的に変えるのは難しいと思われるからです。

一つ例を挙げると、
親が何も言わなくても
自ら読書したり図鑑を読んだりする
何にでも興味を示す子供っていますよね。
彼らの好奇心は生まれつきのものです。

では、好奇心のない子にはどうやって身につけさせるか
親がさりげなく本や図鑑を設置しても、
多くの子供はそんなものに見向きもせずゲーム機でポケモンをやります (僕です\(^o^)/)。
人の生まれ持った性格を変えるのはいとも難しいのです(笑)

というわけで性格を変えるのは困難なので、
僕が提案したいのは、ガチ勢が努力の裏でやっている「続けるための工夫」をマネることです。
たとえば彼らは成長記録をつけていたり、それをグラフ化していたり、
打鍵数を測定するアプリを使っていたり、自分のブログやウェブサイトを持っていたりします。
他のタイパーの人たちとの交流や情報交換もします。

これらの工夫は誰にでもできることでありながら
絶大な効果を発揮するのだと僕は信じています。


ここまで読んで頂きありがとうございました。


<要約>
①物事を極めるにはガチ勢のほうが有利
②しかしガチ勢の情熱・精神を手に入れるのは難しい
③まずは彼らの工夫をマネることから始めよう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文字サイズUP!

2016年07月06日 | エトセトラ

ブログ記事の本文サイズを一段階大きくしました。
過去の記事のフォントの大きさは少しずつ変えていきます。
とりあえずカラー配列図、配列の練習方法、新下駄配列と月配列のメモや感想の記事はすでに変更済みです。

また、ブログパーツの配置換えなどをして、スッキリと見やすいデザインにしました。特に左ブロックの使いやすさが大幅に向上しました。カテゴリについては統廃合を行い、最終的に6つにまとまりました。詳細は以下です。

・[英語]・[現代]・[身の回りのこと]を一つにまとめて[エトセトラ]にした
・[タイピング雑談]は[タイピングつぶやき]と[タイピング記録]のどちらかに振り分けた
・[タイピングの仕方・最適化など]を[練習法・テクニック]と改称
・[タイピングサイト]は削除
・過去の一部の記事をローカル保存し、削除

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新下駄配列カラー配列図

2016年07月03日 | 新下駄配列
Goo Wikipediaから画像をお借りして、新下駄配列のカラー配列図も作ってみました。新下駄配列の習得はカナの位置を探すのに一番時間がかかったからなー。これでその時間をかなり省けるはず。
色が少し変になってるけど、まあ大丈夫だろう^^

     ▽単打面


    ▽中指シフト面


    ▽薬指シフト面



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新配列の練習方法 (図は覚えない)

2016年07月03日 | 練習法・テクニック
月配列と新下駄配列の配列図を用意しています。
月配列カラー配列図へ
新下駄配列カラー配列図へ

---------------------------------------


この記事では僕の配列の覚え方を書きます。
コンセプトは楽しく短期間でマスター
この方法のおかげで僕は、習得が難しいと言われている新下駄配列を約3時間でマスターできたので、とても効率的な練習法だと思っています。また、無意味な文字列を打つような退屈な練習ではないので、スイスイ習得していけると思います。

練習方法はシンプルで、後述の3つのSTEPを行うだけです。
やってみたいと思ったらその勢いのまま一気にマスターしましょう!情熱はその瞬間がピークです。僕は以前に「こんなの覚えられない!」と月配列習得を途中で挫折したことがありますが、どうやら不必要に難しいことだと思い込んでいたのが原因のようです。いまは音ゲーを初めてやるときのような軽い気持ちで配列を覚えるので、気持ちがとても楽ですね(笑)

僕の練習法では基本的に配列図は覚えません。暗記の時間がもったいないからです。練習中はずっと配列図を横に置いておきますが、あくまで参照用のサポートとしてです。配列は頭ではなく、指に覚えこませます。これを意識すると習得が格段に速くなります。具体的には、キーの位置を各指からの位置関係で理解します。例えば[U]キーの位置を覚えるときには「人差し指の真上だな」と記憶します。ただ実際には「記憶する」というより「勝手に指が動いてくれる」という感覚の方が近いですね。ちなみに配列図をパッと覚えられる人は記憶してからスタートしたほうが効率は良くなります。それでは大切な注意点のあとに3つのSTEPの解説をしていきます。


