Wの年中行事

私的な年中行事と
ミタモノキイタモノヨンダモノの
個人的覚え書きほか
ときどきひとりごと混じりです。

2016年12月に読んだ本

2016-12-31 21:57:53 | ヨンダモノ
★★『蝶が舞ったら謎のち晴れ 気象予報士・蝶子の推理』伊与原新
新潮文庫 2015年8月1日初版
を読みました。12/2読了
——————————————————————————————
 この謎は、お天気次第で解けるでしょう。消えたバイオリンが奏でる想い。遠い夏の落雷が証明した愛。蝶子の予報が、心に晴れをお届けします。〜帯より

蝶子の、ツンデレ?ぶりもかわいいし
夏生のほどよい感じの距離感もいい。

お天気はえこひいきしない。

いい表現だなあ。

という物語や人物のおもしろさとは別に印象に残った点もありました。
ちょうど一年ほど前、仕事で
自然界×流体力学の写真とネタを探していまして。
その時にチェックしたひとつがカルマン渦。
巻末の参考文献もその時読んだものと被っていて
なんかうれし〜。

★『お台場アイランドベイビー』伊与原新
角川文庫 2013年9月25日初版
を読みました。12/5読了(2010年9月四六判発行)
——————————————————————————————
マグニチュード7.5。お台場を含む
東京臨海副都心直下を震源とする大地震が起きる。
東京湾北部地震。
都市部が崩壊したあの日から丸4年を舞台に、
消える子供たち、埋蔵金伝説、姿なきアナーキスト
の謎に挑む元刑事と少年に生まれた絆の行方。

地震、震災、埋立地、不法滞在者、子供達、生き物。。。
盛りだくさんで、チョツト、お腹いっぱい、かな。

★★『ルカの方舟』伊与原新
講談社文庫 2015年10月15日初版
を読みました。12/9読了
——————————————————————————————
 火星隕石に生命の痕跡が見つかった。世紀の発見を取材する記者・小日向に“ルカの末裔”から隕石論文の偽装告発メールが届く。〜裏表紙より

登場人物がそれぞれ個性的で楽しい。
特に百地先生はシリーズ化して欲しい。
あと、准教授の室賀先生もおもしろそう。

真理は全て三つの段階を経る。
まず馬鹿にされ、
次に激しく反対され、
最後に当然のこととして認められる。〜本文より(帯)

★★『花咲小路三丁目ナイト』小路幸也
ポプラ社 2016年12月17日初版
を読みました。12/13読了
——————————————————————————————
イロイロと裏のあるトンデモ商店街「花咲小路」シリーズの、4冊目? でいいのかな。
今回は商店街唯一の深夜営業店「喫茶ナイト」。
レンタルビデオとレンタルレコードが収入の大半を占めるという喫茶店で、アルコール類は置いていない。
今回の語り手は、ここの店主・仁太の甥っ子・望、24歳。北斗と克己とは小学生時代の同級生という設定。
散りばめた伏線の交錯具合はいつも通り盛りだくさん。
それを、ルービックキューブを揃えていくように、
テトリスの落ちる位置を選んでいくようにぱたぱたぱたと畳んでいく。
小気味いいし、テンポも、エピソードも好きなんだけど、
相変わらずトンデモない設定を持ってくるもんだなあ。すごいなあ。

★『金物屋夜見坂少年の怪しい休日』紙上ユキ
集英社オレンジ文庫 2016年12月21日初版
を読みました。12/20読了
——————————————————————————————
 おれをあそこの家の人に売ってもらいたいんです。
 〜帯より

夜見坂少年のトンデモぶりはよくわかる回でしたが
人魚肉という言葉が持つものがたりは
もっと活かす方法もあるんじゃないか
なんて少し思ったり。

★★『最後の晩ごはん 黒猫と揚げたてドーナツ』椹野道流
角川文庫 2016年12月25日初版
を読みました。12/23読了
——————————————————————————————
 そやな、京都、行こか。
 初めての社員旅行に浮かれる海里。
 しかし再会した後輩・李英のバイト先で厄介事にまきこまれ……。〜帯より

お弁当、京都、食器を揃える、会席、遺品整理、ぎっしり揃ったマンガ、松露、ヒロタのシュークリーム、オルゴール、ドーナツ、サンドイッチ。

一個一個、じぶんの思い出とか心あたりとか、
考えていることとか、作りたいものとか
そういうものが次々思い浮かんでくる。

こういうタイミングをいつももらえるから、
私はこのひとの小説が好きなんだろうな。


★★『紐結びの魔導師』乾石智子
創元推理文庫 2016年11月17日初版
を読みました。12/24読了
——————————————————————————————
 紐を結んで、幸運をからめとり、罠をしかけとる一人の魔導師の物語〜帯より

『オーリエラントの魔導師たち』に登場した
紐結びの魔導師リクエンシスがまるごと一冊活躍。

人生どれだけ長くても自分のことはわからない。
幸せになってね、リクエンシス。

著者初の文庫オリジナル短編集。だそう。
そういえばこれまでは四六判並製が多かったね。


★『幽落町おばけ駄菓子屋 星月夜の彼岸花』蒼月海里
角川ホラー文庫 2016年12月25日初版
を読みました。12/25読了
——————————————————————————————
夏休みを持て余してた御城彼方が
水脈や真夜とともに江ノ島に出かけて海坊主に出会う話と、
都築くんの生い立ちと対峙する話。

裏表紙に
「大人気のシリーズはいよいよクライマックスへ!」
と書いてありました。
今回で終わり? にしては、
もう1冊くらいは続きそうだが??

★★『シャーロック・ホームズの不均衡』似鳥鶏
講談社タイガ文庫 2015年11月18日初版
を読みました。12/28読了
——————————————————————————————
両親を殺人事件で亡くした
天野直人・七海の兄妹は
さらに思いもかけない境遇へと追い込まれて、
というか、
選んだのかな?
トンデモ話っぽいんだけど
ありえそうな。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 舞台「ドラマティック横丁」... | トップ | 2016年に見た舞台もの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヨンダモノ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。