タネの縁側  

偏見に満ちております。どなたの参考にもなりません、各自でお確かめいただきますよう御願いいたします。

悪いジュゼッペ爺さん

2017-03-12 | ビデオ 洋画
見知らぬ医師
ナチス隊の医師で戦後35年、イスラエル政府が世界中に捜索の手を回していたのに、捕まらずに逃げ切って死んだ医師。

映画の舞台がアルゼンチンとあったが、雪景色の山々がスイスやヨーロッパの郊外のようだった。
人形作りの大量生産化の場面がいい。


今、土曜ドラマで「昼間の悪魔」を見ているけど、「がんばっていきまっしょい」でボート漕いでたなっちゃんが、って感じで見始めて、
もう大変恐ろしい。

医者の道徳観とか正義感、患者からの信頼って確かに根拠がなくて、
日本の医療制度は問題があるみたいだけど、とりあえずお医者様っていうだけで、
「悪い奴」はいないという前提なので、こういうサスペンスはイヤだなあとおもいつつ、
最終回を待っている。




監督ルシア・プエンソ 原作ルシア・プエンソ脚本ルシア・プエンソ

キャスト
フロレンシア・バド
アレックス・ブレンデミュール
ナタリア・オレイロ


原題
Wakolda

製作年2013年
製作国アルゼンチン・フランス・スペイン・ノルウェー合作




ウィキより@@@
ヨーゼフ・メンゲレ(Josef Mengele, 1911年3月16日 - 1979年2月7日)はドイツの医師、ナチス親衛隊 (SS) 将校。

第二次世界大戦中にアウシュヴィッツで勤務。収容所の囚人を用いて人体実験を繰り返し行った。実験の対象者や、直ちにガス室へ送るべき者を選別する際にはナチス親衛隊の制服と白手袋を着用し、クラシックの指揮者さながらに作業にあたったと伝えられ、彼の姿を見た人々からは恐れられた。
人種淘汰、人種改良、アーリア化を唱えるナチス人種理論の信奉者であったが、その持論は全く異なった独特の思想である。愛称のベッポ (Beppo) はJosefのイタリア語読み「ジュゼッペ」(Giuseppe) に由来する。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結局のところ日本人て | トップ | やや頑固 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビデオ 洋画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。