タネの縁側  

偏見に満ちております。どなたの参考にもなりません、各自でお確かめいただきますよう御願いいたします。

しっとりといいよ

2017-01-04 | ビデオ 洋画
ブルックリン
しみじみといい映画だった。
全然知らない監督、女優だと思ったら、ラブリーボーンという少女で途中から幽霊役だった。

イタリア人家庭の食事の会話がすごくいい。
船で出会った女性、デパートの先輩、寮の先輩。誰もが人情味がある。

ドジャーズとNYヤンキーズ??
アイルランドからNYまで船で何泊?(1950年代だとイギリスから4日らしい)タイタニック号かな。


全コピペ
@@@@@@@
1950年代、アイルランドからニューヨーク・ブルックリンにやってきた移民の少女の青春や揺れ動く心を、「つぐない」のシアーシャ・ローナン主演で描き、第88回アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされたドラマ。脚本は、「ハイ・フィデリティ」「アバウト・ア・ボーイ」の原作者で、「17歳の肖像」「わたしに会うまでの1600キロ」などで脚本家としても活躍する作家のニック・ホーンビィ。監督は「BOY A」「ダブリン上等!」のジョン・クローリー。大人しく目立たない性格の少女エイリシュは、妹の将来を案じた姉の勧めで、アイルランドの小さな町からニューヨークへとやってくる。それまでとはあまりに異なる大都会での生活に戸惑うエイリシュは、しかし、イタリア系移民の青年トミーとの恋をきっかけに大きく変わっていく。洗練されたニューヨーカーとして生き生きと日々を過ごすエイリシュだったが、そんな彼女のもとに故郷からある悲報がもたらされる。

原題
Brooklyn 製作年2015年

監督ジョン・クローリー
製作フィノラ・ドワイヤーアマンダ・ポージー
製作総指揮クリスティーン・ランガンベス・パティンソン

キャスト
シアーシャ・ローナン エイリシュ・レイシー
ジュリー・ウォルターズ キーオ夫人
ドーナル・グリーソン ジム・ファレル
エモリー・コーエン  トニー・フィオレロ
ジム・ブロードベント フラッド神父


製作国
アイルランド・イギリス・カナダ合作

配給 20世紀フォックス映画


上映時間112分




イタリア青年の名は、みんなトニーだろうか。


ブルックリンと聞いたら、思い出すのはジョン・トラボルタ、その世代だ(どーいう世代か。
サタディ・ナイト・フィーバー
ニック・コーン(英語版)の1976年の原作"Tribal Rites of the New Saturday Night"(邦題「新しい土曜の夜の部族儀式[3])」の映画化。

1970年代のアメリカ社会を背景に、「行き場のない青春のエネルギー」をディスコで踊ることで晴らす惰性の生活を送っていたジョン・トラボルタ演ずる青年トニーが、ディスコで出会った女性ステファニーの生き方に心を開かれ、新しい生活へ目覚めて大人へ脱皮していくさまを描く。週末ごとに行くディスコが主な舞台の映画。

ニューヨークの、ブルックリン橋をへだてただけの、庶民的な町であるブルックリンと、華やかな都会的な町マンハッタンとが対比して描かれており、単なる娯楽映画ではなく当時のアメリカの格差社会を風刺した映画でもある。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゾンビ移送 | トップ | なぜ見る自分 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビデオ 洋画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。