<注意点>
疲れたら寝てください。新配列の練習は脳に負担がかかります。疲労を感じたりミスが異常に増えてきたら一時間くらい休憩するか、その日の練習を終わらせて寝るべきです。打ってない間に脳が情報を整理してくれるので大丈夫です。翌日はスラスラ打てるはずです。
ミスをしないよう意識してください。ミスが多いと習得効率はかなり落ちます。気にしすぎる必要はないですが、少なくとも正確性80%は超えるようにしてください。
配列の練習方法は向き不向きがあります。どうしてもこの練習法が合わない場合には、別の方法をためした方がいいです。例えば、単打面を完全制服してからシフト面を覚えたい人には、僕のやり方は合っていません。




[Step1: 配列になじむ](このSTEPは飛ばしてもOKです){2分~10分}
ここの目的は、配列に慣れつつ全体像をつかむことです。新配列を使う準備が整ったら、まずはメモ帳やNotepadを開きます。そして自分の打ちたい言葉をテキトーに打っていきます。例えば、ローマ字入力では打つのが面倒な「われわれ」「こんな」「きっかけ」などを打ってみると、少ない打数でラクに打てる快感をすぐに実感できるはずです。
このステップでは習得する配列の特性(前置シフトや同時打鍵など)を感覚的に理解することができ、次のステップへ無理なく移行できるようになります。また、はやい人ならこの段階でいくつかのカナの位置を自然と覚えてしまうはずです。

*このステップではカナの位置をムリに覚えなくても大丈夫です。
*配列図を見ながら打つのもこの段階ではまだOKです。




[Step2: ゆっくり日記などを書く] {2時間~8時間}
このステップではブログ、ツイッター、日記などをパソコンで書きながら、少しずつカナの配置を覚えていきます。個人的には日記が練習に向いてるかなと思うのですが、気軽にスイスイ書いていけるなら何を書いてもいいです。実は日常的な文章を書いている時には頻繁に出てくるカナがかなり固定化されているので、それら頻出のカナを中心に覚えていきます。まだ覚えてないカナは配列図をチラ見して確認したあとに打ちます。このとき、配列図をみながら打つのはNGです!図を見てどのキーを押せば良いのかを一時的に記憶して、図を見ずにキーを押してください。というのは、黒板を何も考えずに写しても結局頭には何も残らないのと同様に、図を見ながら打っても脳はあまり記憶してくれないからです。まず脳に入れて、脳から出す、という手順をきっちり踏むことが大切です。

そして同じカナを3回も打てば、そのカナが配列図の左上にあるのか右下にあるのかくらいは分かってきて探すのが速くなります。6回も打てば、半信半疑ながら図を確認せずにキーを押せるようになってきます。10回も打てば、そこそこの自信を持ってキーを打てるようになります。何度も叩けば自然と覚えます。
最終的にこのステップでは全カナの80%くらいはマスターできます。残っているまだ覚えていないカナは次のステップで拾います。

*チャットやレポート・ビジネス文書作成は速度が求められるので避けたいです。
*書くときにじっくりと考える人は、このステップにブログを利用するのは避けたほうがいいです。書く内容を考える方に時間を取られ、練習効率が悪くなるからです。




[Step3:ゲームで低頻度カナを覚える] {1時間~4時間}
ゴールは近いです。ステップ2までだと「へ」「ろ」「ぬ」などの低頻度キーを叩く回数が少なすぎて、なかなか位置を覚えられません。そこでここからはタイピングゲームを利用してこれら低頻度キーを覚えていきます。というのも、タイピングゲームというのはあまり日常的でない単語も多く出てくるので、低頻度キーのいい練習になるんですね。さらに、これまでに学んだ頻出キーも当然何度も打つことになるので、そちらの記憶も強化することができます。新配列でもプレイできるオススメのゲームは以下の4つです。

・タイプウェルK
・e-typing (ブラウザゲーム)
・バトタイ一人プレイ (ブラウザゲーム)
・Fighting Typers

*効率的に低頻度キーだけを補強したい場合には「メモ帳」などを使って練習すると良いと思います。その場合、「へんたい」「ぬめり」「ロンドン」などの覚えたいカナを含むワードを打って練習するとよいです。慣れてきたら「へろへろ」のように苦手カナを二種類含むワードを打つといい練習になります。




