タネの縁側  

偏見に満ちております。どなたの参考にもなりません、各自でお確かめいただきますよう御願いいたします。

過酷なのはわかった

2016-04-29 | 映画
映画『レヴェナント:蘇えりし者』
レオナルド・ディカプリオ主演、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督

お子様は見ないほうがいいよ。あ、R15だったかな。



瀕死なうえに過酷な自然環境。酷いことが重なって起こる。
だけど、
ディカプリオは甦る、それは過酷の中でのスーパーマン誕生なわけ。
って軽く書いたらアカン映画かも。




「ダンス ウィズ ウルブス」がいかに甘い映画だったのか。
美談すぎか。
狼より熊のほうが怖いとかの映画じゃない。








キャスト[編集]
レオナルド・ディカプリオ - ヒュー・グラス
トム・ハーディ - ジョン・フィッツジェラルド
ドーナル・グリーソン - アンドリュー・ヘンリー
ウィル・ポールター - ジム・ブリッジャー
フォレスト・グッドラック - ホーク
ポール・アンダーソン - アンダーソン
ブレンダン・フレッチャー - フライマン
クリストファー・ジョーナー(英語版) - マーフィー
メラウ・ナケコ - ポワカ
ブラッド・カーター(英語版) - ジョニー
ルーカス・ハース - ジョーンズ
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 機内上映 | トップ | 少女フレンド派なんだけど »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久しぶりの劇場 (ろ~ず)
2016-05-14 02:21:52
なんと2年半ぶりの映画館でした。これは映画館で見る映画かな。イスに縛られてみるものか、なんて。もちろん大自然の圧倒も、ですが・・

小劇場でやった映画館の判断は正しいかも。念願の賞をとれたので拍手。
大画面 (タネ)
2016-05-14 08:23:46
時々「あーーーっこれは映画館じゃん!」と悔やむ結果になる映画があって、全部自分が悪いんだけど、とにかく映画館に行かなくなってしまった。

西部劇
アメリカに渡った奴らの、この後の奴隷制、日本の原爆投下・・・ほんとに野蛮人だわって思ったわ(;´д`)

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レヴェナント:蘇えりし者  監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・ディカプリオ  トム・ハーディ  ドーナル・グリーソン 【ストーリー】 アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラスは狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルドに置き去りにされてしま...
レヴェナント(蘇えりし者) (一本釣り BOOK&CINEMA )
久々の劇場での映画。なんと人類資金以来2年ぶり。ディカプリオが念願の主演男優賞を取ったのだからこれは観に行かねばなるまい、久しぶりに観たい意欲が湧いたのだが、シネコンで大きい部屋かと思ったら小さい部屋で4割位の入り。 予備知識は、息子を殺されて復讐のた...