ここまで全3ステップをこなせば、新配列をタッチタイピングできるようになっているはずです。あとは普段のタイピングに新配列を利用する範囲を広げていけば、タイピング速度は自然と上がっていきます。

何か疑問・質問があれば遠慮無くコメントまで^^
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

月配列カラー配列図

2016年07月03日 | 月配列
サイト「「月」 --- 中指シフト新JIS配列」に載っていた素晴らしい配列図をお借りして、月配列2-263式習得のためのカラー配列図を作りました。

<特徴>
・単打面・シフト面を分離した。
・各指とキーの位置関係を分かりやすくするために、ホームポジションを太枠で囲った。
・頻出のアカサタ行、ついでにナラ行をカラーにして目的のカナを探しやすくした。
・「っ」もタ行に含めた。
・小文字「ぁぃぅぇぉ」はカラーにしていない。
・低頻度なカナはほとんどがモノクロ側。「は」「ん」「★」「゛」「ょ」は例外的に頻出。


▽月配列単打面(カラー)


▽月配列シフト面(カラー)



▼月配列単打面(単色)


▼月配列シフト面(単色)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

左上に文字サイズ設置

2016年07月02日 | エトセトラ
ブログの左側のブロックを軽く模様替えしました。具体的には

・「文字サイズ変更」を最上部に設置
・「最新コメント」欄をやや下方に移動
・「ブックマーク」内容をリニューアル

の3つを主に行いました。


休息中なのでタイピングはしてません(>_<)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新下駄配列メモ

2016年06月28日 | 新下駄配列
新下駄配列を使った感想です。まだ始めてからあまり経ってないので、これは最終結論ではありません。あくまで今の段階での実感です。


長所など


☆厳しい指運びがほとんどない。特に指を伸ばす動作は圧倒的に少ない。

☆ほぼ全ての濁音・半濁音・拗音が一動作で打てるのはやはり気持ちがいい。これはローマ字入力やJISカナでは全く経験できない未知の快楽。

☆タイプ音が静か。というのも、同時打鍵は乱暴にすると正しく入力されないために、無駄に力を入れず丁寧に打つクセがついたからかも。

☆記号がとても打ちやすく、さらに打てる記号を独自に増やすことも可能。


欠点など

★同時打鍵が3連続でくると大変。しっかり身についてないとミス必至。

★それぞれの拗音の出現率はかなり低く、あまり打ち慣れていないせいか、他の文字のようにサッと打つことが難しい。また、配字規則に頼り過ぎると、毎回その分のタイムラグが発生してしまう。

★同時打鍵の頻度はそんなに低くない。なぜなら作者の設計コンセプトが、一部の打ちにくいキーの単打よりも打ちやすいキー2つの同時打鍵の方により頻出の文字を割り当てるということになっているからだろう。(多分)

★配列図や入力システムがやや複雑なため、焦るかパニクると何も打てなくなる(笑)こともある。


そのほかに気づいたこと

†同時打鍵という独特そうなシステムに、これまでローマ字入力にどっぷり浸かってきた僕がすぐに順応できるのかという不安があったが、案外すんなりと移行できた。まあよく考えてみれば、何かを同時に押すという動作はゲーム(とくに音ゲー)でもピアノでもキーボードコマンドでも行うわけで、身体は初めから同時押しスキルを習得していたとも言える。

†配列の名前がちょいと昔っぽい。個人的にはSG配列とかそういうCoolな名称の方が良かった(笑)。まあたしかに新下駄配列という名称のほうが同時打鍵システムにしっくりくるんだけどね。

†タイピングゲームで同時打鍵を一回ミスると2ミス判定される。なんだか不条理。

†配列を覚えるのが意外と簡単。僕の場合は月配列2-263式よりもラクに覚えられた気がする。もちろん、後に覚える配列の方が覚えやすいということはあるけれども。

†基本的に一音一動作で打てるので、音楽に合わせて歌詞を打つようなタイピングゲームをやったら、シンクロして無我の境地にいけそう。

†同手でのアルペジオ打鍵をするときは、まちがって同時打鍵しても何も起こらないことが多いので、好きなだけ速く打つことができる。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加